マットレス

柔らかいマットレスのおすすめ!メリット・デメリットも紹介

本サイトには広告が含まれています

柔らかいマットレスの選び方

柔らかいマットレスの選び方

柔らかいマットレスを選ぶ理由はさまざまです。

快適な睡眠を追求し、身体の疲れを癒やしたいと考える方にとって、柔らかいマットレスは魅力的な選択肢となるでしょう。

しかし、選ぶ際にはいくつかのポイントに注意が必要です。

この記事では、柔らかいマットレスの選び方について詳しく解説します。

まず、柔らかさの指標や留意点をご紹介し、自身に最適な柔らかさを見極める方法をお伝えします。

さらに、メリットやデメリットも詳しく紹介することで、柔らかいマットレスを選ぶ際の判断材料となるでしょう。

この記事を読むことで、柔らかいマットレスの選び方に関する知識を深めるだけでなく、快適な睡眠環境を作り出すためのアドバイスも得られます。

自分の体に合った柔らかさや適切なサポートを得ることで、より良い睡眠を迎えることができるでしょう。

ぜひ、この記事を参考にして、理想の柔らかいマットレスを見つけてください。

①種類はウレタン

柔らかいマットレスを選ぶ際の一つの選択肢はウレタンマットレスです。

ウレタンは柔らかく快適な寝心地を提供し、身体にフィットします。

ウレタンマットレスは様々な厚さや硬さのものがあり、自分の好みや体の状態に合わせて選ぶことができます。

また、ウレタンマットレスは比較的軽量で持ち運びもしやすいです。

一方、もし予算に余裕がある場合や、よりしっかりとしたサポートが必要な場合には、コイルマットレスも検討する価値があります。

コイルマットレスはスプリングが内部に組み込まれており、体重を均等に分散してサポートしてくれます。

ただし、コイルマットレスはウレタンマットレスと比べて重くなることがありますので、持ち運びや移動が頻繁な場合には注意が必要です。

自分の寝姿勢や好みに合わせて、ウレタンマットレスかコイルマットレスかを選ぶと良いでしょう。

②1枚で敷くなら厚みは10㎝以上

柔らかいマットレスを1枚で敷く場合、適切な厚みを選ぶことが重要です。

特に、底付き感を避けるためには、十分な厚みが必要です。

一般的に、柔らかいマットレスを1枚で使用する場合、厚みは10㎝以上が推奨されます。

これは、体重を適切に分散し、腰や体全体をしっかりと支えるために必要な厚さです。

底付き感は、マットレスの厚みが不十分な場合によく起こる問題であり、体重がマットレスの底に直接伝わることで起こります。

これによって、体の部分的な圧力が高まり、快適な寝姿勢を維持することが難しくなる可能性があります。

したがって、柔らかいマットレスを1枚で使用する場合には、体重に合わせた十分な厚みを選ぶことが大切です。

同じメーカーなら柔らかさと値段は比例する

柔らかいマットレスを選ぶ際には、同じメーカー内での比較も重要です。

例えば、マニフレックス、サータ、シモンズ、シーリーなどの有名なメーカーは、それぞれ独自の技術や素材を使用しています。

一般的に、同じメーカーのマットレスは柔らかさと値段が比例する傾向があります。

つまり、高品質なマットレスほど柔らかさや快適性に優れており、その分価格も高くなる場合があります。

しかし、値段だけでなく、各メーカーの特徴や技術にも注目しましょう。

例えば、マニフレックスは素材にこだわり、サータは独自のコイルシステムを使用しています。

シモンズは個別に動くコイルでサポート性を高め、シーリーは体圧分散性に優れた素材を採用しています。

自分の体型や寝姿勢、好みに合った柔らかさを持つマットレスを選ぶために、メーカーの特徴や評判を比較し、価格と品質のバランスを考慮して選ぶことが重要です。

柔らかいマットレスのメリット

メリット・デメリット

柔らかいマットレスのメリット:

圧力分散: 柔らかいマットレスは体にやさしくフィットし、身体の重みを均等に分散します。これにより、特定の部位への圧力が軽減され、身体への負担が軽くなります。

快適な寝姿勢: 柔らかいマットレスは身体のカーブに沿って沈み込むため、自然な寝姿勢をサポートします。これにより、筋肉の緊張やストレスが軽減され、快適な眠りを促します。

寝返りしやすい: 柔らかいマットレスは身体を包み込む感覚を提供し、寝返りを打ちやすくします。これにより、血液循環が促進され、体のこわばりや痛みを軽減します。

身体のアライメント: 柔らかいマットレスは身体の凹凸に沿って適切なサポートを提供します。特に、腰や肩の痛みを抱える人にとっては、適度な支持力があり、正しい姿勢を保つのに役立ちます。

快適な睡眠体験: 柔らかいマットレスは身体へのやさしさと快適性を組み合わせており、リラックスした睡眠をサポートします。個々の体型や好みに合わせて選ぶことで、自分に最適な寝具を見つけることができます。

柔らかいマットレスのデメリット

柔らかいマットレスのデメリット:

不安定なサポート: 柔らかいマットレスは身体の沈み込みが大きいため、一部の人にとってはサポートが不十分に感じられる場合があります。特に、背骨や腰の痛みを抱える人にとっては、適切なサポートが必要です。

腰痛の悪化: 柔らかいマットレスは腰部のサポートが不足している場合があり、腰痛の症状を悪化させることがあります。腰部を十分に支えることができないため、姿勢の乱れや不快感を引き起こす可能性があります。

沈み込みの過剰: 柔らかいマットレスは身体の沈み込みが大きいため、一部の人にとっては動きづらさを感じる場合があります。特に、寝返りを打ちやすくしたい人や、寝返りが制限されると不快感を感じる人には向かないかもしれません。

温度調節の難しさ: 柔らかいマットレスは身体を包み込むため、体温がマットレスに蓄積されやすくなる場合があります。そのため、暑さや寒さを感じやすくなる可能性があり、温度調節が難しいと感じる人もいます。

寿命の短さ: 柔らかいマットレスは材料の劣化や変形が早く生じる場合があり、比較的寿命が短いとされています。定期的なメンテナンスや適切なケアを行わないと、マットレスの劣化が進み、寝心地やサポート性が低下する可能性があります。

柔らかいマットレスのおすすめ(トッパー)

柔らかいマットレストッパー

柔らかいマットレスのおすすめ(トッパー)を紹介します。

トゥルースリーパー

トゥルースリーパープレミアケア

トゥルースリーパーは、低反発ウレタンを使用したマットレスで、その特徴は多岐にわたります。

まず、公式サイトでは半額セールが行われており、お得な価格で購入することができます。

また、マットレスは抗菌・防カビ・防ダニの処理が施されており、衛生面でも安心です。

さらに、トゥルースリーパーは包み込まれるようなフィット感があり、体に優しくフィットしてくれます。

さらに、購入後の安心を提供するために、60日間の返金保証も用意されています。これによって、自分に合うかどうかを試すことができます。

created by Rinker
Shop Japan(ショップジャパン)
¥29,480 (2024/02/25 06:18:09時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:トゥルースリーパーのぶっちゃけ口コミ!プレミアムは評判悪い?

エムリリーエコヘルス

エムリリーエコヘルスは、その特徴的な構造によって快適な睡眠を提供します。

このマットレスは2層構造で、上層にはエコヘルスフォームが使用されており、柔らかな低反発性を持っています。

下層には高反発オープンセルフォームが配置されており、体をしっかりと支える構造となっています。

さらに、高級ジャガードメッシュ素材のカバーが使用されており、高品質な寝心地を提供します。

竹炭が配合されているため、吸湿消臭効果もあり、清潔な環境を保ちます。

トッパータイプと三つ折りタイプがあります。

さらに、公式サイトでは180日間の延長保証も提供されており、安心して購入することができます。

柔らかいマットレスのおすすめ(床置き)

畳

柔らかいマットレスのおすすめ(床置き)を紹介します。

雲のやすらぎプレミアム

雲のやすらぎ

雲のやすらぎプレミアムは、その特徴的な素材と品質により、優れた寝心地と快適な睡眠を提供します。

まず、高品質な羊毛「ロレーヌダウン」を使用しており、柔らかさと保温性を兼ね備えています。

このマットレスは日本製であり、品質と信頼性が確保されています。

新クロスクラウド製法により、高反発スプリングマットが体にしっかりとフィットし、体圧を均等に分散します。

そのため、寝返りがしやすく、疲れや痛みを軽減します。

さらに、8万回の圧縮試験に合格しており、耐久性も優れています。

雲のやすらぎプレミアムは、ホルムアルデヒド基準をクリアしており、安全性に配慮されています。

また、抗菌性や防臭、防ダニの効果もあり、衛生的な環境を提供します。

厚さ17㎝の適度な厚みもあり、寝姿勢をサポートします。

\全額返金保証つき!/

関連記事:雲のやすらぎプレミアムの口コミ

エムリリー優反発マットレス

エムリリー

エムリリー優反発マットレスは、その特徴的な設計により、快適な睡眠体験を提供します。

まず、マットレスは三つ折りの構造を持っており、持ち運びや収納が簡単です。

また、高反発と低反発の両方の利点を組み合わせた優れた優反発性を備えています。

このマットレスは、マンチェスターユナイテッドの公式パートナーとしても知られており、その品質と信頼性が証明されています。

さらに、オープンセルの構造を採用しており、通気性に優れています。

これにより、適切な温度と湿度を維持し、快適な寝姿勢をサポートします。

マットレスは二層構造で設計されており、上層が優れた反発力を持つ素材であり、下層が体をしっかりと支える役割を果たします。

エムリリー公式サイト をみてみる

\全額返金保証キャンペーン中!/

関連記事:エムリリー優反発マットレスの口コミ!悪い評判はある?

柔らかいマットレスのおすすめ(ベッドマットレス)

ベッドマットレス

柔らかいマットレスのおすすめ(ベッドマットレス)を紹介します。

コアラマットレス

Newコアラマットレスは、その優れた特徴により快適な睡眠環境を提供します。

まず、リバーシブルのトッパーが付属しており、かためとふつうの2つのオプションから選ぶことができます。

これにより、自分の好みや体の状態に合わせた硬さを調整することができます。

ゼロ・ディスターバンス技術と振動吸収の特性により、パートナーの動きを感じにくく、快適な睡眠を実現します。

また、ゾーニング効果により、体の各部位に適切なサポートを与え、姿勢の安定性を向上させます。

竹炭クラウドセル™とテンセル™リヨセル繊維の組み合わせにより、マットレスの通気性が良くなり、湿気やニオイを防ぎます。

さらに、コンフォートレイヤーが快適な寝心地を提供し、疲れや痛みを軽減します。

NewコアラマットレスはCertiPUR-US®認定を受けており、安全性や品質に対する信頼性があります。

さらに、120日間の返品保証と10年間の保証も付いており、安心して使用することができます。

このような特徴を持つNewコアラマットレスは、快適性、サポート性、通気性などの面で優れており、質の高い睡眠を追求する方におすすめの製品です。

関連記事:コアラマットレスの口コミは悪い?腰痛の評判を調査!

エマスリープ

エマスリープは、ドイツ発の革新的なマットレスで、快適な睡眠を追求するためのさまざまな特徴を備えています。

まず、ゼロモーションテクノロジーが採用されており、パートナーの動きをほとんど感じることなく、安定した睡眠を実現します。

オープンセル構造とゾーニング効果により、マットレスの通気性が高まり、体圧を均等に分散させます。

これにより、快適な寝姿勢をサポートし、疲れや不快感を軽減します。

エマスリープでは、お客様がマットレスの快適さを実際に体験できるよう、100日間のお試し期間を設けています。

また、10年間の保証も付いており、安心して長くご利用いただけます。

さらに、公式サイトでは50%OFFの特別キャンペーンを実施しており、お得に購入することができます。

エマスリープの特徴を活かした快適な睡眠を手に入れたい方にとって、魅力的な選択肢となるでしょう。

関連記事:エマスリープの評判と口コミ!コアラマットレスとの違いをレビュー

テンピュール

テンピュールマットレスは、NASAが認定した革新的な寝具です。

その特徴的な材料は、低反発性と粘弾性を備えた独自の素材です。

この素材は、体の熱と圧力に反応し、体にフィットする特性を持っています。

テンピュールマットレスの最も魅力的な特徴の一つは、超高感度オープンセル構造です。

この構造により、マットレスは体のカーブに密着し、体重を均等に分散させることができます。

また、圧力のかかる部分をサポートし、快適な寝姿勢を促します。

さらに、テンピュールマットレスは優れた通気性を持っており、快適な睡眠環境を提供します。

体温の上昇やムレを軽減し、快適な眠りをサポートします。

テンピュールマットレスは、その革新的な技術とNASAの認定により、高い品質と信頼性を備えたマットレスです。

快適な睡眠を追求し、体にフィットするサポートを求める方におすすめの選択肢です。

関連記事:テンピュールマットレスの口コミは悪い?体験からわかる腰痛への評価

マットレスが柔らかすぎたときの対策(硬くする方法)

マットレスが柔らかすぎたときの対策

マットレスが柔らかすぎて快適なサポートが得られない場合、いくつかの方法で硬さを調整することができます。

以下は、柔らかすぎたマットレスに対する対策方法です:

マットレスパッドやトッパーの使用:マットレスの上に専用のパッドやトッパーを敷くことで、追加のサポートやクッション性を得ることができます。例えば、ファームタイプのトッパーやメモリフォームトッパーなどを選ぶと、硬さを調整できます。

サポート枕の使用:適切なサポートを提供する枕を使用することで、頭と首の位置を適切に保ち、マットレスの柔らかさによる不快感を軽減できます。高さや硬さが調節可能な枕や、特定の部位をサポートする枕などを検討してみてください。

マットレスの補強:一部のマットレスには、硬さを調整できるサポート層が備わっている場合があります。マットレスメーカーの指示に従って、サポート層を調整する方法を確認してください。ただし、製品の保証を無効にする可能性もあるため、注意が必要です。

マットレスの交換:柔らかすぎるマットレスを修復する方法がない場合、新しいマットレスを検討することも考えましょう。適切な硬さとサポートを提供するマットレスを選ぶことで、快適な睡眠環境を作り出せます。

①上にトッパーを敷く

マットレスが柔らかすぎて快適さやサポートが欠けている場合、上にトッパーを敷くことは効果的な対策です。

以下は、柔らかすぎたマットレスに対する対策方法の一つであるトッパーの使用についての本文です。

マットレスの上に専用のトッパーを敷くことで、追加のサポートや快適さを得ることができます。

トッパーは、マットレスの表面に追加のクッション性や適切な硬さをもたらし、身体の圧力を分散させる役割を果たします。

選ぶべきトッパーの種類は個人の好みによりますが、一般的にはファームタイプのトッパーやメモリフォームトッパーが柔らかさを補完する効果があります。

これらのトッパーは、体重を均等に分散させ、体圧を軽減することで快適な睡眠環境を提供します。

トッパーは畳んで収納できるものや洗濯可能なものなど、さまざまな種類があります。

自分のマットレスに合った厚みや素材、サイズを選ぶことが重要です。

また、トッパーを使用することでマットレスの保証が無効になる場合もあるので、使用前にマットレスメーカーや販売業者の指示を確認しましょう。

関連記事:マットレストッパーおすすめ!選び方と人気ランキング

②下に硬い板を敷く

マットレスが柔らかすぎて適切なサポートが得られない場合、下に硬い板を敷くことが効果的な対策です。

以下は、柔らかすぎたマットレスに対する対策方法の一つである硬い板の使用についての本文です。

柔らかすぎたマットレスに対して硬さを追加する方法の一つは、マットレスの下に硬い板やベニヤ板を敷くことです。

この板はマットレスの下に敷いて、マットレスの底部に追加のサポートと硬さを提供します。

ベニヤ板や硬い板を使用することで、マットレスの沈み込みを防ぎ、背骨の自然なアライメントをサポートします。

ただし、板の厚さや素材を選ぶ際には注意が必要です。

板が適切な厚さと硬さを持っていることが重要であり、あまりにも硬すぎる板を使用すると快適さに欠ける可能性があります。

また、マットレスと板の間にアンダーマットレスや薄いクッションを敷くことで、過度の硬さを和らげることもできます。

これにより、硬い板のサポートと快適な寝心地を両立させることができます。

ただし、この方法は個人の好みや体の状態によって効果が異なる場合があります。

硬い板を敷く前に、自分の体重や睡眠スタイルに合った硬さを確認しましょう。

また、マットレスメーカーや販売業者の指示に従って使用することも重要です。

③へたったら買い替えも検討しよう

マットレスが柔らかすぎてへたってしまい、快適なサポートを得られなくなった場合は、買い替えを検討することも重要です。

以下は、柔らかすぎたマットレスに対する対策方法の一つである買い替えを検討することについての本文です。

マットレスが柔らかすぎてへたってしまうと、背骨や関節への適切なサポートが失われ、健康被害や腰の痛みなどの問題が引き起こされる可能性があります。

このような状況では、マットレスの寿命が尽きている可能性があり、買い替えを検討することが重要です。

新しいマットレスに買い替えることで、快適な寝姿勢を維持し、健康な睡眠をサポートすることができます。

適切なサポートと体圧分散が行われるマットレスは、体の正しいアライメントを保ち、腰の負担を軽減することができます。

マットレスの選び方には、自分の体重や睡眠スタイル、快適な硬さなどを考慮する必要があります。

また、マットレスの種類や素材、メーカーの評判なども検討することが重要です。

健康や快適な睡眠を考えるならば、マットレスがへたっている場合は買い替えを検討しましょう。

新しいマットレスは快適なサポートを提供し、腰の痛みや健康被害を予防することにつながります。

自分に合ったマットレスを選び、質の高い睡眠を得るためにも、買い替えを検討することをおすすめします。

素材自体を硬くする方法はない

マットレスの素材自体を硬くする方法は限られており、一般的には素材の硬さを変えることは難しいです。

マットレスの硬さは、その素材の特性によって決まっており、一度製造されたマットレスの硬さを後から変えることはできません。

マットレスが柔らかすぎる場合は、対策として上にトッパーを敷いたり、下に硬い板を敷いたりする方法がありますが、素材自体を硬くする方法はありません。

素材の硬さを変えるためには、新しいマットレスを選ぶことが必要です。

適切な硬さのマットレスを選ぶことで、快適な寝姿勢を保ちながらサポートを受けることができます。

-マットレス