マットレス

薄型マットレスのおすすめと選び方!薄くて軽いマットレスのメリット・デメリット

本サイトには広告が含まれています

薄型マットレスの選び方

ロフトベッドの薄型マットレス

薄いマットレスは、快適な寝具の選択肢として人気があります。

しかし、薄いマットレスを選ぶ際にはいくつかのポイントに注意が必要です。この記事では、「薄型マットレスの選び方」について詳しく解説します。

この記事を読むことで、薄型マットレスの選び方に関する知識を得るだけでなく、自身の快適な睡眠環境を構築するためのメリットも得られます。

さらに、適切な薄型マットレスの選択により、身体のサポートや姿勢の改善、持ち運びの便利さを享受できるでしょう。

最後までお読みいただき、理想の薄型マットレスを見つけるためのヒントを得てください。

素材はウレタンまたはファイバーで選ぶ

素材はマットレスの快適さや耐久性に大きく影響します。

特に2段ベッドやロフトベッドなどの上段に使用する場合は、軽量であることも重要な要素です。

ウレタンやファイバーは軽量でありながら、十分なサポート性を提供します。

ウレタンは柔らかな寝心地で体にフィットし、ファイバーはしっかりとしたサポートを提供します。

ポケットコイルやボンネルコイルなどのコイルマットレスは薄いものでも15㎝程度の厚みが出てしまうため、薄いマットレスを選ぶ際には選択肢から除外しましょう。

1枚で敷く?重ねて敷く?

マットレスを選ぶ際に考慮すべきポイントの一つは、敷き方です。マットレスを1枚で敷くか、重ねて敷くかは、快適な寝心地やサポート性に影響を与えます。

1枚で敷く場合、マットレスの素材や厚みによって快適さが変わることがあります。柔らかい素材の場合は1枚で十分な寝心地が得られるかもしれませんが、硬めの素材の場合は重ねて敷くことでクッション性や体圧分散が向上します。

一方、重ねて敷く場合は、異なる素材や硬さのマットレスを組み合わせることができます。例えば、下に硬めのマットレスを敷き、その上に柔らかめのマットレスを重ねることで、自分に最適な寝心地を実現することができます。

敷き方によって寝心地や体へのサポート性が変わるため、自身の好みや体の状態に合わせて選ぶことが重要です。どちらの方法が自分に合っているかを試してみることで、より快適な睡眠環境を作ることができます。

1枚で敷く場合は厚さと硬さが必要

1枚でマットレスを敷く場合、その厚さと硬さは重要な要素です。適切な厚さと硬さを選ぶことで、快適な寝心地と体へのサポート性を得ることができます。

まず、厚さについて考えましょう。

一般的に、5㎝から10㎝程度の厚さが推奨されます。薄すぎると体に十分なクッション性が得られず、寝心地が悪くなる可能性があります。

一方、厚すぎると適切な体圧分散が難しくなるため、背骨の自然なカーブをサポートすることができません。

次に、硬さについて考えましょう。

硬さは個人の好みや体の状態によって異なる場合がありますが、一般的には適度な硬さが求められます。

硬すぎると体圧が集中して不快な寝心地になりますし、柔らかすぎると体のサポートが不足してしまいます。

適度な硬さを持つマットレスを選ぶことで、体全体をしっかりと支えながら、快適な寝姿勢を維持することができます。

マットレスの上に重ねて敷く場合は好みでOK

マットレスの上に重ねて敷く場合は、個人の好みや快適な寝心地に合わせて自由に選ぶことができます。

例えば、既に使用しているベッドマットレスに対して快適さを追求したい場合や、マットレスの保護や清潔さを重視したい場合に重ねて使用することができます。

2枚重ねることで、クッション性や体圧分散性を増すことができます。また、ズレ防止のために適切な方法を採用することも重要です。

例えば、トッパーやマットレストッパーを使用すると、マットレス同士のずれを防ぎながら快適な寝心地を提供することができます。

重ねて敷く場合には、ベッドの高さにも注意が必要です。

ベッドがローベッドや収納付きベッドの場合、2枚重ねることでベッドの高さが上がります。

そのため、足がぶらぶらしないように調整したり、ベッドスカートやクリアボックスなどを使用してスタイリッシュな見た目を保つことも考慮してください。

敷く場所はどこ?

敷く場所

マットレスを選ぶ際に考慮すべきポイントの一つは、敷く場所です。マットレスを敷く場所によって、適したタイプや特徴が異なることがあります。

まず、ベッドフレームに敷く場合は、ベッドのサイズや形状に合ったマットレスを選ぶ必要があります。

ベッドフレームのサイズに合わせて適切な幅や長さを選び、フレームにしっかりとフィットすることが重要です。

また、ベッドフレームの特徴によっては、マットレスの厚さや柔軟性にも注意が必要です。

もう一つの考慮事項は、床や畳の上に直接敷く場合です。

床や畳は硬さや冷たさを感じることがありますので、体圧分散やクッション性の高いマットレスを選ぶと快適に眠ることができます。

また、畳の場合は通気性の良いマットレスやエアーマットレスを検討することで、湿気やカビの発生を防ぐことができます。

さらに、アウトドアやキャンプなどで使用する場合には、軽量かつ持ち運びが便利なマットレスを選ぶことが重要です。

インフレータブルマットやコンパクトな三つ折りマットレスなどがおすすめです。

ベッド(ロフトベッド・2段ベッド含む)なら三つ折り不要

ベッド、特にロフトベッドや2段ベッドなどの場合、マットレスの持ち運びや収納の点で三つ折りマットレスは不要です。

これらのベッドは専用のマットレスサイズを使用し、ベッドフレームにしっかりとフィットさせることができます。

そのため、マットレスを折りたたむ必要はありません。

三つ折りマットレスは主に持ち運びや収納の利便性を重視する場合に選ばれますが、ベッドに固定されたマットレスの場合はその必要性はありません。

ベッドフレームに合ったサイズのマットレスを選ぶことで、ベッドの形状にフィットし、安定した寝心地を得ることができます。

ロフトベッドや2段ベッドは、スペースの効率的な利用や、下の空間を活用したデスクや収納スペースの設置などに優れています。

そのため、ベッド自体がコンパクトにまとまっており、マットレスの収納や持ち運びに関しては特に心配する必要はありません。

床に直置きなら三つ折りタイプ

床に直接マットレスを敷く場合、三つ折りタイプのマットレスが便利です。

フローリングや畳の上では、通気性や湿気対策が重要です。

三つ折りマットレスは、通気性に優れた素材や構造を持っており、床との間に空間を作ることができます。

これによってマットレスと床の間の空気の流れが促進され、湿気やカビの発生を抑えることができます。

また、三つ折りタイプのマットレスは畳むことができるため、収納や持ち運び、陰干しする際にも便利です

使用しないときに畳んで収納することで、スペースを節約することができます。

さらに、持ち運びもしやすくなるため、引っ越しや旅行などで移動する際にも重宝します。

床に直置きする場合は、マットレスが床との間にクッションを作り、快適な寝心地を提供してくれます。

また、湿気やカビの心配も軽減できます。

三つ折りタイプのマットレスは、フローリングや畳の上での使用に適しているため、床に直接敷く場合におすすめです。

キャンプ用なら丸められるものを

キャンプ用のマットレスを選ぶ際には、丸められるタイプが便利です。

キャンプでは持ち運びや収納の便利さが重要な要素となります。

丸められるマットレスはコンパクトにまとめることができるため、荷物の中にスペースを節約することができます。

丸められるマットレスは一般的に軽量であり、持ち運びが容易です。

キャンプ場までの移動やテントへの設置などで重宝します。また、収納時にはバッグや専用の袋に収納できるため、保管や持ち運びの際に便利です。

キャンプ用のマットレスは、丸められるだけでなく、耐久性や防水性も重要です。

アウトドアでの使用に耐える素材や防水加工が施されたマットレスを選ぶことで、寝心地の良さと耐久性を両立させることができます。

薄型マットレスのメリット

メリット・デメリット

薄型マットレスにはいくつかのメリットがあります。

まず、軽量であることが挙げられます。

薄型のマットレスは一般的に重さが軽く、持ち運びや移動が容易です。

特に2段ベッドやロフトベッドなどの上段に敷く場合、薄型のマットレスは重量の負担を軽減し、安定感を保つことができます。

また、薄型マットレスは一般的に価格が比較的安く、コストパフォーマンスに優れています。

厚みが薄い分、製造コストも低くなるため、予算に制約のある方やお手頃な価格でマットレスを入手したい方にとって、選択肢の一つとなるでしょう。

さらに、薄型マットレスは収納や保管にも便利です。

薄い厚みのため、収納スペースを取らずにコンパクトに折りたたんだり、丸めたりすることができます。

場所を取らずに収納できるため、限られたスペースの中で効率的に使うことができます。

薄型マットレスのデメリット

薄型マットレスにはいくつかのデメリットがあります。

まず、寝心地が劣る場合があることが挙げられます。

薄い厚みのマットレスは、体の重みを均等に分散することができず、適切な体圧分散が難しい場合があります。

そのため、体に対してのクッション性や支持力が不足し、寝心地が劣ることがあります。

また、薄型マットレスは底付きしやすいというデメリットもあります。

薄い厚みのマットレスは、下に硬い床やフローリングがある場合、体重や動きによってマットレスが底まで沈み込み、寝姿勢が乱れることがあります。

特に体重が偏っている場合や、横になっている時間が長い場合には、底付きの感覚が気になることがあります。

薄型マットレスのおすすめ

薄型マットレス

薄型マットレスのおすすめを紹介します。

ニトリ 3ゾーンプロファイル加工高反発3つ折りマットレス

ニトリの3ゾーンプロファイル加工高反発3つ折りマットレスは、快適な寝心地とサポート性を提供します。

ウレタン素材を使用し、凹凸のある特殊な加工を施しています。厚さは9cmでありながら、軽量で扱いやすい4.5kgとなっています。

このマットレスは3ゾーン構造になっており、身体の3つのエリアを適切にサポートします。

ヘッド、ショルダー、ヒップのエリアそれぞれに合わせた凹凸があり、体圧を均等に分散し、快適な寝姿勢をサポートします。

また、高反発性のウレタン素材は、身体にしっかりフィットし、適切な支持力を提供します。

3つ折りの機能を持つため、収納や持ち運びにも便利です。

コンパクトに折りたたむことができるので、場所を取らずに収納できます。

https://www.nitori-net.jp/ec/product/5650239s/

エムリリー優反発三つ折り

エムリリー

エムリリー優反発マットレスは、その特徴的な機能と品質で注目を集めています。

まず、三つ折りの設計があり、収納や持ち運びが簡単です。

高反発と低反発の両方の長所を併せ持った優反発という特徴を持ち、身体の各部位に適切な支持力を提供します。

また、オープンセル構造が採用されており、通気性が優れています。

さらに、二層構造により、寝姿勢をサポートし、快適な睡眠を促します。

エムリリーはマンチェスターユナイテッドの公式パートナーでもあり、その信頼性と品質に裏付けられています。

1000万枚以上の販売実績もあり、多くの人々に支持されています。

エムリリー公式サイト をみてみる

\全額返金保証キャンペーン中!/

関連記事:エムリリー優反発マットレスの口コミ!悪い評判はある?

エアウィーヴ01

エアウィーヴ01は、その特徴的な機能と快適性で注目を集めています。

浅田真央さんが公式アンバサダーを務めることでも知られています。

このマットレスは、特殊な構造であるエアファイバーが使用されており、高反発性と優れた体圧分散効果を提供します。体のカーブにしっかりとフィットし、快適な寝姿勢をサポートします。

さらに、エアウィーヴ01はお手入れが簡単です。

通気性が高く、水洗いが可能なため、清潔な状態を保ちやすく、ホコリやアレルギーの原因となるハウスダストを抑えることができます。

関連記事:エアウィーヴで後悔?悪い口コミ評判からデメリットを調査!

エアリーマットレスMAR-S

エアリーマットレス MAR-Sは、その多くの特徴により人気を集めています。

まず、ファイバーマットレスとエアロキューブの組み合わせにより、優れた寝心地と快適さを実現しています。3次元スプリング構造が体圧を分散し、高反発性が体のカーブにフィットします。

また、エアリーマットレス MAR-Sは丸洗いが可能なので、いつも清潔な状態を保つことができます。

さらに、SEK基準の抗菌防臭・制菌効果があり、健康をサポートします。

このマットレスは三つ折りでコンパクトに収納でき、バッグが付属しているため持ち運びも便利です。

さらに、公式サイト限定の特典として30日間の返品保証が付いています。

エアリーマットレス MAR-Sは100万枚以上売れており、ISO9001の品質管理基準を取得している信頼性の高い製品です。

その多くの特長により、快適な睡眠環境を提供し、お客様の満足度を高めています。

関連記事:【エアリーマットレスの口コミ】乾かなくて後悔?アイリスオーヤマの評判

西川エアー01

西川エアー01は、その特殊立体波形凹凸構造によって優れた寝心地を提供します。

この特殊な構造により、体を点で支える効果があり、体圧を均等に分散します。

その結果、快適な姿勢を保ちながら、理想的なサポートを得ることができます。

また、ウレタン素材とクロスホールの組み合わせにより、通気性にも優れています。

空気の循環が促進され、ムレや湿気を防ぎます。これにより、清潔な寝環境を保ちながら快適な睡眠をサポートします。

西川エアー01は、レフレフォームの技術を採用しており、高品質な仕上がりと耐久性を実現しています。

大谷翔平選手も愛用している西川エアー01は、その高い性能と快適さで、日々の疲れを癒すことができることでしょう。

関連記事:【大谷翔平のマットレス】西川エアーの口コミ!腰痛い評判と寿命

薄型マットレスに関するよくある質問と回答

Q&A

体重が重い人に薄いマットレスは向いてる?

Q:体重が重い人に薄いマットレスは向いてる?

A:向いていません。

重い体重を均等に支えるためには、適切な腰の支えが必要です。

薄いマットレスでは、腰の部分に適切なサポートが得られず、体重が十分に分散されない場合があります。

重い体重を支えるためには、適度な厚みと硬さを持ったマットレスが必要です。

このようなマットレスは、体重を均等に分散させ、腰の部分をしっかりと支えることができます。

適切な腰のサポートがあることで、背骨の自然なカーブを保ち、快適な寝姿勢を実現します。

したがって、体重が重い人には薄いマットレスは向いていません。

適切な腰の支えが必要なので、適度な厚みと硬さを備えたマットレスを選ぶことが重要です。

体重に応じた適切なマットレスを選ぶことで、より快適な睡眠を得ることができます。

薄いマットレスをスノコに直接敷いてもいい?

Q:薄いマットレスをスノコに直接敷いてもいい?

A:おすすめしません。

薄いマットレスは、スノコの凹凸を感じやすく、快適な寝心地を損なう可能性があります。

スノコは、木製や金属製の板が縦横に交差している構造です。

この凹凸が、薄いマットレスの上で直接感じられるため、寝姿勢や寝心地に影響を与えることがあります。

特に腰や背中の部分でスノコの凹凸を感じると、体圧の均等な分散が難しくなり、快適な睡眠を妨げる可能性があります。

したがって、薄いマットレスをスノコに直接敷くことはおすすめしません。

マットレスの上に適切な下敷きや布団を敷くことで、スノコの凹凸を和らげることができます。

もしスノコを使用する場合は、適度な厚みのマットレスや敷きパッドを使用して、快適な寝心地を確保することをおすすめします。

薄いマットレスは腰痛に悪い?

Q:薄いマットレスは腰痛に悪い?

A:体重によって異なります。

体重が重い人にとっては、腰を十分に支えることが重要です。

薄いマットレスは一般的に腰痛の軽減には向かないと言われています。

なぜなら、薄いマットレスは体重を適切に分散させるための充分な厚みと硬さを持っていないことが多いからです。

重い体重が薄いマットレスに沈み込みすぎると、腰部の適切なサポートが得られず、腰痛の原因となる可能性があります。

しかし、体重が比較的軽い人にとっては、薄いマットレスでも十分に支えられます。

適切な硬さや素材の薄いマットレスを選ぶことで、腰痛を軽減することができるかもしれません。

結論として言えるのは、体重が重い人は腰を充分に支えられる厚みと硬さのあるマットレスを選ぶことが重要です。

軽い体重の人は、適切な支えを提供できる薄いマットレスでも問題ありません。

個々の体格や健康状態に合わせて、自身に最適なマットレスを選ぶことが大切です。

関連記事:腰痛マットレスおすすめ!人気ランキングと売れ筋コスパ

薄いマットレスのカバーはどれにしたらいい?

Q:薄いマットレスのカバーはどれにしたらいい?

A:サイズが合えばなんでもOKです。

一般的に、薄いマットレスにはサイズの合ったフラットシーツが適しています。

フラットシーツは平らな形状で、マットレスを覆うことができます。

薄いマットレスは通常、厚みがあるマットレスに比べて柔軟性がありますので、フラットシーツが適切にフィットしやすいです。

カバーとして使用することで、マットレスを清潔に保ちながら快適な寝心地を提供します。

サイズ選びの際は、マットレスの厚さや幅に合わせて適切なサイズを選ぶことが重要です。

一般的なベッドサイズに合うフラットシーツを選ぶか、マットレスの実寸サイズを確認して、そのサイズに合ったシーツを選びましょう。

結論として、薄いマットレスのカバーにはサイズの合うフラットシーツを選ぶことがおすすめです。

適切なサイズのカバーを使用することで、マットレスを清潔に保ちながら快適な睡眠環境を作り出すことができます。

薄いマットレスだけで寝るのは大丈夫?

Q:薄いマットレスだけで寝るのは大丈夫?

A:個人の体重によって異なります。

薄いマットレスは一般的に柔軟性があり、身体に適度な沈み込みを提供します。

軽い体重の人にとっては、十分なサポートと快適な寝心地を提供する場合もあります。

しかし、体重が重い場合は薄いマットレスだけでは適切なサポートが得られない可能性があります。

体重が重いと、薄いマットレスだけでは腰や背中の適切な支持が不足し、寝姿勢や体圧分散に問題が生じることがあります。

そのため、体重が重い人には、より厚みや硬さのあるマットレスが適している場合があります。

適切なサポートを得るためには、薄いマットレスに追加のサポートアイテム(例:マットレストッパーや敷きパッド)を組み合わせることも検討できます。

結論として、薄いマットレスだけで寝るかどうかは、体重によって異なります。

軽い体重の人には適している場合もありますが、体重が重い場合は追加のサポートが必要な場合があります。

自分の体重や快適な寝心地を考慮し、適切なマットレスを選ぶことが重要です。

薄いマットレスの捨て方は?

Q:薄いマットレスの捨て方は?

A:使用されている素材によって異なります。

ウレタンやファイバーなどの非金属系素材を使用している場合、一般的には切断して燃えるゴミとして処理することができます。

地域によっては、指定のゴミ袋に詰めて出すことが求められる場合もありますので、地域のルールを確認してください。

一方、スプリングを含む金属の部品を使用している場合は、粗大ゴミとして処理する必要があります。

金属の部分はリサイクル可能なので、自治体の指示に従って回収場所に持ち込むか、粗大ゴミの収集サービスを利用することができます。

結論として、薄いマットレスの捨て方は素材によって異なります。

ウレタンやファイバーなどの非金属系素材なら切断して燃えるゴミとして処理できます。

一方、スプリングを含む金属の部品がある場合は粗大ゴミとして処理する必要があります。

地域のゴミ処理のルールや指示に従って適切に処分しましょう。

薄いマットレスで痛いときの対策は?

薄いマットレスを使用している際に痛みを感じた場合の対策はいくつかあります。

まず、マットレスをより厚みのあるものに変えることを検討してみてください。
薄いマットレスでは体の一部が直接床に触れるため、体圧分散が不十分になり痛みを感じやすくなります。

より厚いマットレスに変えることで体をより良く支えることができます。

また、もう1枚別のマットレスを追加して重ねて敷く方法も有効です。

薄いマットレス単体では体重や体型によっては十分なサポートが得られない場合がありますが、もう1枚マットレスを敷くことでクッション性や体圧分散を改善することができます。

結論として、薄いマットレスで痛みを感じた場合は、マットレスをより厚みのあるものに変えるか、もう1枚別のマットレスを重ねて敷くことを検討してみてください。

これにより、より快適な寝姿勢を実現し、痛みを軽減することができます。

-マットレス