腰痛マットレスのおすすめ!安いコスパのランキング

安い腰痛マットレスのおすすめランキング

「腰痛だけどマットレスにあんまりお金出せない!安くてもいいマットレスってないの?」

という人のために、低価格でおすすめできる腰痛向けマットレスを紹介します。

いくらうれしいお値段でも、安かろう悪かろうだと意味がありません。

安物買いの銭失いにならないように、厳選してランキング形式で紹介します。

タンスのゲン 三つ折りマットレス

タンスのゲン三つ折りマットレス

価格:4,999円
素材:ウレタン
硬さ:かため
厚さ:10㎝

特徴:
・三つ折り
・7つの安全基準クリア
・6種類から選べるカバー
・フラットタイプとプロファイルタイプから選べる

タンスのゲンは家具を広く取り扱っている総合家具メーカーです。

中でも三つ折り高反発マットレスは、5000円を切る低価格ながら、楽天でレビュー件数8000件超、かつ評価4.41(調査時点)と、圧倒的高評価を得ています。

「腰痛がなおった(軽減された)」の口コミ多数。

厚み10㎝で1枚で敷けて、三つ折りなので取り回ししやすくコンパクトに収納できてミニマリストにももってこい。

硬さは190Nと、通常の高反発マットレスより少し硬めです。

腰をしっかり支えるから寝返りもしやすい。使用者のコメント欄でもこの点は高評価ポイントでした。

カバーはメッシュ3種類、パイル3種類からカラーが選べます。

また、安いだけじゃない、安全性にもしっかり配慮したマットレスです。

シックハウス症候群の原因物質基準7つ(ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、p-ジクロロベンゼン、エチルベンゼン、スチレン、テトラデカン)すべてクリアしています。

ウレタン特有のにおいを抑える工夫もしています。

2020年で楽天年間ランキング1位を獲得した、「最も売れたマットレス」です。
(2021年上半期も1位です)

5000円以下でこのクオリティならそりゃ大ヒットしますよね。

タンスのゲン 高反発マットレス シングル 10cm 密度25D 190N ブラウン
created by Rinker

関連記事:タンスのゲンの評判

ottostyle.jp 高反発マットレス

ottostyleマットレス

価格:6,500円
素材:ウレタン
硬さ:かため(180N)
厚さ:10㎝

特徴:
・プロファイル仕様
・低ホルムアルデヒド

ottostyle.jpは株式会社クローバーが販売する家具・インテリアブランドです。マットレス以外にもテーブル・ソファ・証明・ペットアイテムなど幅広く取扱があります。

このマットレスは高反発・厚み10㎝で床でも1枚敷き可能。

ちなみにさらに安い5,900円の6つ折りマットレスがありますが、厚みが6㎝とちょっと頼りないので、10㎝のこちらをおすすめしています。

卵パックのような凹凸のあるプロファイル仕様で、点で体を支えて体圧分散。

遊離ホルムアルデヒド試験A法(A-AO)というテストを実施していて、赤ちゃんの肌でも安心して使えることが証明されています。

懸念点は耐久性が少し気になるところです。

安いだけあって品質保証や返金保証がないので、早くへたっても交換してもらえません。

MyeFoam マットレス

myefoamマットレス

価格:5,980円
素材:ウレタン
硬さ:かため
厚さ:3㎝

MyeFoamのマットレスを紹介します。

特徴:
・防ダニ・抗菌・防臭
・丸めて収納可
・18カ月保証付き
・エコテックス100認証

MyeFoamは1万円以下の低価格帯のマットレスや枕を販売しているブランドです。

2021年7月31日調査時点でAmazonの口コミが4811件ついていました。大ヒットしていることがうかがえます。

高反発なので硬い感触が好みの人向け。

基本はベッドマットレスの上に敷くトッパー利用を想定しておいたほうがいいです。

Amazonだとフローリングの床に1枚で敷いている画像が掲載されていますが、厚み3㎝と一枚敷きするには少し頼りないです。

体重が軽い人、痩せ型の人なら大丈夫かもしれませんが・・。

ニトリ デイ

 

価格:6,101円
素材:ボンネルコイル
硬さ:かため
厚さ:15㎝

特徴:
・ネット限定販売
・圧縮ロール梱包
・5年保証

「お、値段以上」のニトリからデイを紹介します。

コイルマットレスで6000円台という衝撃の安さ。しかも保証が5年もついてます。サービス良すぎ。

圧縮ロール梱包で狭いアパートにも搬入可能。11㎏なのでコイルマットレスにしては軽く、一人でもなんとか運べる重さです。

この値段でまともなコイルマットレスは他にないんじゃないでしょうか。

ただし、口コミ評価はそれほど高くありません。

Amazon、楽天とも☆4以下。4は上回っていてほしいところですね。

ニトリ公式HP

関連記事:ニトリマットレスのおすすめ

GOKUMIN プレミアム高反発マットレス

GOKUMIN高反発マットレス

価格:7,980円
素材:ウレタン
硬さ:かため
厚さ:5㎝

GOKUMINは株式会社KURUKURUが販売するイタリアデザインのマットレスです。

ラインナップはいくつかありますが、その中でも1万円以下のプレミアム高反発マットレスをオススメします。

特徴:
・トッパー
・高密度34D
・竹炭配合で消臭効果が期待できる
・低ホルムアルデヒド
・カバーは抗菌防臭、滑り止め仕様

厚み4㎝でトッパー利用を想定されています。

180Nの比較的硬めとはいえ、やや薄いので単品で寝ると底付きして腰が痛いかも。ベッドマットレスの上に敷いて寝ましょう。

密度34Dはなかなかの高密度で長寿命の期待が持てます。ふつうは30Dどまりですね。

関連記事:GOKUMINの評判

ブリヂストン マットレス

価格:7,480円
素材:高硬度ウレタン
硬さ:かため
厚さ:4㎝

特徴:
・ベースマット
・三つ折り
・軽量(2.6㎏)
・選べる2色

車のタイヤで有名なブリヂストンですが、実はマットレスも作っています。

ここで紹介する商品はいわゆる「ベースマット」タイプです。

使い方は今敷いているマットレスや敷布団の「下」に敷きます。底付きしないように底支えする役割を担います。

寝具そのまま、寝心地をグレードアップさせるイメージですね。

今使っている敷布団やマットレスを捨てるのが億劫な人におすすめです。

1枚で寝るようには想定されていないので気を付けてください。そのまま寝ると硬すぎます。

IKEA HAFSLO

価格:12,990円
素材:ボンネルコイル
硬さ:かため
厚さ:18㎝

特徴:
・ベッドマットレス
・25年品質保証
・ロールパックで持ち帰りカンタン

北欧家具IKEAのHAFSLO(ハフスロー)を紹介します。

シングルサイズ(幅100㎝)がなかったのでセミダブルサイズ(幅120㎝)の価格を掲載しています。

25年という異様に長い保証期間。

1万円台でこんな長期保証のマットレスは他にありません。ちなみにセミシングルサイズなら1万円を切ります。

あまり硬いようなら上に1枚柔らかめのトッパーを敷くと良いかもしれません。

ちなみにVADSÖ(ヴァドソ)というさらに安いマットレスがあるのですが、セミシングルとダブルの2種類しかサイズがないので取り上げませんでした。

FibreLux 高反発パームマットレス 3つ折り

価格:17,900円
素材:ラテックス+パーム繊維
硬さ:かため
厚さ:6㎝

特徴:
・1年保証
・自然素材
・ホルムアルデヒド0
・静音
・高通気性

FibreLuxから高反発パームマットレスの紹介です。

ココナッツ繊維と天然ラテックスを使用した自然素材からできています。

ココナッツ繊維はタワシみたいなイメージで、湿気を逃がして通気性抜群。

高反発で沈み込みが少ないので、背骨が自然なS字カーブを保てて、腰への負担が少ないです。

厚さ6㎝と少々薄いながら、反発力がカバーするので、床や畳にもそのまま敷いて使えます。

パームマットレス部門で楽天年間ランキング1位の実績。

レビュー件数1597件で☆4.41は非常に高評価です。

エイプマンパッド

価格:20130
素材:ウレタン
硬さ:かため
厚さ:10㎝

特徴:
・90日間返品保証
・三つ折り

エイプマンパッド310を紹介します。

10㎝の厚みでどこでも1枚で寝られます。

三つ折りだからお手入れも立てて干すだけラクラク。

返品保証がついているのが大きいです。いざとなったら全額返金してもらえる安心感は心強いですね。

返金保証ありのマットレスの中ではおそらく最安値です。

Amazonや楽天でも購入できますが、公式サイトでセット購入するのが一番オトクです。

エイプマンパッド310
created by Rinker

関連記事:エイプマンパッドの口コミ

オクタスプリング

価格:21,780円
素材:ウレタン
硬さ:やわらかめ
厚さ:7㎝

特徴:
・トッパー
・3Dウレタンスプリング

ウレタンをスプリング状に加工し、ウレタンの難点だった通気性の課題を克服したマットレスです。

「腰痛だけど硬いマットレスはニガテ」という人におすすめ。

調査時点(2021.7.31)では公式サイトでトッパーシングルカバーセットが半額の10,890円で販売されていました。超オトクです。

Amazonや楽天でも買えますが、一度公式サイトでキャンペーンをやっていないかどうか確認してみてください。

関連記事:オクタスプリングの口コミ

ブレスエアー

価格:21,890円
素材:ファイバー
硬さ:かため
厚さ:

特徴:
・3つ折り
・硬さグラデーション
・季節に合わせたリバーシブル仕様

ブレスエアー敷布団NEOを紹介します。

エアウィーヴに代表される、ファイバーマットレスタイプです。

ファイバーの硬さにグラデーションがあり、上に行くほど柔らかく、下に行くほど硬くなります。

そのため、重みがかかりやすい腰部分はしっかり支え、軽い部分は軽く支えることができ、部分部分にあった最適な反発力で負担を減らし寝姿勢をキープ。

安売りセールなどあればお得情報として紹介できたのですが、調査時点では見つかりませんでした。

関連記事:ブレスエアーの口コミ

ボナノッテ

価格:27,800円
素材:ウレタン
硬さ:かため
厚さ:9㎝

特徴:
・3年保証
・三つ折り

ボナノッテ三つ折り敷布団の紹介です。

本田圭佑選手を起用して有名になったマットレス。

老舗寝具メーカー東京西川の商品なので品質は折り紙付き。

定価は27,800円ですが、調査時点ではオムニ7(イトーヨーカドーの通販サイト)では11,000円に値下がりしていました。大チャンス!もしかしたら販売終了が近いのかもしれません。

マットレスタイプもありますが、シングルがなくなりセミダブルとダブルだけになっていました。こちらも約半額になっており、販売終了が近いと思われます。

送料(770円)は自己負担なので注意。

関連記事:ボナノッテの口コミ

エムリリー優反発マットレス

価格:27,478円
素材:ウレタン
硬さ:やわらかめ
厚さ:8cm

エムリリーから優反発マットレスの紹介です。

特徴:
・優反発
・エコテックスとPUR認証された安全性
・3年保証
・3つ折り

ここで取り上げているのは8㎝三つ折りタイプです。ほかにも11㎝のフラットタイプもあります。

「高反発と低反発の長所を併せ持つ」という売り文句で、重い部分はしっかりささえて、軽い部分はふんわり支えます。

ただし、カスタマーレビューを読むと「柔らかい」という感想を持つ人が多いです。

高反発と優反発の2層構造になっているので、底付きの心配は不要。

マンチェスターユナイテッドの公式寝具パートナーになっているので、品質は信用してよさそうです。

Amazonや楽天でも購入できますが、公式サイトから購入すると180日保証延長サービスがついてくるのでオトクです。

関連記事:エムリリーの評判

アイリスオーヤマ エアリーマットレス

価格:16,800円
素材:ファイバー
硬さ:かため
厚さ:5㎝

特徴:
・丸洗い可
・30日間返品保証付き

アイリスオーヤマからエアリーマットレスの紹介です。

イメージ的にはいわゆるエアウィーヴの廉価版と考えればOKです。

ファイバー製で丸洗い可、ハウスダストアレルギーもダニアレルギーも怖くない。

5㎝といっけん薄いように見えますが、高反発なので床に敷いても底付きしません。

「エアウィーヴは高くて手が出ない・・」という人におすすめです。

アイリスオーヤマ 洗える エアリー マットレス シングル 三つ折り 抗菌防臭 厚さ5cm 高反発 敷布団 リバーシブル 通気性 高耐久性 ホワイト MARS-S
created by Rinker

関連記事:エアリーマットレスの口コミ

コスパのいい腰痛マットレス

価格

コスパという観点で考えると、あながち安いマットレスがいいとも限りません。

3万円以上のマットレスになると、長く使えて機能や保証も充実。

結局買っても損しないようになっています。

ここでは「安い」にこだわらず、「コスパ」から見たおすすめマットレスを紹介します。

モットン

モットン

価格:39,800円
素材:ウレタン
硬さ:かため
厚さ:10㎝

特徴:
・腰対策マットレス
・特殊ウレタンで寝返りがラク
・90日間返品保証付き

「腰対策マットレス」をうたうモットン。

ナノスリーという特殊ウレタンを使い、寝返りにかかる力が通常の高反発マットレスの8割で済むように設計されています。

返品保証もついているので、万が一合わなくてもお金が戻ってくるから後悔しません。

元中日ドラゴンズの山本昌さんもおすすめしています。


関連記事:モットンの口コミ

雲のやすらぎプレミアム

雲のやすらぎ

価格:39,800円
素材:ウレタン
硬さ:やわらかめ
厚さ:17㎝

特徴:
・腰に優しい敷布団
・100日間返金保証つき

柔らかいマットレスが好みの人はこちらがおすすめ。

雲のやすらぎプレミアムは極厚17㎝の五層構造で体をふんわり支えます。

新クロスクラウド製法といって、中心部でしっかり反発する高反発スプリングマットを、体圧分散する凹凸アルファマットでサンドイッチしています。

柔らかすぎるという口コミが多くみられたので、ふだんせんべい布団や硬いマットレスに慣れている人は別の商品のほうがいいですね。

関連記事:雲のやすらぎプレミアムの評判

マニフレックスメッシュウィング

メッシュウイング

価格:34,485円
素材:ウレタン
硬さ:かため
厚さ:11㎝

マニフレックスメッシュウイングを紹介します。

特徴:
・イタリア製
・10年保証
・エコテックス認証
・3つ折り

マニフレックスは世界で最も売れているマットレスで、その中でもメッシュウイングは最も売れているモデルです。

高反発で収納もお手入れもラク。メッシュ地なので夏でも蒸れにくくなっています。

マニフレックスは10万円超えも珍しくない高級ブランドなのですが、メッシュウィングはその中でも最安値に近い3万円台で入手できます。

しかも10年保証つき。3万円で10年保証がついてくるブランドはほとんどありません。

関連記事:マニフレックスの口コミ

エアウィーヴスマート01

価格:35,200円
素材:ファイバー
硬さ:かため
厚さ:4㎝

エアウィーヴからスマート01の紹介です。

特徴:
・トッパー
・丸洗い可
・丸めて収納可
・3年保証

人気のあったエアウィーヴスマート025をリモデルした商品で、すでにあるマットレスの上に敷くトッパー利用を想定されたモデルです。

床に1枚敷きするのはやめましょう。

高反発で寝返りがラク。体圧分散力も優秀です。

丸洗いできるので、おねしょやお漏らしなど、何かと汚しがちな赤ちゃんのいる家庭におすすめです。

関連記事:エアウィーヴの評判

テンピュールフトンシンプル

テンピュールフトンシンプル

価格:52,800円
素材:ウレタン
硬さ:やわらかめ
厚さ:6㎝

テンピュールからフトンシンプルの紹介です。

特徴:
・3つ折り
・収納バッグつき
・2年保証
・デンマーク製

テンピュールは高級低反発マットレスの代表格です。

その中でもフトンシンプルは最安値の5万2800円から。

低反発で6㎝だと底付き感が気になりますが、下3㎝は高耐久性ベースなのでしっかり反発。畳に1枚敷でも快適に眠れます。

「包み込まれるような寝心地が好き」「硬いマットレスはニガテ」という人におすすめ。

サイズはシングルとセミダブルのみ。

関連記事:テンピュールの評判

西川エアー01

西川エアー01

価格:44,000円
素材:ウレタン
硬さ:かため
厚さ:8㎝

西川エアー01の紹介です。

特徴:
・波型凹凸構造で点で支えて体圧分散
・通気スリットで通気性良し
・3年保証

スポーティなデザインが目を引く西川エアー。

表面はいわゆるプロファイル仕様で、1200個の点で支えて体圧分散をしてくれます。

肩口には36個のクロスホールを配置し、凹凸の大きい肩甲骨周辺でもボディラインにフィット。

スポーツをしている人におすすめです。

西川 [エアー01] マットレス シングル 高反発 厚み8cm 特殊立体波形凹凸構造 通気性 軽量 エアー AiR イエロー/ベーシック
created by Rinker

関連記事:西川エアーの口コミ

トゥルースリーパープレミアケア

価格:27,280円
素材:ウレタン
硬さ:やわらかめ
厚さ:5㎝

特徴:
・低反発
・1年交換保証
・60日返品保証

テンピュールに次ぐ低反発マットレスの代表格がこのトゥルースリーパーです。

これまで800万枚を売り上げた実績。

「とろける寝心地」をウリにしていて、独自の素材「ウルトラヴィスコエラスティック」がふんわり体を受け止めてくれます。

高反発マットレスでは体に合わなかった人におすすめです。

公式サイトで大幅値引きを行っているので、購入を検討するなら必ず公式サイトは一度チェックしましょう。ほかで買うと大損します。

→→トゥルースリーパーが【50%OFF】で買える公式サイトを見てみる

関連記事:トゥルースリーパーの口コミ

ムアツ布団2フォーム90

価格:41,800円
素材:ウレタン
硬さ:やわらかめ
厚さ:8㎝

特徴:
・たまご型の点で支えて体圧分散
・医療現場で採用された実績
・無膜ウレタンで通気性向上
・側地はポリジン加工で抗菌

ムアツ布団はその昔、床ずれで悩む全国の病院に導入された経緯があります。しかも厚生省(現:厚生労働省)のお墨付き。それだけ体圧分散力に信頼があるということですね。

構造は90Nのやわらかい層と、かための層の2層構造になっています。

下層は無膜ウレタンといって、通気性のよいウレタンを使用しているので、ムレは最小限に抑えられます。

爆発的なヒットはしていませんが、毎年静かに売れ続けてロングセラー。これまで400万枚の販売実績があります。

昭和西川 ムアツ布団 シングル 2フォーム 厚さ80ミリ
created by Rinker

関連記事:ムアツ布団の口コミ

安い腰痛マットレスの選び方

「腰痛におすすめの安いマットレスってどう選んだらいいの?」

という人のために選び方を紹介します。

高反発と低反発

「高反発と低反発どちらがいいの?」

→基本は高反発を選んでください。

低反発を選んでいいのは、低反発が体に合っているのがわかっている人だけです。

高反発を選ぶ理由は、

1.楽に寝返りができる
2.自然な寝姿勢が保てる

の2点です。

1つめ、腰に負担をかけないためには、楽に寝返りができることが重要です。

人間の体は長時間同じ姿勢でいると、特定の部位に負荷がかかって、歪みやダメージを引き起こします。

そうならないために、睡眠中、無意識に寝返りをうって、荷重のかかる場所を分散させています。

低反発はふんばりがきかず、結果的に寝返りに余計な力がいることが多いです。

すると寝返りの回数が少なくなり、同じ部位に負荷がかかって、痛みの原因になります。

2つめ、自然な寝姿勢を保てることも、高反発をおすすめする理由です。

背筋を伸ばして立っているとき、背骨はゆるやかなS字になっています。四足歩行から二足歩行に進化した人類にとって、このS字状態がもっとも自然で筋肉負担の少ない姿勢です。

横になった状態でも、このS字カーブが保たれることが理想です。

しかし、沈み込みの大きいマットレスに寝ると、姿勢が崩れやすいです。なぜなら、体の重さは頭から足まで均等ではないからです。

腰周りが最も重く、腰周りには体重の44%が集中しています。

そのため、沈むマットレスでは、腰を中心に沈むことで、仰向けだと身体が「く」の字に曲がってしまいます。

高反発だと、少しは沈みながらも、全体として背骨がS字カーブを保つことができるので、腰の負担が少ない姿勢でいられます。

以上の点から、腰痛対策では高反発マットレスをおすすめします。

関連記事:高反発マットレスおすすめ

関連記事:低反発マットレスおすすめ

ウレタン密度

ウレタンマットレスなら、密度をチェックしましょう。

ウレタン密度は耐久性の指標の1つで、単位は「D」であらわされます。

30D以上が望ましいとされています。

密度が高いということは、それだけ支え役の数が多いということ。

同じ重さを100人で支えるのと、200人で支えるのとでは、おのずと一人あたりの疲労度合いは違ってきますよね。それと同じです。

2万円以上のマットレスならたいてい30Dはあります。

5000円程度のマットレスだと、20台後半だったりします。

耐久性が低いと、早くへたりがきてしまいます。

へたりはほぼ必ず腰周りからくるので、腰が沈みやすくなり、腰痛に繋がります。

せっかく買ったマットレスが、半年で使いものにならなくなってしまうのは、まさに安物買いの銭失い。

密度はチェックしましょう。

腰痛に安いマットレスをおすすめしない理由

安いマットレスは正直、あまりおすすめしません。

その理由は、

1.保証がない
2.耐久性が不安

からです。

どちらもせっかく出したお金が無駄になってしまいます。

保証がない

安いマットレスは保証がありません。

保証は大きく分けて、

・返金保証
・品質保証

の2つに分けられます。

一番心強いのは「返金保証」ですが、1万円以下のマットレスで返金保証がついている商品は見かけませんね。

返金保証は、

「寝心地に満足いかない」
「思っていたのと違った」
「腰痛が悪化した」

など、自己都合による理由でも返品を受け付けてもらえて、商品代金が全額返金されるというもの。

通常はこうした理由による返品は受け付けてくれませんから、泣く泣く粗大ゴミに出すしかありません。

次に、ある程度以上の値段のマットレスには必ずついているのが「品質保証」です。

品質保証は、経年劣化によるへたりが発生した場合、保証期間内なら新品と交換、または無償修理してもらえるというもの。

1万円以下の安いマットレスでは、これらの保証がついていません。

買ったらそれでその会社との関係はおしまいで、アフターサービスはありませんよ、ということですね。

耐久性が不安

耐久性

安いマットレスは耐久性が不安です。

耐久性は

・品質保証年数
・耐久試験結果
・(ウレタンマットレスなら)ウレタン密度

の3点から推測できます。

たとえば、

・3年保証
・8万回の圧縮テストで復元率98%
・密度30D

といった感じで、これだとある程度寿命はありそうだなと推測できます。

しかし、安いマットレスでは、

・保証なし
・耐久試験結果非公表
・密度25D

といった状況が普通にあります。

これだと「1年もつのかな・・」と思っちゃいますね。

5000円のマットレスを1年ごとに買い替えるのと、5万円のマットレスを10年使うのとは、トータル金額は同じです。

安いばかりがいいわけではないのです。

関連記事:マットレスおすすめ:選び方と寝具の人気ランキング

タイトルとURLをコピーしました