マットレスの値段相場:シングルとダブルは安い?

マットレスの値段相場

価格

「マットレスの値段っていったいいくらなの?相場が知りたい!」

たしかにマットレスの値段はピンキリ。

5千円で手に入るものもあれば、50万円もする高級品もあって、その値段の差はなんと100倍。いくらなんでも価格帯広すぎだろ。

高いやつはなんか分厚くて高そうなのは何となく感じるけど、ぱっと見でどこがどう違うのかわかんないですよね。

私も同じ疑問にぶち当たりました。

でも、下手に安いの買ってハズレを引きたくない!

寝心地悪いと疲れが取れなくて仕事のパフォーマンスにも影響しますし。

できたら寝心地がよくて妥当な安さのがいいですよね。

そこで、

・「高いのと安いのと、何がそんなに違うの?」
・「高いやつってやっぱりいいの?」
・「安いのは買わないほうがいいの?」
・「で結局、自分はどれ買ったらいいの?」

といった疑問を調べて解消したので、シェアします。

あ、せっかちさんのために、とりあえず先に答えをカンタンに言っておきますね。

・「高いのと安いのと、何がそんなに違うの?」

→全部違いますが、ひとつだけ挙げるとしたら素材です。たとえば同じポケットコイルでも、使っている金属の種類が違うのでバネ感や強度や耐久性に違いが出ます。

・「高いやつってやっぱりいいの?」

→いいです。ただし、10倍の値段で寝心地が10倍よくなるかというと、そういうわけではないので、高級マットレスのステータスがほしい人ならともかく、ふつうにいいマットレスを求めている人なら、3~4万もあれば十分です。

・「安いのは買わないほうがいいの?」

→人によります。「完全に健康だし、どこでも寝られるし、睡眠にお金かけるつもりはない」という人なら5000円のマットレスでも問題ありません。ただ、「質の良い睡眠がとりたい」「腰痛で困ってる」など、何らかの悩みを解決したい人なら、数万かけてマットレスに投資するほうがコスパが良いです。

・「で結局、自分はどれ買ったらいいの?」

→まずは予算を決めましょう。1万?3万?5万? ベッドや付属品(シーツ・敷きパッド・ベッドパッド・プロテクター・除湿シート)も併せてそろえるなら全額マットレスに出費せずに抑えておきましょう。

ざっくりでも出せる金額が決まったら、価格帯ごとにマットレスをまとめてあるので、ざっと眺めてみてください。

ちなみにベッドもこれから買うなら、ベッドはケチってもいいです。寝心地に直接影響しないので、高くても安くても睡眠環境は同じです。あとは気に入るデザインが見つかるかどうかだけですね。
(跳ね上げ式や電動ベッドなど特殊な機能が欲しい場合は別ですが)

マットレス 値段 シングル

シングルサイズで目安となる値段を表にしました。

タンスのゲン高反発マットレス 3つ折りタイプ 4,999円
GOKUMINポケットコイル 15,800円
エイプマンパッド310 20,130円
源ベッドハイグレード 25,900円
トゥルースリーパー プレミアケア 27,280円
エムリリー優反発三つ折り 27,478円
ブレスエアー敷布団ネオシンプルセット 33,990円
マニフレックス メッシュウィング 34,485円
雲のやすらぎ 39,800円
モットン 39,800円
Nスリープ ハード H1-02CR 39,900円
無印良品高密度ポケットコイルマットレス 39,900円
西川エアー01 44,000円
ムアツ布団2フォーム90 41,800円
スリープマジック 43,890円
エマスリープ 50,000円
テンピュール フトンシンプル 52,800円
コアラマットレス 72,000円
ネルマットレス 75,000円
シーリー エッセンシャルズTT 88,000円
東京ベッド rev7 ブルーラベル 88,000円
アソート7 SO/HA P750 110,000円
シモンズ ゴールデンバリュー 122,040円
サータ ポスチャーノーマル 126,500円
東京スプリング アワーグラス1 128,000円
フランスベッド ライフトリートメントLT-5000 132,000円
日本ベッド シルキーポケット 170,500円

マットレス 値段 セミダブル

セミダブルサイズで目安となる値段を表にしました。

タンスのゲン高反発マットレス 3つ折りタイプ 7,999円
GOKUMINポケットコイル 19,800円
エイプマンパッド310 24,200円
源ベッドハイグレード 31,900円
トゥルースリーパー プレミアケア 29,480円
エムリリー優反発三つ折り 34,078円
ブレスエアー敷布団ネオシンプルセット 41,690円
マニフレックス メッシュウィング 47,190円
雲のやすらぎ 49,800円
モットン 49,800円
Nスリープ ハード H1-02CR 49,900円
無印良品高密度ポケットコイルマットレス 54,900円
西川エアー01 60,500円
ムアツ布団2フォーム90 58,300円
スリープマジック 54,890円
エマスリープ 60,000円
テンピュール フトンシンプル 60,500円
コアラマットレス 82,000円
ネルマットレス 90,000円
シーリー エッセンシャルズTT 104,500円
東京ベッド rev7 ブルーラベル 104,500円
アソート7 SO/HA P750 124,300円
シモンズ ゴールデンバリュー 132,840円
サータ ポスチャーノーマル 148,500円
東京スプリング アワーグラス1 148,000円
フランスベッド ライフトリートメントLT-5000 154,000円
日本ベッド シルキーポケット 192,500円

マットレス 値段 ダブル

ダブルサイズで目安となる値段を表にしました。

タンスのゲン高反発マットレス 3つ折りタイプ 8,999円
GOKUMINポケットコイル 22,800円
エイプマンパッド310 28,600円
源ベッドハイグレード 36,900円
トゥルースリーパー プレミアケア 31,680円
エムリリー優反発三つ折り 40,678円
ブレスエアー敷布団ネオシンプルセット 55,990円
マニフレックス メッシュウィング 59,895円
雲のやすらぎ 59,800円
モットン 59,800円
Nスリープ ハード H1-02CR 59,900円
無印良品高密度ポケットコイルマットレス 69,900円
西川エアー01 77,000円
ムアツ布団2フォーム90 69,300円
スリープマジック 65,890円
エマスリープ 70,000円
テンピュール フトンシンプル
コアラマットレス 92,000円
ネルマットレス 105,000円
シーリー エッセンシャルズTT 126,500円
東京ベッド rev7 ブルーラベル 121,000円
アソート7 SO/HA P750 138,600円
シモンズ ゴールデンバリュー 154,440円
サータ ポスチャーノーマル 165,000円
東京スプリング アワーグラス1 168,000円
フランスベッド ライフトリートメントLT-5000 176,000円
日本ベッド シルキーポケット 214,500円

マットレス 値段 違い

「マットレスの値段の違いってなに?」

→主に素材と構造です。

ポケットコイルマットレスがわかりやすいので、安いマットレスと高級マットレスを比較してみましょう。

ニトリ かたさふつう ポケットコイルマットレス
サータ スプレンディッド
価格(シングル税込) 8,790円 528,000円
硬さ かため やわらかめ
厚み 20㎝ 48㎝
コイル配列 並行配列
並行配列・5ゾーン
コイル線径 1.8mm 1.3mmと1.5mm
コイルの数 495個 858個
コイルの長さ 不明(たぶん5.5インチ) 7.7インチ
層構造 10層 26層
詰め物の種類 高密度ウレタン
不織布
硬質綿
再生フェルト
ファイヤーブロッカー
ウール綿
高触感ウレタン
ウレタンフォーム
不織布
プロファイルスフレ
高弾性フォーム
その他 トッパーあり

ニトリのお手頃マットレスと、高級マットレス御三家の一つ、サータのハイエンドモデル「スプレンディッド」を比較してみます。

まず値段。60倍違います(笑)

硬さは高級品になるほど柔らかくなる傾向があります。

厚みは2.4倍違います。48㎝もあるとふつうのベッドに乗せると腰の位置より高くなってしまうかもしれません。上がるのが大変です。

コイルの配列は、並べ方は同じですが、サータは5ゾーン構造になっています。腰まわりと四辺により硬めのコイルを使うことで、へたりやすい箇所の耐久性をアップさせています。

コイルの数もだいたい値段に比例して多くなります。コイルの線径(太さ)とコイルの数を一緒に見ると、サータが細くてコンパクトなコイルがたくさん入っていることがわかりますね。細かい方が体圧分散が細かくできます。安いマットレスは細い缶コーヒーぐらいのコイルが並んでいるので、コイルの数が少ないです。

次にコイルの長さ。長さは硬さに直結します。長い方がストロークが長くとれるので、柔らかくふんわりした寝心地になります。ニトリは不明でしたが、このくらいの価格帯のポケットコイルマットレスだと5.5インチが標準サイズです。

続いて層構造。サータが2.6倍の層があります。だからこんなに分厚いんですね。

詰め物の種類も違います。サータはファイヤーブロッカーという難燃性の素材を挟んで防火性能を高めています。高級ホテルで多く採用されているだけありますね。ほかにもウレタンフォームだけでも3種類使用しています。

トッパーがついているのは高級マットレスの一番高いモデルによくあります。

スペック的にはこれだけの違いがあります。

じゃあ60倍寝心地がいいか?それは人によって違います。硬いマットレスが好きな人ならニトリのほうが寝心地がよく感じるでしょうし、寝心地は主観的なものなので、どれが○倍いい!とは言えません。

コスパを求める人なら50万のマットレスは不要です。

【ニトリ】かたさふつう ポケットコイルマットレス(EP 厚さ20cm)通販
こちらはニトリの公式通販ニトリネット、かたさふつう ポケットコイルマットレス(EP 厚さ20cm)のページです。店舗共通ニトリメンバーズカードでポイント獲得。
Sertaカタログ2021

マットレスの値段を決める要素

マットレスの値段を決める要素は複数あります。
1.サイズ
2.素材
3.構造
4.店舗の有無
5.広告費
6.製造国
7.ブランド
8.送料

このうち、一般的にスペックや睡眠満足度に直接かかわってくるのは2と3だけです。

そのため、コスパの良いベッドマットレスをゲットしたいなら、2と3の知識は必須です。

マットレスの値段を決める要素①サイズ

サイズが変わると値段もかわります。

ざっとしたイメージですが、シングルサイズを10000円とした場合、ほかのサイズはこんな感じです。

シングルサイズを1万円とした場合の価格 使用人数
シングル 10,000円 95-100cm 1人
セミダブル 13,000円 120cm 1人
ダブル 16,000円 140cm 1~2人
クイーン 20,000円 160cm 2人
キング 25,000円 180cm 2~3人

ふつうの日本人の体形なら、1人で寝るならシングルサイズで十分です。

アスリートのようながっちり体型や、身長が180㎝オーバーの体格の良い人だとセミダブル以上のほうがいいかもしれません。

二人で寝るなら、お部屋のスペースが許せばシングルサイズを2つくっつける方がコスパが高いです。クイーンだとしングル2つと同じ値段なのに30~40㎝も狭いし、隣の人の寝返りが気になります。ダブルは二人で寝るには狭いのでおすすめしません(ぴったりくっついて寝られるならアリですが)。

あとは厚みです。当然ながら厚いほうが詰め物が増えるので高くなります。ただしコイルマットレスとノンコイルマットレスは構造がまったく違うので単純比較はできません。

マットレスの値段を決める要素②素材

素材は値段を左右する要素の一つです。

素材ごとの価格帯を表にまとめました。

最安値 中心価格帯
ポケットコイル 8,000円 2~4万円
ボンネルコイル 5,000円 1~3万円
ウレタン 3,000円 8000~4万円
ファイバー 18,000円 5~8万円
ラテックス 18,000円 5~8万円

たとえばファイバーマットレスを選んだら、1万円以下では入手できません。

・ボンネルコイル
コイルを金網のように編んで面で支えます。ポケットコイルより構造が単純なので、ほかのスペックが同じならポケットコイルより3割ほど安いです。すべてのコイルが繋がっているので横揺れしやすいです。粗悪品はすぐギシギシいいます。パートナーの寝返りの振動が気になるようならやめておきましょう。

・ポケットコイル
コイル1つ1つが不織布のポケットに入って敷き詰められています。点で受け止めて体圧分散してくれるので、衝撃吸収力も優秀。構造が複雑で工数が多く技術も必要なため、高くなりがち。コイルの純度など(高鋼線orピアノ線・炭素保有量・マンガン保有量)によっても値段が変わります。以前は品質表示で確認できたのですが、品質表示規定の改定により確認できなくなってしまいました。

・ウレタンフォーム
石油由来のウレタンを発泡させて作ります。原料が1種類で加工が容易なため、もっとも安価です。さまざまなメーカーが参入していて、種類が豊富。マットレスにお金をかけたくないのなら、ウレタンマットレス一択です。ただし高品質なものから低品質なものまで幅が大きいので購入には注意が必要。
原料の混ぜ方や発泡のさせ方によって反発力を柔軟に変化させられます。高弾性・高反発・低反発の3種類の硬さがります。

・ファイバー
ポリエステルまたはポリエチレンのプラスチック樹脂を細い繊維状にしたものをアフロヘア―のようにくしゃくしゃにして作ります。100%人工素材で、おそらく原価はとても安いはずですが、値段は高いですね。丸洗いできるマットレスという他にマネできない付加価値がついているので、値段を下げたくないのかもしれません。多湿で四季がある日本独自の気候でも蒸れないマットレスです。

・ラテックス
ゴムの木から採取する樹液を加工して作ります。ゴムなので弾力性が高いです。天然素材なので高くなります。合成ゴムもあるにはありますが、耐久性に難があります。マットレスジャンルとしては非常にマイナーです。

素材が違うと重さも違いますし、お手入れのしやすさにもかかわってきます。

マットレスの値段を決める要素③構造

・ウレタン
密度と加工があります。

単純な直方体だと大きな塊からただ切り出すだけですが、スリット加工・ウェーブ加工・プロファイル加工などを施すと、その分工数が多くなり値段が高くなります。

密度が高いほど原料を多く使用しているので、高くなりますが、その分耐久性もUPします。密度が低いマットレスは安いですがスカスカで浮き沈みが大きくへたりやすいです。

○コイルマットレス
価格上昇要因は以下のようなものがあります。
・ゴージャスなキルティング(タック・アンド・ジャンプキルトなど)
・詰め物に羊毛などの天然素材(動物性・植物性)を使う
・詰め物の層が多い(フェルトやウレタンなど)
・詰め物に防ダニ加工の中綿やファイヤーブロッカーなどの機能性素材が使われている
・コイルが2層構造になっている
・通気性向上のためエアレット(空気孔)を設けている

厚みは一応参考にはなりますが、コイルが長いから厚いのか、詰め物が厚いから厚いのかは見た目ではわかりません。見掛け倒しの膨らませ方をしているものもあるので、断面の構造図をチェックしましょう。

なおトッパーや折りたたみ式のマットレスはほぼノンコイルマットレス、中でもウレタンとファイバーに限られます。

マットレスの値段を決める要素④店舗の有無

店舗を構えていると価格上昇要因になります。

マニフレックスやテンピュールなど高級ブランドにありがちですが、直営店やショールームを、展示会を運営していると、建設費用や店員の人件費、光熱費などバカにならない費用が発生します。

百貨店、イオン、東急ハンズ、激安家具店、専門店、格安インテリアショップなどに出品しても、場所代がとられるので実入りが少なくなります。

ユーザーにとってはサンプル品をお試しできる機会とあってありがたいのですが、その分が価格に反映されています。

楽天やAmazonなどのネットモールも同じ。商品が1つ売れるごとに15%程度の手数料が徴収されます。これらを差し引いても利益が出る値段に設定しないといけないので、当然価格に上乗せされます。

メーカー側からすると、公式サイトでネット直販をやるのがもっともコスパがいいです。保証期間延長やシーツの無料プレゼントなど、公式サイト限定特典をつけているメーカーも多いですね。ほかのショップで買われて手数料を献上するぐらいなら、ユーザーに還元して公式サイトから買ってもらおうという作戦です。買う側からすると得しかないのでぜひ利用しましょう。

マットレスの値段を決める要素⑤広告費

テレビCMやネット広告などの広告費は大小あれ、どこのメーカーも予算を投入しています。

エアウィーヴやトゥルースリーパーなど、マットレスに興味がない人でも知っているブランドは、テレビCMに巨額の広告費をかけています。特にエアウィーヴは浅田真央さんや錦織圭さんなどトップアスリートが出演する広告を年に何本もリリースしているので、金額も相当なものでしょう。

マットレスのことを調べ始めて目につくようになる商品(モットンや雲のやすらぎなど)は、YouTubeや無料アプリで目にするようなネット広告に重点的に資金を投下しています。マットレスのことをネットで調べた人だけにピンポイントで表示されるようにしているので、一般認知度は低いものの、費用対効果の高い、賢い広告費の使い方をしています。

いずれにせよ、広告費は価格に上乗せされています。コスパの高い買い物をしようと思ったら、広告があまり出稿されていない商品を自分で見つける必要があり、難易度が高いです。

マットレスの値段を決める要素⑥製造国

「中国製はイヤ!」という人は多いですが、コスト削減して価格競争力をつけるには、人件費の安い国で製造しないといけないので仕方ない部分もあります。

決め手は国内で製造しているかどうかというより、製造国の人件費が安いかどうかです。

中国やベトナムなど東南アジアで生産していると安くなります。経済連携協定がある国だと輸入関税が減免されるので会社にとってはオトクな生産地ですね。

イタリア産のマニフレックス、日本製の日本ベッド、オーストラリア産のコアラマットレス、米国産のサータ、デンマーク製のテンピュールなどはすべて高いですね。人件費が高いからです。

他にも研究開発費に投資しているところもあります。研究施設を自前で設置していると設備投資や研究員の人件費が発生しますし、学会への出張旅費もバカになりません。

あとは製法やファスナーに関する実用新案や特許を持っているところだと毎年ライセンス更新料がかかりますね。

マットレスの値段を決める要素⑦ブランド料

ブランド料は内訳がわかりにくいのですが、高級ブランドでは含まれています。

たとえば、まったく同じ製法のバッグでもエルメスやバーキンとノーブランドのバッグでは何倍も何十倍も値段が違います。

もちろん高級ブランドならではのアフターケアなどもついてきますが、さすがにコスパが悪いです。

贅沢したい、最高級ブランドのステータスが欲しい人にとっては惜しくないのでしょうが、機能を求める人にとってははっきり言ってムダです。

コスパを追求する人は10万円以上の高級マットレスには手を出さないようにしましょう。

マットレスの値段を決める要素⑧送料

地味に送料も財布を圧迫します。

小物なら気にならない金額ですが、マットレスは大物家具の部類で、5千円程度なら安い方。へたすると2万円ぐらいになることもあります。

買い物かごに入れて清算するときになってはっと気づくことが多いです。

送料無料の場合でも騙されてはいけません。配送料が織り込み済みの価格になっています。

ニトリなどいくつかのメーカーでは、圧縮ロール梱包にしてサイズを縮めて送料を安くしているところもあります。「ドアやエレベータにつっかえて入らない!」なんて心配がないので安心ですね。

マットレス 値段 安い

「とにかく安いマットレスがほしい!」

という価格重視の人は、
・激安家具店
・格安インテリアショップ
・楽天
あたりを回りましょう。

品質を問わず、寝具として必要最低限の役割を果たしてくれて、ノーブランドでいいなら、3000円台からあります。

間違ってもベッド専門店にいってはいけません。高い商品しか置いていません。

ここでは1万円以下のリーズナブルなマットレスを紹介します。

・タンスのゲン
家具全般を取り扱っていますが、マットレスも1万円以下で多数のラインナップが出ています。
おすすめは高反発三つ折りマットレス。なんと4999円で買えちゃいます。
ウレタン密度は多少低いですがこの値段なら目をつぶれるレベル。

・ニトリ
お値段以上のキャッチフレーズで大人気。

おすすめは「かたさふつう ポケットコイルマットレス」。ポケットコイルマットレスが1万円以下で購入できるブランドはなかなかありません。

【ニトリ】かたさふつう ポケットコイルマットレス(EP 厚さ20cm)通販
こちらはニトリの公式通販ニトリネット、かたさふつう ポケットコイルマットレス(EP 厚さ20cm)のページです。店舗共通ニトリメンバーズカードでポイント獲得。

安価なマットレスはあまり耐久性を期待してはいけません。
3~5万円で中堅モデルといったところ。
10万円オーバーのマットレスだと10年スパンで使えます

タイトルとURLをコピーしました