マットレスの洗い方!自分でできるクリーニングとお手入れ

マットレス 洗い方 お風呂(汚れ別)

シャワー
マットレスのお風呂での洗い方を解説します。

まず大前提として、お風呂で洗えるマットレスはファイバー製と、ごく一部のウレタン製のみです。

ほとんどのウレタンマットレスは、お風呂で洗えません。「水洗い可」などの記載があるマットレスのみにしてください。水洗いできないマットレスを洗ってしまうと、ボロボロになったりちぎれたりして使い物にならなくなります。

○ウレタンマットレスの洗い方

1.マットレスを浴槽に入れる

2.その上から人肌程度のぬるま湯を流す
マットレスが水を吸いきったら止めます。

3.洗剤を垂らす
中性洗剤をひと回し。

4.足で踏む
上から下までまんべんなく何度も踏んでいきます。
泡が全体的に行きわたり、洗剤が浸透したら、終了です。

5.すすぎ
浴槽に水を入れつつ、また踏みます。シャワーのほうが有効かもしれません。泡がなくなるまですすいでください。

6.乾燥
水を止め、端から踏んで水分を抜いていきます。雑巾のように絞ると変形することがあるのでおすすめしません。

その後、風通しの良い日陰において自然乾燥させます。乾燥機やドライヤーなど熱風で乾かすのはNGです。天日干しもおすすめしません。時間はかかっても陰干しがベストです。厚さにもよりますが、最低半日は干して、水分の抜け具合を確かめてください。水分は下に溜まるので、干したときに一番下になっている場所を触って、湿っていなければOKです。

○ファイバーマットレスの洗い方
シャワーで水洗いします。

基本的にはこれで十分ですが、汚れが気になるなら上記のウレタンマットレスと同じ踏み洗いの工程を行ってください。洗剤は中性洗剤です。

洗ったら、乾かす前に、軽くトントンと床に打ちつけて水分を落としましょう。傘を畳むときと同じ要領です。大粒の水滴を残さないことで、水分が早く蒸発します。

乾かすのもウレタンマットレスと同じ陰干しです。ただし乾くスピードはウレタンと比べて段違いに早く、1~2時間程度ですっきり乾きます。

マットレスの洗い方①カビ

カビ

マットレスについたカビを消毒用エタノールでとる方法:
1.エタノールをスプレーボトルに入れて、カビ部分にスプレーする(ビショビショになるくらいが目安)
2.1時間ぐらい放置
3.人肌ぐらいのぬるま湯に雑巾や布をつけて絞り、カビ部分にトントン叩き洗いをする
4.ドライヤーで乾かして陰干しする

80%程度のアルコールはカビを殺す効果が高いので、マットレスに限らずカビ全般に使えます。揮発性が高いのですぐに蒸発して乾くのもマットレス向き。

マットレスの洗い方②生理など血液汚れ

生理や鼻血などの血液がポタポタたれてマットレスを汚してしまったとき。

血液はタンパク質が含まれているので普通の汚れと少し違います。また基本的に血液は時間が経つと固まるので、汚れ落としはスピードがものをいいます。

何はともあれ、凝固する前にできるだけティッシュ等で拭き取りましょう。

それからは道具を使って浮かせて取ります。染み抜きの要領です。

セスキ炭酸ソーダ

用意するもの:
・セスキ炭酸ソーダ
・水
・バケツ

シーツの汚れはセスキ炭酸ソーダで落とせます。

セスキ炭酸ソーダを使った血液シミの落とし方:
1.水1リットルを用意する
2.水にセスキ炭酸ソーダを小さじ1杯入れる
3.シーツを一晩漬ける
4.洗濯機で洗う

これできれいさっぱり!

重曹

用意するもの:
・重曹
・水
・使わない歯ブラシ(やわらかめ)
・タオル1枚

重曹を使ったマットレスの血液シミの落とし方:
1.水分をできるだけ拭き取る
2.重曹と水を混ぜてペースト状にしたものを汚れに塗る
3.30分放置
4.やわらかめの歯ブラシで優しくこする
5.濡らして硬く絞ったタオルでつまんで揉むように拭く
6.陰干し

塩も重曹と同じで、血液汚れを落とせます。

用意するもの:
・塩
・水
・タオル3枚

塩を使ったマットレスの血液シミの落とし方:
1.塩水を作る
2.タオルに塩水を染み込ませる
3.血液汚れにトントン叩き洗いをする
4.別のタオルにふつうの水を染み込ませ、あまり絞らずにトントン叩き洗いをする
5.乾いたタオルで水を拭き取る
6.陰干し

マットレスの洗い方③おねしょ

赤ちゃんやお年寄り、ペットのおねしょ対策はクエン酸でできます。

手順は以下。

1.スプレーボトルに水200ccと小さじ1杯のクエン酸を入れてクエン酸水を作る
2.おねしょ部分に吹きかける
3.タオルや紙おむつで水分を吸い取る
4.ニオイやシミがなくなるまで2と3の繰り返し

なぜクエン酸でおしっこの臭い除去や染み抜きができるのか? それは中和反応によるものです。ニオイの原因であるアンモニアはアルカリ性。クエン酸は酸性。この二つが混ざることでアンモニアが分解中和されてニオイがなくなるというわけです。

マットレスの洗い方④ダニ

ダニ

ダニを除去するには、以下の3ステップで行います。

1.布団乾燥機でダニ退治
ダニは高温に弱く、50度程度で死滅します。

2.掃除機でアレルゲンを吸い取って除去
死骸やフンを取り除きます。

3.忌避剤や捕獲器具で予防
ダニ捕りスプレー・ダニ捕りロボ・除菌ロボットなどで再びダニが来ないようにするための対策を行います

関連記事:マットレスのダニ対策

マットレスの洗い方⑤寝汗のシミ

寝汗や皮脂がマットレスやシーツにつくと空気に触れて変色して黄ばみになることがあります。

寝汗の黄ばみにはワイドハイターなどの漂白剤が有効です。洗濯時に使いましょう。

皮脂の黄ばみは重曹が有効です。皮脂に含まれる油を除去する必要があるので、油を分解してから洗濯します。

重曹と水を練ってペーストを作り、塗りつけて放置してから洗濯機で洗いましょう。

マットレスの洗い方⑥下痢

赤ちゃんの下痢やうんちで汚してしまった場合は、除菌が重要です。

1.ゴム手袋(使い捨てのプラスチック手袋でもOK)をする
2.固形物を取り除く
3.屋外または風呂場でぬるま湯の流水で汚れを流す
4.バケツに酵素入り洗剤(ライオンのブルーダイヤなど)と酸素系漂白剤(ワイドハイターなど)を入れて1時間ほど放置
5.洗濯機で洗う

マットレス 洗い方 (素材別)

スプレー

マットレス素材はデリケートなため、ソフトに洗う必要があります。

まず説明書か洗濯表示を見て、水洗い可能かどうか確認しましょう。そもそも自宅で洗えなかったというパターンも珍しくありません。

どのマットレスにも共通する「NGな」洗い方は、

・コインランドリーや洗濯機で洗う
・高温で洗う

です。

洗濯機は大物洗いでも入れてはいけません。洗濯ネットに入れるとか入れないとかの問題ではなく、自動洗浄だと加減がきかないところが問題です。

特にドラム式洗濯機は重力を利用して叩きつけて汚れをを落とす洗い方なので、マットレスにダメージを与えてしまいます。

布団だと布団洗い専用の洗濯機で棒に巻き付けて固定して洗うやり方がありますが、マットレスは変形した状態でそのような環境にさらされると、変形したまま元に戻らなくなる可能性があります。

高温で洗うものの例は、
・スチーム洗浄
・バキューム洗浄
・アイロン

たった1回の洗濯でもう使えなくなって買い替えをしなければならなくなることも。お金の無駄になるのでなるべく避けたいところですね。

ファイバーマットレスの洗い方

ファイバーマットレスはシャワーで丸洗いできます。

手順は以下。

1.カバーをはがす
2.カバーは洗濯機で洗う
3.本体を風呂場に持ち込み、シャワーで洗う(汚れが気になるなら中性洗剤でつけ置き洗い)
4.日陰で乾かす
5.カバーを装着

シャワーの温度は40℃までにしましょう。熱湯だと変形したり弾性が弱くなる可能性があります。

ウレタンマットレスの洗い方

ウレタンマットレスは家庭で水洗いできません。

特にトゥルースリーパーなどの低反発マットレスは水につけると脆くなり簡単に破れます。

脱水でもしようものなら変形して元に戻らなくなります。

(ごく稀に水洗いできるウレタンマットレスがありますが、例外です)

そのため、水洗い以外のお手入れをする、またはプロのクリーニング店に依頼するのどちらかになります。

しみついた汚れは、濡らして固く絞ったタオルでトントン洗いをします。

スポンジの合間に髪の毛などのゴミが入り込んだ場合は、掃除機で吸引しましょう。

どうしてもニオイが取れない場合は、思い切って買替も検討しましょう。

コイルマットレスの洗い方

コイルマットレスは手洗いできません。

構造がウレタンやファイバーと比べて複雑なので、ちょっと分解してみるというわけにもいきません。

そのため、クリーニング店に持ち込んで洗浄してもらう必要があります。

アルカリ電解水などプロの道具を持っているので、頼りにしましょう。その代わり高いですが・・。

もっとも、洗わないといけないほどの汚れはごくわずか。

嘔吐や飲み物を派手にこぼしてしまってニオイがとれないといったときぐらいで、たいていはカバーの洗濯で解決できます。

マットレスは洗濯しないと汚い?

「マットレスは洗濯しないと汚いの?」

→そんなことはありません。

カバーの洗濯と陰干しさえきちんとしていれば、マットレス本体は清潔に保たれているので、洗濯する必要はありません。

汗っかきな体質だと水分の浸透が早いので頻繁にシーツの洗濯やマットレス本体の陰干しをしたほうがいいですね。

窓を開けない部屋・窓がない部屋・地下室など、湿気がたまりやすく空気がよどみがちな環境だとカビが生えやすいので、水とりぞうさんなどの除湿剤を置く・扇風機で空気を動かすなど対策をしましょう。

「そういうのも面倒だけど清潔に長く使用したい!」ということならマットレスプロテクターの使用をおすすめします。湿気や汚れからマットレスをガードしてくれるので、汚れを気にする必要がなくなります。

マットレス 洗い方 クリーニング

マットレスを洗いたいとき、クリーンライフパートナーなど専門業者にクリーニングしてもらうという手もあります。

住んでいる地域で検索してみましょう。

ただし、料金が洋服のクリーニングと比べてかなり高いです。5~6千円で済めばラッキーで、ふつうは1万円以上します。

安いマットレスなら、思い切って買いなおすほうがオトクになる場合もあるので、業者のホームページに書いてある見積金額をチェックして、お財布と相談しましょう。

マットレス 洗い方 お手入れ(頻度別)

マットレスを長持ちさせるお手入れ方法を頻度別に紹介します。

マットレスのお手入れ①掛布団をめくる(毎日)

最もお手軽なのは、掛布団をめくる方法です。

睡眠中に体から放出された水分は、掛布団や敷布団に吸収されています。起床後も掛け布団をかけたままだと、水分が寝具の内側にこもったままになります。

そこで、掛布団をめくって、湿気を開放します。さらに窓を開けて換気します。これで内側の表面にたまった水分は払われていきます。

起きたら掛け布団をめくったまま放置すればいいのでラクですね。

毎日の習慣にしてしまいましょう。

マットレスのお手入れ①陰干し(週1回)

陰干しはマットレスのお手入れで欠かせない作業で、あらゆる種類のマットレスで使える方法です。

マットレスを敷きっぱなしにしていると、底面に水分がたまりがちになります。

寝汗などの水分は重力に従って下へ下へと伝っていくので、いきつくところは底面です。

底にたまると、掛布団をめくっても水分は抜けていきません。

そこで、陰干しをします。

方法は、マットレスを持ち上げて壁に立てかけ、窓を開けて空気が循環するようにします。これだけです。2時間~半日程度そのままにしておきましょう。

大事なのはマットレスの裏面を空気に触れさせることです。これでたまった水分が蒸発していきます。

欲を言えば、よく晴れた日に日陰のベランダで干すことができれば最高です。

普通の敷布団だと日光浴をさせたいところですが、マットレスの素材はウレタンやファイバーなど紫外線で劣化が促進されるものが多いので、よほど濡れたとき以外は天日干しはおすすめしません。

陰干しの頻度は週1回を目安に行いましょう。

晴れた休日は起きたらマットレスを立てかける習慣にしておくと良いですね。

すのこベッドだったら陰干しをしなくてもいい?

ここで、

「すのこベッドだったら干さなくていいの?」

と疑問に思うかもしれません。

すのこベッドだとマットレスの底面が半分くらい露出しているので、空気に触れています。たしかに干さなくてもいいように思えますね。

しかし、すのこベッドを使っていても干したほうがいいです。

理由は、空気の循環不足です。

すのこベッドでもカビが生えることがあります。

ベッドの下はマットレスで蓋をされているので、空気が動きにくいのです。

そのため、陰干しは同じようにやったほうがいいです。

マットレスのお手入れ②ローテーション(2~3ヶ月に1回)

マットレスのへたり防止策として、ローテーションをします。

頻度は陰干しほど頻繁でなくてよく、2~3ヶ月に1回で十分です。

やり方は、マットレスの表裏や上下を入れ替えます。

マットレスで一番へたりやすい部分は腰です。理由は一番体重がかかるから。

体の重さは均等ではありません。全体重の44%が腰に集中しているといわれます。

均一な構造なら、一番重いものを乗せられている場所から弱っていきます。

そこで、マットレスをひっくり返すことで、荷重がかかる場所をずらします。ダメージを複数個所に分散させることで、へたりを遅らせる作戦です。

ローテーションできないマットレス

種類によっては、ローテーションができないマットレスがあります。

より正確にいうと、ローテーションは可能ですが、寝心地が変わってしまうのでおすすめしないマットレスがあります。

上下をひっくり返せないマットレスは、上と下で硬さが違う場合です。

例:エアウィーヴS-LINE

エアウィーヴS-LINEは、硬さが部位によって3段階に分かれています。

頭~肩:やわらかめ
腰:かため
脚:ふつう

上下をひっくり返すと、

頭~肩:ふつう
腰:かため
脚:やわらかめ

となります。

寝心地が変わってしまいますね。

デフォルトでベストな寝心地・寝姿勢になるように設計されていますが、ひっくり返すことでメーカーが狙った効果が出せなくなります。

次に、表裏をひっくり返せないケースは、両面仕様になっていないマットレスです。

例:テンピュール フトンシンプル

フトンシンプルに限らずですが、テンピュールのマットレスの構造は最上層にふわふわ低反発層、最下層に硬めのベース素材を配置しています。

この構造によって、うずもれるような寝心地でありつつ、支えるところはしっかり支える仕組みができています。

なのに、裏表をひっくり返すと、硬めのベース層の上に寝ることになります。クッション性があまりなく、体育館のマットの上に寝ているようなゴワゴワした寝心地になります。

裏返してはみたものの「あれ?なんか寝心地が違うな?」と思ったら、構造をチェックしましょう。両面仕様の場合は「両面仕様」または「リバーシブル」といった記載があります。それがない場合は、裏面に寝るのは推奨されません。

マットレスのお手入れ③シーツの洗濯(週1回)

シーツの洗濯は、汚れ・カビ・ダニ対策として有効です。

人は寝ている間にさまざまな老廃物を排出します。

・汗
・フケ
・垢
・毛髪
・角質
・皮脂

など。

これらが真っ先に付着するのはシーツです。

汚れが付いたまま放置しておくのは、カビやダニにごちそうをたっぷり用意して待っているようなもの。

カビやダニを発生させないためにも、シーツはこまめに洗濯して汚れをリセットしましょう。

陰干しと合わせて休日の習慣にしてしまうといいですね。

マットレスのお手入れ④掃除機がけ(月1回)

上記のほとんどの汚れはシーツで防げますが、時折、繊維の間を抜けてくることがあります。

そうした汚れを除去するには、マットレスの掃除機がけが有効です。

カバーをはがして掃除機をかけます。

普通の掃除機でもいいですし、レイコップでもロックボットでもいいです。

マットレスのお手入れの頻度を減らす便利アイテム

「お手入れのやり方はわかったけどめんどくさい!週1回とかできない!放置でいけるラクな方法ないの?」

というズボラさんのために、マットレスのお手入れの頻度を減らす便利アイテムを紹介します。

マットレスプロテクター

完全放置でマットレスの清潔をキープしたいならマットレスプロテクター一択です。

マットレスプロテクターとは、名前のとおりマットレスを守ることに特化した寝具です。防水機能があり、汚れを通しません。

シーツに似ていますが、汚れ防止のみを目的としていて、シーツのように肌触りを向上する役割はありません。そのためシーツとの併用必須です。

種類は、

・ボックスシーツタイプ
・フラットシーツタイプ
・ジップアップタイプ

とありますが、ジップアップタイプをおすすめします。

ジップロックの要領で、マットレスを包んで外界から遮断し、全方位から完全ガードします。

念のために乾燥剤も入れておけば完璧です。

シーツなどに比べると高いですが、お手入れの手間を省いて時間を作り出すための投資として考えると、費用対効果は高いです。

関連記事:マットレスプロテクターおすすめ

敷きパッド

敷きパッドはお手軽な敷き寝具です。

シーツと同じ用途ですが、ペラペラのシーツと違って、若干の厚みとクッション性があり、寝心地の向上が見込めます。

マットレスの四隅にゴムで留めるタイプと、裏面に滑り止めがついているタイプがあります。

シーツと同じく洗濯機で洗うことを前提としているので基本ウォッシャブルです。

ちなみに「ベッドパッド」という似た名前の商品がありますが、違う用途なので買うときは気を付けましょう。

ベッドパッドはマットレスに水分を通さないため、シーツの下に敷く補助具です。広いくくりでマットレスプロテクターの範疇に入れられることもあります。

除湿シート

除湿シートはマットレスの下に敷いて、マットレスの底面にたまった水分を吸収するシートです。

水分が溜まると定期的に干す必要があります。

マットレスの下から引っ張り出してきて、干して、またマットレスの下に敷くのが手間でないなら導入してもいいですが、マットレスプロテクターがあれば不要です。

ROCKUBOT

ルンバの布団版ともいえるROCKUBOT。

敷布団と掛布団の間に潜り込ませて全自動でお掃除してくれます。

クラウドファンディングで1100万円の支援が集まって商品化したとのこと。需要あるんですね。

気になる効果ですが、ウイルス・細菌・ダニの除菌率はなんと99.91%。

太陽光の1600倍の強さの紫外線と、ダニなどの害虫にしか聞こえない超音波で除菌します。

薬剤を使わないので、赤ちゃんがいる家庭なら、ダニ除けスプレーより重宝するかもしれませんね。

ほったらかしで布団の防ダニと除菌をしてくれるのでレイコップよりラクです。

ちょっとした掃除機ぐらいのお値段しますが、家事の時短を目指すなら選択肢にあってもいいですね。

タイトルとURLをコピーしました