マットレスのノウハウ

【ニトリのマットレス回収】引き取りサービスの処分は無料?

本サイトには広告が含まれています

ニトリのマットレス回収は無料?

安さ

この記事は、

「マットレスを無料で処分したい」
「ニトリのマットレスを引きとってもらいたい」

という人に向けて書いています。

まず、ニトリのマットレス回収サービスは、通常だと4,400円の費用がかかります。

しかし、新生活応援キャンペーンなどの特別な場合には無料となることもあります。

春ごろに処分を考えている人は、ニトリ公式サイトで新生活応援キャンペーンが実施されているか確認してみましょう。

この記事では他にも、ニトリのマットレス回収サービスに関する費用や手続きについて詳しく解説します。

もしもマットレスを処分したいと考えているなら、この記事を読むことで以下のようなメリットが得られます。

・ニトリのマットレス回収サービスの具体的な手続きや申し込み方法が分かる
・回収にかかる費用や無料の条件がわかる

ニトリのマットレス回収に関する疑問や不安を解消するために、この記事をぜひ最後までお読みください。

ニトリのマットレス引き取りサービス

マットレス引き取り

ニトリでは、マットレスを含む大型家具の引き取りサービスを提供しています。

このサービスを利用すると、不要なマットレスを手軽に処分することができます。

引き取りサービスは、通常商品の配達と同時に行われます。

商品を購入する際に、不要なマットレスを引き取ってもらいたい旨を伝えることで手続きが可能です。

ただし、引き取り対象は配送商品と同容量または同数量のものに限られます。

また、引き取りの申し込みは商品購入時に行う必要があります。

引き取り料金については、一般的には別途費用がかかる場合がありますが、一部キャンペーンなどで無料となることもあります。

ニトリのマットレス引き取りサービスを利用することで、環境に配慮しながら手間を省いてマットレスを処分することができます。

参考:ニトリ公式:マットレス引き取りサービス

ニトリでマットレスを買い替えしたときに引き取り

ニトリのマットレス引き取りサービスは、新しいマットレスをニトリで購入し、それと同時に古いマットレスを引き取ってもらう場合に利用することができます。

具体的な条件としては、ニトリでマットレスを買い替える際に、引き取りサービスを申し込むことが必要です。

引き取りサービスを利用するためには、ニトリの店舗で新しいマットレスの購入を行い、同時に引き取りの手続きをお願いする必要があります。

この条件を満たすことで、古いマットレスを便利に引き取ってもらうことができます。

申込タイミングは商品購入時

ニトリのマットレス引き取りサービスを利用するための条件の一つは、申込タイミングです。

このサービスを利用するには、マットレスを購入する際に同時に引き取りの手続きを行う必要があります。

つまり、ニトリの店舗または販売サイトでマットレスを購入する際に、引き取りサービスの申込を行うことが条件となります。

申込タイミングが商品購入時となるため、忘れずに引き取りの手続きを済ませることが重要です。

ニトリのマットレス引き取りサービスは、購入した新しいマットレスと同時に古いマットレスを引き取ってもらうことができる便利なサービスです。

引き取り対象は購入商品と「同容量」または「同数量」のもののみ

ニトリのマットレス引き取りサービスを利用する際の条件の一つは、引き取り対象の制限です。

このサービスでは、購入したマットレスと同じ容量または同じ数量のマットレスのみを引き取ってもらうことができます。

つまり、購入したマットレスと同等のサイズや数量のマットレスであれば引き取り可能です。

しかし、購入したマットレスよりも大きなサイズのマットレスや、数量が異なるマットレスは引き取り対象外となります。

例えば、トッパーを購入してベッドマットレスを引き取ってもらうことはできません。

ニトリのマットレス引き取りサービスを利用する際には、引き取り対象の条件をよく確認し、対象に該当するマットレスを選ぶようにしましょう。

ニトリでマットレスを引き取ってくれないパターン

マットレスを引き取ってくれない

ニトリでマットレスを引き取ってくれないパターンは以下のようなものがあります。

・引き取りサービスを事前に注文していない
・商品を購入せず引き取りのみを依頼した
・マットレス以外の家具(ソファ、ベッドなど)を購入した
・購入したマットレスが1つなのに2つ以上の回収を依頼した
・商品配達住所と引き取り住所が違う

以下、順に解説します。

①引き取りサービスを事前に注文していない

ニトリでは、マットレスの引き取りサービスを利用する場合、事前の注文が必要です。

つまり、引き取りを希望するマットレスを購入した際に、同時に引き取りサービスの注文も行う必要があります。

事前に注文せず、商品配達の段階になっていきなり、配達員に「古いマットレスを引き取ってください」と申し出ても、ニトリはマットレスの引き取りを受け付けることができません。

ですので、マットレスを購入した際には、引き取りサービスの注文を忘れずに行うことが重要です。

引き取りを希望する場合は、ニトリの公式ウェブサイトや店舗で引き取りサービスの手続きを行いましょう。

事前の注文を怠ると、引き取りサービスを受けることができない可能性があるため、注意が必要です。

②商品を購入せず引き取りのみを依頼した

ニトリのマットレス引き取りサービスは、商品の購入者に対して提供されるサービスです。

そのため、商品を購入せずに引き取りのみを依頼することはできません。

ニトリでは、商品と引き取りサービスのセットとして提供しているため、商品の購入が前提となります。

商品を購入する際に、同時に引き取りの手続きを行うことで、マットレスの引き取りが可能となります。

もし商品の購入を行わずに引き取りのみを希望する場合は、ニトリの引き取りサービスを利用することはできません。

商品を購入してから引き取りの手続きを行いましょう。

③マットレス以外の家具(ソファ、ベッドなど)を購入した

ニトリのマットレス引き取りサービスは、商品の配送と同時に行われるため、マットレス以外の家具を単独で購入した場合は引き取りサービスの対象外となります。

ニトリでは、商品の配送と引き取りをセットで提供しており、配送された商品と同じ容量または数量のものを引き取ることができます。

そのため、例えばソファやベッドなどの他の家具を単独で購入した場合は、それらの家具の引き取りはできません。

ニトリのマットレス引き取りサービスを利用する場合は、対象となるマットレスを商品として購入し、その配送と引き取りを同時に依頼する必要があります。

④購入したマットレスが1つなのに2つ以上の回収を依頼した

ニトリのマットレス引き取りサービスでは、購入したマットレスの数量と同じ数量の回収を依頼することができます。

しかし、1つのマットレスを購入した場合に2つ以上の回収を依頼することはできません。

ニトリの引き取りサービスは、配送された商品と同じ容量または数量のものに限定されています。

したがって、1つのマットレスを購入した場合は1つのマットレスの回収が可能ですが、2つ以上の回収を依頼することはできません。

引き取りサービスを利用する際には、購入した商品の数量と回収を依頼する数量が一致していることに注意してください。

⑤商品配達住所と引き取り住所が違う

ニトリのマットレス引き取りサービスを利用する際、商品の配達住所と引き取り住所が一致していることが必要です。

通常なら問題ありませんが、引っ越しの時は要注意です。

引越しを行ったり、引き取り先の住所が変更された場合には、ニトリの引き取りサービスは利用できません。

配達員は、荷物を配達した「ついでに」旧家具を引き取るのであって、「わざわざ」別の場所に赴いて回収をすることはありません。

商品を購入する際には、引き取り住所と配達住所が一致していることを確認しましょう。

引越しや住所変更がある場合には、引き取りサービスの利用は難しいかもしれませんので、別の処分方法を検討する必要があります。

ニトリ以外でスプリングマットレスを回収・処分してもらえるところ

ポケットコイル

ニトリ以外でスプリングマットレスを回収・処分してもらえるところを紹介します。

マットレス購入時に旧マットレスを引き取り:
・ナフコ
・無印良品
・IKEA
・エアウィーヴ
・フランスベッド
・ディノス
・ビーナスベッド

その他:
・リサイクルショップ
・買い取り業者
・ヤフオクやメルカリで売る
・廃品回収業者
・引越し業者(引っ越し時)
・ジモティーで引き取り先を募る

詳細は以下の記事で解説しています。

関連記事:マットレスの処分方法!費用は無料?ベッドマットレスを回収してもらうには

ニトリのかんたん分別マットレスの紹介

ニトリには「かんたん分別マットレス」という商品があります。

従来のスプリングマットレスは処分が非常に面倒でしたが、この商品は素人でも道具いらずであっという間に分解できる点が評価され、グッドデザイン賞を受賞しています。

分解手順は以下のとおり。

1.ファスナーを開く
2.詰め物をはがす
3.ミシン目に沿って不織布をはがす
4.コイルをポケットから抜く
5.それぞれの素材を分別

2人がかりで6分で解体完了するのこと。まさに劇的なスピードです。

これならクリーンセンターに重いマットレスを持ち込む必要もなく、家の中だけですべて完結します。

大学進学や単身赴任で一人暮らしする場合など、永住しないことがわかっている場合に購入を検討してもいいかもしれませんね。

参考:ニトリ公式:かんたん分別マットレス

-マットレスのノウハウ