雲のやすらぎのカバーやシーツは専用?市販で代用

雲のやすらぎ カバー 必要?

「そもそも雲のやすらぎにカバー(シーツ)って必要なの?」

カバーなしで寝られるならそれが一番ですよね。

しかし、カバーは必須です。

なぜなら、雲のやすらぎは汚しても洗えないからです。

雲のやすらぎはウレタン素材で水に弱く、無理に水洗いすると劣化が早まります。

日常生活では、

・コーヒーをこぼした
・赤ちゃんがおねしょをした
・布団の上で吐いてしまった

など、汚れる要素はたくさんあります。

それでなくても、ふつうに寝ているだけで、寝汗や垢、毛髪など、人間の体からは日々老廃物が排出され、敷布団は汚れていきます。

シーツをかけておけば、シーツを洗濯するだけでこれらの老廃物の汚れを一掃できます。

また、上に挙げたような激しい汚れも、シーツをかけておけば浸透を少なくして敷布団へのダメージを軽減させることができます。

ということで、面倒かもしれませんがシーツは必須です。

雲のやすらぎ カバー 市販シーツの選び方

雲のやすらぎの市販シーツの選び方を解説します。

失敗しないポイントは、フラットシーツではなくボックスシーツを選ぶことです。

雲のやすらぎは厚みが17㎝もあるので、フラットシーツを選んでしまうと、底面に折り込む幅の余裕が7~8㎝しかありません。

(※シーツはシングルサイズだと150㎝×250㎝が一般的です)

これだと寝返りを打つたびにシーツが動いて、朝起きたときにはシーツがずれている、寝るときにまたシーツをなおす・・・というのを繰り返すことになります。

しかし、ボックスシーツなら、裏面のゴムの収縮力で固定されるので、分厚い雲のやすらぎでもしっかりシーツが固定され、ずれる心配はありません。

余計なストレスを避けたいなら、ぜひボックスシーツをチョイスしましょう。

雲のやすらぎ カバー ボックスシーツ

雲のやすらぎにおすすめのボックスシーツを紹介します。

・無印良品 綿洗いざらしボックスシーツ
Amazonでも買える無印良品のシーツです。オーガニックコットンを使っていて、洗い加工済。

マチ(厚み)も25㎝程度までOKなので、厚みが17㎝ある雲のやすらぎをすっぽり包めます。

雲のやすらぎ カバー 敷きパッド

「雲のやすらぎにはボックスシーツがおすすめ!」とさんざん力説してきましたが、実は敷きパッドを選ぶという手もあります。

敷きパッドは四隅のゴムで固定できますし、洗濯の際の取り外しも楽々。

洗濯ものとしてはちょっとかさばりますし乾きにくいですが、そこだけ目をつぶれば、立派にシーツの代わりを果たせます。

ということで、敷きパッドも地味におすすめです。

迷ったら西川のものを選んでおけばハズレはありません。

雲のやすらぎ カバー 専用

雲のやすらぎの別売り専用カバーを紹介します。

最初にいっておくと、専用カバーを購入するのはあまりおすすめしません。

理由は高いからです。

商品名「3重ガーゼBOXシーツ」

無添加・無塩素・無漂白の「赤ちゃんが舐めても大丈夫」な高い安全性をウリにしたシーツです。通気性や吸水性も優れていて、オールシーズン快適。

ただし・・・

シングル5,980円
セミダブル6,980円
ダブル7,980円

・・・と、なかなかのお値段。

楽天でふつうに買えますし、レビュー評価も悪くありませんが、カバー1枚に6000円ってちょっとためらってしまう金額ですよね。

市販のボックスシーツなら2000円ぐらいで入手できます。お値段1/3。

特に理由がない限りは市販シーツをおすすめします。

関連記事:雲のやすらぎプレミアムの評判

タイトルとURLをコピーしました