GOKUMINの枕の口コミ評判。ストレートネックにおすすめの低反発

GOKUMINの枕のおすすめポイント

GOKUMIN枕おすすめ

「病院にいったらストレートネックって言われちゃった・・」

「寝起きの肩こりがひどい・・」

ストレートネックや肩こりはデスクワークやスマホ操作が増えたことで起こりやすくなった現代病。

だからといって「お仕事やーめた」「スマホやーめた」なんていうわけにはもちろんいかず、うまく体をケアしながら継続していくしかありません。

そこで首周りを休める重要なツールになるのが枕。

1日6~8時間も頭を預けているのだから、しっかりと休める枕を選びたいもの。

GOKUMINの枕は独自開発の低反発素材と、人間工学に基づいた特殊形状で、首や頸椎の緊張をしっかりサポート。

頭を預けるだけで頸椎を自然なS字カーブへと導いてくれ、極上の睡眠をもたらしてくれます。

また、高さ調整シートが付属していて、自分好みの高さに調整できるのもうれしいポイント。

さらに、購入を検討するなら公式サイトがイチオシ。

公式サイト購入特典:
・枕カバー無料プレゼント
・6ヶ月の延長保証
・5%OFFクーポンあり

と、明らかにダントツでオトク

1万円以上するお買い物ならまだわかりますが、たった3,880円の商品に「そこまでする?」と思わず言ってしまうほどの手厚さです。

累計15万個突破の大ヒット枕、GOKUMIN。

この機会にぜひお試しを。

GOKUMINの枕の良い口コミ評判。ストレートネックやいびきに良い?

GOKUMIN枕の良い口コミ

GOKUMINの枕の悪い口コミ評判。首痛い?

GOKUMIN枕の悪い口コミ評判

GOKUMINの枕の最安値はAmazon・楽天・公式サイトどこ?

最安値

いざ、GOKUMINの枕を欲しいとは思っても、気になるのは価格です。

結論からお伝えしますと、一番お得なのは公式サイトで購入する方法。

というのも、GOKUMINの枕の最安値を調査すべく、今回は一番手にしやすい「プレミアム低反発枕」で検証してみたのですが、結果は以下のとおりだったのです。

サイト Amazon 楽天 Yahooショッピング 公式
最安値 3,880円 3,880円 3,880円 3,880円
送料 無料 無料 無料 無料
特典 なし 6,000円以上の購入+レビュー投稿で枕カバープレゼント なし
・5%オフクーポンの配布あり
・保証期間の延長
・枕カバープレゼント

(※2022年10月時点)

…と、価格はどこで購入しても同じで送料も無料ですが、特典を見ると、公式サイトでの購入の方が保証期間の延長や枕カバープレゼントなど、かなり充実しているため、一番お得といえます。

また、金額が同じというのにも実はしっかりした理由があるんです。

GOKUMINのホームページをチェックすると、「正規販売店のみでしか扱っていない」という旨の文言の記載があります。

類似品や模倣品のは保証できかねるということを明示するために、どのショッピングサイトであろうが、自社オンラインショップがあるんですね。

そのため、金額に差をつける意味がないということ。

つまり、どのショッピングサイトで購入するかは、
・特典の充実感でいえば公式サイトがお得。
・ご自身の貯めているポイントがあれば、それを使えるかどうか
・タイムセールやポイントアップなどのキャンペーンの有無
などによってご自身のお好みのショッピングサイトを使用するといいですね。

GOKUMINの枕の販売店舗は?ドンキにある?

基本的に、GOKUMINの枕は一般のお店では販売されておらず、ショッピングサイト、あるいは一部ドン・キホーテの店舗のみで販売されています。

値段のところでも少し触れましたが、GOKUMINの商品は「正規販売店のみでしか扱っていない」ため、一般のお店に卸していないのです。

また、GOKUMINのホームページの会社概要を確認すると、主な取引先に「株式会社ドン・キホーテ」と明記されています。

なるほど、そういった関係でドンキの一部店舗では購入が可能ということなんですね。

販売店舗についても、GOKUMINの会社、株式会社KURUKURUのホームページを確認してみると、事業内容の紹介として「Amazon、Yahoo!ショッピング、自社サイトでの販売」という説明がされています。

自社で管理できる範囲でしか、販売しないことを徹底することにより、偽物が出回ることを防ぐことと、自社で販売した商品に対する保証を、しっかり管理できる仕組みになっているのですね。

GOKUMINの枕はお試しできる?

残念ながら先ほどご紹介したとおり、GOKUMINはそもそもネットショップを主にしている企業の商品のため、自社店舗なども持っていませんし、ショールームなども持っていないため、「お試し」ということができません。

一般的な寝具であれば、店舗やショールームに行って実際の商品の使い心地をお試しで体験できるコーナーなどがありますよね。

寝具は特にフィットするか試してみたいという方もいたり、買う気がなかった方でも店舗やショールームで体験してハマってしまったなんて方もいるため、「お試しがあるといいな…」という方もいらっしゃるでしょうが…。

ただし、そんな方に朗報です。

GOKUMINのホームページにムービーギャラリーというページがあり、その動画内でそれぞれの特徴などが細かく解説されています。

手で押した感じ、使用の雰囲気などは動画で非常にわかりやすく説明されていますので、参考にしてくださいね。

GOKUMINの枕の寿命の目安

GOKUMIN枕の寿命の目安

GOMUKINの低反発枕はウレタン素材なのが決め手。

一般的には、ウレタン素材の枕の寿命は3年から5年前後とされており、ウレタンの密度や、使用者の管理の仕方・扱い方によっても、寿命には多少の前後はあります。

特に低反発の場合は徐々に硬くなる傾向があり、数年使い続けていると、最初の頃のようなふんわり感が感じにくくなったり、頭にフィットしにくくなったりする傾向があるのです。

「フィット感がなくなってきたな」と思ったら、寿命のサインだと思っておくといいでしょう。

なお、暑い日などはどうしても汗をかきますし、髪を半乾きのままで枕を使用するなどしてしまうと、ウレタンの性質上、内部に水分を含みやすいため、においの原因になってしまうこともあります。

GOMUKINの低反発枕は、蒸れ防止のために穴あけ加工がほどこされているとはいえ、汗や濡れた髪以外にも、梅雨時期の湿気なども劣化の原因になりえる天敵です。

長く使えるよう、しっかり手入れも怠らないようにしましょう。

GOKUMINの枕の保証

GOKUMIN枕の保証

品質保証

GOMUKINの枕の品質保証期間は1年と明記されています。

内容としては、購入日または商品到着日から1年は無償で商品に対する保証をするというもの。

・初期不良(不良品などに対する保証)
・正常な使用方法だったにもかかわらず、不具合が生じた場合

などの記載があります。

ただし、言うまでもなく、

・商品の摩耗、消耗
・確認してみても商品に不具合がない
・お客様都合
・想定外の使用方法による不具合

などの場合に関しては、無償保証の対象にはなっていません。

なお、公式サイトで購入すると、品質保証期間が1年から1.5年に伸びます。

買う場所にこだわりがなければ、公式サイトで買っておくと安心材料が増えますね。

返金保証

返金保証については、公式サイトを確認すると「30日間返品保証」というのが設けられていることがわかります。

しかし、この30日間返品保証というのも、前提としては「お客様都合」の内容には対処できない旨の記載があるので、注意が必要です。

GOKUMINの枕の使い方

GOKUMIN枕の使い方

さっそく、基本的なGOKUMINの枕の使い方や機能についてのご紹介です。

まず一番お伝えしたいのは、これまでにも少し触れたウレタン素材について。

独自開発した低反発素材と人間工学に基づいて開発された形状を採用することにより、頭や首にフィットしやすい素材になっています。

独自開発した低反発素材は硬すぎず、柔らかすぎないと評判で、
・頭の形にフィットしやすく安定感がある
・頭の重さを分散させることができる
などのメリットがあり、結果、首や肩の負担が軽減される仕組みになっているのですね。

なお、顎が下がり過ぎない位置をキープできる作りになっていることで、頸椎の負担が軽減できる上に、首に自然なS字カーブが再現できるようになっています。

ストレートネックの方は特に、顎を下げて寝てしまう方が多いため、呼吸のしにくさの改善にも効果的ですね。

また、顎が下がるといびきの原因にもなってしまいますから、いびき防止という意味でも効果が期待できます。

そして、人によって枕の高さの好みは違いますよね。

高めの方がが好きな人、低めの方が好きな人もいる中、GOMUKINの枕は上下で高さが違う作りになっていて、さらに上下の向きを変えても使用可能です。

しかも、高さ調整も可能になっているため、さまざまな方の理想の高さに適用可能になっています。(後で詳しく解説しますね)

枕の表面は肌ざわりのいいメッシュ感、裏面は滑り止めがついているため、裏表を使い間違うことはありません。

GOKUMINの枕の高さ調整方法

GOKUMINの枕の高さは、
・4センチ
・6センチ
・9センチ
・11センチ
の計4つの高さに調整することが可能です。

低めの枕が好きな方には4センチか6センチ、高めの枕が好きな方には9センチか11がおすすめ。

具体的に調整方法ってどうやるのか…ですが、枕の裏側のファスナーを開け、カバーを外してみると、中にはウレタンフォームが2つ入っていることが確認できます。

実はこの2つのうちひとつは、厚さ2センチの高さ調整用シート。

そのため、これを抜き出して使用する場合、入れたまま使用する場合で高さが調整できる仕組みになっているのです。

詳しく分かりやすくするためにまとめますと…

枕の高い側 枕の低い側
調整シートあり 11センチ 6センチ
調整シートなし 9センチ 4センチ
備考 高い方が好きな方向け
低い方が好きな方向け

という4段階の高さに調整することが可能というわけです。

ちなみに、調整シートではない、もうひとつのウレタンフォームは、枕の本体ですので、抜かないようにしてくださいね。

GOKUMINの枕は洗えない

GOKUMIN枕は洗濯できない

GOKUMINの枕の本体のウレタンは、水と日光が天敵ともいえる特徴を持つ素材です。

そのため、残念ながら、
・洗濯機で洗う
・洗剤をつけて洗う
・水洗い
などはできません。

ウレタンは水を含むと大変重たくなってしまい(吸収しすぎてしまう)、素材そのものがちぎれてしまう可能性もある上に、そう簡単には乾くことはありません。

まして、乾燥機に入れようものならば、ボロボロになってしまうことも…。

さらに、日光を浴びると劣化が早くなる特性もあります。

そのため、もし汚れてしまった場合には、水を少し含ませた布などで、汚れた部分を優しく拭きとるなどの対処をしましょう。

ウレタンの基本的なお手入れ方法は、

・風通しのいい場所で陰干しをする(紫外線・直射日光はNGです)
・サッと除菌スプレーや消臭スプレーをする(スプレーの水分を含み過ぎないように。)

この2つは鉄則です。

購入された場合には、お手入れ方法の詳細は、商品に添付されている取扱説明書に詳しく説明が書いてあるので必ず一読しておきましょう。

ちなみに、カバーのみは取り外して洗濯も可能ですが、カバー素材にはレーヨンが含まれています。

レーヨンは縮みやすい特性があるため、優しく洗うように心掛けてくださいね。

GOKUMINの枕の専用カバーはある?市販カバーは使える?

GOKUMINのロゴが入った専用カバーがあるのですが、このカバーはもともと購入時にセットされていて、白か黒か選べるようになっています。

通気性のよいニット製法、肌ざわりのよさも兼ね揃えている上に、寝ている間に枕がズレないように裏面のストッパーもついているので、
・寝ている間に枕がズレてどこかへいってしまった…
・枕がズレたことで安定した寝姿をキープできずに結局無意味…
なんてことも防げる工夫がされているのも嬉しいポイントです。

ただ、「市販の枕カバーでかわいいのがあったから、変えたい」という場合もあるでしょうが、残念ながら、市販カバーはGOKUMINの低反発枕への使用はおすすめできません。

というのも、GOKUMINの低反発枕は一般の枕の形状とは少し異なるから。

サイズさえ大丈夫であれば、無理やり市販の枕カバーで使うことは可能は可能…。

とはいえ、GOKUMINの枕は高さ調整がシートがある手前、ズレてしまわないようにある程度、密着感がある枕カバーである必要があります。

GOKUMINの枕は返品できる?

GOKUMIN枕は返品できる?

万一、届いた時点で不良品であれば、言うまでもなく返品は可能です。

また、未開封・未使用での返品、開封後の返品なども可能ではあるものの、購入先によって、条件が異なってくるので注意しなければなりません。(2022年10月時点)

それぞれ条件が異なるので、一覧にしてまとめてみました。

サイト Amazon 楽天 Yahooショッピング 公式
不良品の返品
購入後30日以内 商品到着から7日間以内 商品到着から3日間以内にメール連絡
商品到着から30日以内
全額返金 全額返金 全額返金 全額返金
未開封(未使用)の返品
購入後30日以内 商品到着から7日間以内 商品到着から14日間以内
商品到着から30日以内
全額返金 全額返金 全額返金 全額返金
返送に関する費用はお客様負担 返送に関する費用はお客様負担 返送に関する費用はお客様負担
返送に関する費用はお客様負担
開封後の返品
購入後30日以内 商品到着から14日間以内に限る
記載なし
30日保証適用外
50%を返金 ①50%を返金
②30%を返金(返送対応なし)
50%を返金
返送に関する費用はお客様負担 返送に関する費用はお客様負担
返送に関する費用はお客様負担
備考 お客様都合での返品は
Amazon規約に準ずる
お客様都合での返品は商品到着から14日間以内
+未開封のみの前提
原則、お客様都合での返品は受付不可

受け取ったらできるだけ早く、商品の状態のチェックをしておいた方がいいでしょう。

不良品の場合は、企業の過失に返品の送料や代替品の送料などもすべて、企業側の負担で対応してもらえます。

また、お客様都合での返品の場合、
・返送の費用
・返金の決済の手数料
・返金振込の手数料
は購入者側の負担となるので注意しましょう。

GOKUMINの枕の会社・問い合わせ先

GOKUMINはどのショッピングサイトであっても、GOKUMINのブランド直営店が窓口になっています。

そのため営業時間であれば、迅速に対応してもらえるシステムが確立されているのです。

原則、なにか問い合わせたいことがある場合には、各ショッピングサイトの「問い合わせ」から問い合わせるよう促されていますが、
・ちゃんと話して聞きたい
・メッセージでは上手に説明できない
なんてこともあることでしょう。

GOKUMINの枕の会社情報や問い合わせ先を一覧にしてまとめてみます。

運営会社
株式会社KURUKURU
運営サイト
GOKUMINブランドpaypayモール店、GOKUMINブランド直営店(楽天)、GOKUMIN日本メーカ直営店(Amazon)など
問い合わせ
原則、各ショッピングサイトの「お問い合わせから」
電話番号
03-6861-5638
※ただし、この番号は問い合わせ専門の番号ではありません。
平日11:00から12:00と13:00から17:00
メール
休み 土・日・祝日

お休みの日や、時間外の問い合わせは、翌営業日・営業時間からの対応になるので、注意してくださいね。

GOKUMINの枕の特徴・種類

GOKUMINプレミアム低反発枕

GOKUMINブランドとして提供されている枕は、以下の4種類があります。(※別途ベビーピローもあり)

・プレミアム低反発枕
・プレミアム低反発枕plus
・グランピロー
・プレミアムホテルスタイルピロー

言うまでもなく、どの枕であっても「GOMUKIN=極眠」の名の通り、「極上の眠りと目覚め」がコンセプトになっており、上質な睡眠へのこだわりがつまったものばかりです。

また、GOMUKIN商品全体でいえることですが、ホルムアルデヒド(シックハウス症候群の原因にもなる人体に有害な化学物質)の検査もしっかりしているのも特徴のひとつ。

使用する寝具が粗悪なものだったせいで、寝ている間に有害物質を吸い続けていたなんて、想像もしたくありませんよね…。

しかし、GOMUKINの枕は低ホルムアルデヒドですので、年配者・赤ちゃんが使っても問題ないレベルのクオリティです。

では、ご紹介した4つの枕には、どんな違いがあるでしょう?

枕の高さ、使用している素材、金額、使用感が違うのですが、具体的なそれぞれの特徴についてもご紹介していきます。

①プレミアム低反発枕

GOMUKINで一番の定番品、かつ、人気商品でもあるプレミアム低反発枕。

Yahoo。ショッピング、楽天市場、Amazon、あらゆる大手ショッピングサイトの枕・寝具ランキングで1位を総なめにしているヒット商品です。

どのショッピングサイトでもレビュー評価は星4つ越えな上に、なんといっても、送料込みで3,000円台で購入できるため、購入しやすいのもメリットといえますね。

枕本体の低反発素材には竹炭が配合されているため、消臭効果もバッチリ。

4,6,9,11センチの4段階の高さ調整が可能なので、「買ったものの高さが合わない…」ということは防げます。

ちなみに、サイズは幅53センチ、奥行32センチ、高さは4センチから11センチです。

柔らかすぎず硬すぎない低反発素材が、頭にフィットしやすく首や肩の負担が軽減できることから、ストレートネックや肩凝りの方にもおすすめ。

また、人間工学から考え抜かれた枕の形状から、顎が下がらないため呼吸がしやすくなる上に、首の自然なS字を保てるため、楽な呼吸姿勢で睡眠を取ることがかのうです。

②プレミアム低反発枕plus

プレミアム低反発枕plusという名前だけ見ると、プレミアム低反発枕の進化版であることは想像できるでしょう。

竹炭配合の消臭効果などの基本的な部分は同じではあるのですが、その違いは一体なんなのでしょう?

さっそく、プレミアム低反発枕との違いはズバリ3つ。

①特殊凸凹形状(40Dを仕様:Dはウレタンの密度を指します)
②通気性
③高さ
です。

特殊凸凹形状により、プレミアム低反発枕よりも一層、頭の負担を分散できる形状になっているため、寝返りをうとうがどんな寝方をしようが、フィット感が保たれるようになっており、凸凹があるため通気性も増しています。

また、プレミアム低反発枕より、少し高い設計になっており、高さ調整シートも、1センチのものが2枚ついているため、お好みの高さの微調整も可能です。

シートがない状態で、低い方の高さは10センチ、高い方の高さは12センチの設計のため、1センチのシートを追加することで、10,11,12,13,14センチの計5段階の調整ができるようになっています。

・高めの枕が好きな方
・通気性が気になる方
・頭のフィット感が気になる方
には、plusの方がおすすめです。

【公式サイト限定】GOKUMINプレミアム低反発枕plus

③グランピロー

GOKUMINグランピロー

GOMUKINの全身全霊を尽くしたといっても過言ではないグランピローは、これまでご説明してきた、プレミアム低反発やプレミアム低反発plusとは少しわけが違います。

竹炭配合などの基本技術は同じですが、
・幅65cm×奥行80cm×高さ3cm~14cm ※奥行の長さで上半身の負担もカバー
・高さ調整シートは1.5センチのものが2枚 ※1枚はボディー部のシートで取り外し可能
・3,4.5,5,6,6.5,7.5,8,9,9.5,10.5,11,12,12.5,14センチの14種類の高差調整が可能
・20パターンもの使い方があること(さまざまな形状に変化させることができる)
・55Dの低反発素材で耐久性が強化されていること
など、どんな人にでも使いやすく、どんなシーンにも使えることを追及した一品です。

なんといっても、高さ調整のパターンと、使い勝手のよさが他の枕とは比にならないレベルで、こちらもプレミアム低反発枕同様、口コミ評価も星4つ越え。

奥行が80センチと長く、ボディーまで負担が軽減できる仕様のため、肩首のみならず、上半身もカバーできるのが魅力的ですね。

④プレミアムホテルスタイルピロー

GOKUMINホテルスタイルピロー

プレミアムホテルスタイルピローは、これまでご紹介した低反発ウレタンとは違い、綿で低反発を再現した枕です。

ウレタンが苦手で綿の枕がいいという方もいるので、そういったお客様の綿の枕のニーズに答えようと独自開発を重ねた結果、マイクロファイバー綿を球体にして空気を綿の繊維に含ませることに成功。

綿のふわふわ感もありつつ、かといって、頭の重さでぺちゃんこにならないほどよい弾力性も兼ね揃え、かつ、低反発ウレタン同様に首や肩の負担を軽減できることを追及されて作られました。

ポリエステルの綿なので、羽毛などでアレルギーがある方でも利用可能ですし、綿の量を調整できるようファスナーがついているため、お好みの高さになるよう綿を減らしたり、増やしたりできるようになっています。

ただし、追加したい際の綿は別売りです。

弾力性に優れているため、他の綿の枕よりもへたりにくいとはいえ、どうしても消耗品ですから、「綿の弾力性が足りなくなってきたかも?」というときにも、綿のみの購入で詰め替えができるのもメリットといえますね。

created by Rinker
GOKUMIN
¥3,698 (2022/12/02 05:59:45時点 Amazon調べ-詳細)

GOKUMINの枕のメリット

メリット・デメリット

GOMUKINの枕のメリットはなんといっても、独自開発の低反発ウレタンが頭を優しくフィットすることで、首や肩の負担を軽減できるため、ストレートネックや肩凝りの方の体の痛みを軽減できることです。

低反発枕の場合、思っていたより硬くて首がつらい、思っていたより柔らかすぎて息がしにくいなどの意見がよくあります。

しかし、程よい硬さかつ、人間工学に基づいた3D形状ということもあり、理想の姿勢が必然的に取れるようになっているのです。

寝ている間にいい姿勢が身についていくのもメリットですし、体への負担がかからないというだけで、睡眠の質は非常に違ってきますから、起きると体がすでに痛い…なんて方には試す価値があるといえます。

また、枕って値段もピンキリですが、高ければいい(合う)というわけではありません。

低価格で高コスパな活躍が期待できるため、「高級な枕を買って失敗した。」なんてリスクが少ないのも、メリットのひとつですね。

GOKUMINの枕のデメリット

ウレタン素材のあるあるではありますが、どうしても独特の匂いがあるのがデメリットです。

これはGOMUKINの口コミにも非常に多く上がっているデメリットでもあり、もちろん、匂いの感じ方には個人差があるので、「必ず匂いに悩まされる」というわけではありませんが、開封して、使用前からすでに匂いで苦戦する方も多くいらっしゃいます。

匂いが気になる方は数日、陰干しをするだけでも軽減できますのでお試しください。

また、頭を包み込むような形状になっているため、寝返りがしづらいという意見もあります。

そして、実店舗がない分、お試しができないため、「低反発」といってもどれくらいの硬さなのかわかりずらいということもあるのもデメリット。

人によって低反発のさじ加減が違いますから、「低反発にしては硬すぎる…」「硬めが好きなのでちょっと柔らかすぎる…」と人によって感じ方も違ってきます。

やはり、購入してみたいと、硬さも匂いもわからない…使用感もわからない…というのはデメリットですね。

GOKUMINの枕がおすすめな人・おすすめでない人

GOKUMIN枕がおすすめな人

さまざまなショッピングサイトで高評価を得ているGOKUMINの枕ですが、もちろん、万人におすすめできるわけではありません。
ですので、GOKUMINの枕がおすすめな人・おすすめでない人を簡単にまとめてみます。

GOKUMINの枕がおすすめな人:
・ストレートネックで首の負担が強い方
・肩凝りがひどい方
・寝たにも関わらず寝起きから体が痛い方
・寝ている間に呼吸が浅くなりやすい方
・シックハウス症候群を気にされる方
・いびきを軽減したい方
GOKUMINの枕がおすすめでない人:
・低反発枕自体が苦手な人
・かなり低めの枕が好きな人
・枕のお手入れをあまりしない人
・枕本体を洗いたい人
・暑がり、汗かきの人
・強制でS字の首にすると具合が悪くなる人
・お試ししてからじゃないと買いたくない人

口コミも賛否あるように、枕は
・硬さ
・高さ
・素材
・その人の体の特性
など、さまざまな要素が関係していますから、どうしても賛否わかれてしまいます。

しかし、GOKUMINの低反発枕は低価格です。

試す価値がありますよね。

関連記事:GOKUMIN(極眠)マットレス評判と枕の評価

タイトルとURLをコピーしました