ベッド

【すのこベッド失敗】後悔したデメリットとメリット

本サイトには広告が含まれています

すのこベッドの失敗・後悔例からみるデメリット

すのこベッド失敗

この記事は、

「すのこベッドを買おうか迷ってる」
「ぶっちゃけ体験談も聞いてすのこベッド検討の参考にしたい」

という方に向けて書いています。

数々の「すのこベッドの失敗・後悔例」を通じて、デメリットについて詳しく探ってみましょう。

ごく普通の選択肢と思えたすのこベッドには、実はその選択が合わない場合の落とし穴が存在します。

無理な選択や見落としが招いた痛手、寝心地の違和感、腰痛や不眠といったトラブル。これらの事例を通じて、失敗を防ぐために留意すべきポイントを解説していきます。

この記事を読むことで、自身の体型や寝る習慣とどのようにすのこベッドがマッチするか、デメリットを事前に把握するメリットを得られるでしょう。

失敗を通じて学び、賢く選ぶためのヒントを提供します。

心地よい眠りと快適な寝具選びを実現するために、ぜひこの記事をお読みいただき、ベッド選びの成功を手にしてください。

①マットレスにカビが生える

すのこベッドって、どうやって使われてますか?湿気には、かなり気を使って除湿シートを敷いていたのですが、マットレスに微妙にカビがはえてきたようです。
Yahoo!知恵袋

すのこベッドを使用していて、マットレスにカビが生えるという失敗例があります。カビは湿度の高い環境で繁殖しやすく、通気性の良いすのこベッドの場合、空気が流れて湿度が下がるため、カビの発生を防ぐことができます。しかし、適切なメンテナンスを怠ると、すのこベッドでもカビが発生する可能性があります。

カビは健康被害を引き起こす可能性がありますので、定期的なメンテナンスが重要です。マットレスを外して陰干しを行い、湿気を逃がすことや、掃除機でホコリやゴミを取り除くことが推奨されています。また、マットレスの敷布団カバーを定期的に洗濯することも有効です。これらの対策を講じることで、すのこベッドを使用しながらカビの発生を防ぐことができます。

②体が痛い・寝心地が硬い

すのこベッドを使用する際に、体が痛くなったり、寝心地が硬く感じるという失敗例もあります。寝具の選択は個人によって異なるため、すのこベッドが必ずしも全ての人に合うわけではありません。特に、体のラインや寝る姿勢に合わない場合、快適な睡眠が得られないことがあります。

この場合、マットレスの選択による解決策が考えられます。すのこベッドのマットレスの硬さや柔らかさは、個別の好みや体の状態によって異なります。柔らかめのマットレスが好きな方は、腰や肩の負担を軽減するために、クッション性の高いマットレスを選ぶことができます。一方、硬めのマットレスが好きな方は、腰のサポートを強化するために、固めのマットレスを選ぶことができます。

隙間からスマホが落ちる

すのこベッドには、隙間からスマホが落ちるというデメリットもあります。すのこベッドの背面や側面には、木の間隔があるため、小物などが隙間に落ちることがあります。特に、スマートフォンやリモコンなどの小さなアイテムは、隙間から落ちてしまう可能性が高いです。

この問題を解決するためには、対策が必要です。例えば、背面や側面にフックや棚を設置することで、小物を落下させないようにすることができます。また、隙間を埋めるクッション材を使ったり、小物を置くトレイを利用したりすることも効果的です。これらの対策を講じることで、すのこベッドを使用しながら小物の落下を防ぐことができます。

ギシギシうるさい

すのこベッドの一つのデメリットとして挙げられるのは、ギシギシ音がすることです。木材のすのこ部分がぴったりとはまっていない場合や金属のフレームが固定されていない場合など、ベッドがずれたり揺れたりすることが原因で音が発生します。寝ている最中にギシギシ音が鳴ると、快適な睡眠が妨げられます。

この問題を解決するためには、しっかりとしたすのこベッドを選ぶことが重要です。すのこが適切にはめ込まれているか、フレームがしっかり固定されているかを確認しましょう。また、使われている部品や素材も品質に影響するので、信頼性の高いメーカーを選ぶことも大切です。

冬は寒い

すのこベッドは通気性が良く、夏場には快適な寝心地を提供してくれますが、冬場は寒さが気になることがあります。すのこの間から冷気が入り込みやすく、寒い季節には足元が冷たく感じることがあります。特に、床に直接置かれているすのこベッドは寒さがより感じやすいです。

この寒さを解消するためには、敷布団やマットレスを活用することが有効です。すのこベッドの上に敷布団を敷いたり、厚めのマットレスを使ったりすることで、寒さの影響を和らげることができます。暖房器具を併用することで、より快適な寝具環境を作り出すことができます。

折りたたむのが面倒

折りたたみタイプのすのこベッドは使わない時に折りたたむことができるので、場所を取らずに収納することができます。しかし、折りたたむ作業が面倒だったり、操作が難しかったりすると、使わなくなってしまう可能性があります。

折りたたみのしやすさを評価するために、お店で実際に試してみることをおすすめします。

また、折りたたむことを頻繁に行う予定がないのであれば、あえて折りたたむ機能がないタイプのすのこベッドを選ぶこともひとつの解決策です。

すのこベッドのメリット

メリット・デメリット

すのこベッドは通気性やサポート性に優れ、多くの方に好評な寝具です。硬質な素材が背骨の自然なカーブをサポートし、健康的な寝姿勢を促進します。通気性の高い構造は、寝汗を効果的に吸収し、快適な眠りを提供します。

また、すのこベッドは木製のすのこが美しいデザインと調和し、シンプルながらも高級感のある寝室空間を演出します。ベッド下の空間が収納スペースとして利用できるモデルもあり、スマートな収納アイディアとしても活躍します。

この記事では、すのこベッドの快適な寝心地や健康面での利点、美しいデザイン、収納効果など、多くのメリットについて詳しく探求します。失敗を避け、快適な寝具選びに役立つ情報をお届けいたします。あなたの理想の寝室環境を実現する手助けとなることでしょう。

通気性が良くカビが生えにくい

すのこベッドはその通気性の高さが魅力の一つです。木製のすのこがマットレスの下に空間を作り、空気の循環を助けます。この通気性のおかげで、ベッド内部の湿気や寝汗が効果的に放出され、カビの繁殖を抑える効果があります。ムレてベタベタすることも少なくなります。

湿度が高い季節や湿った環境でも、すのこベッドはカビの発生を抑えてくれるため、健康的な寝環境を保つのに貢献します。カビはアレルギーや呼吸器の問題を引き起こすことがあるため、通気性の良さは特に重要です。

軽くて移動がラク

すのこベッドはその軽量な構造が魅力の一つです。木製のすのこは軽く、取り外しや移動が比較的容易です。この軽さのおかげで、ベッドの位置を変えたり、掃除の際に移動させたりすることが手軽にできます。

また、引っ越しや部屋の模様替えの際にも、重いベッドの移動が負担になることなく、効率的に行える点が利点です。特に都市部や賃貸住宅など、頻繁に環境が変わる場所で暮らす人にとって、軽量なすのこベッドは便利な選択肢と言えるでしょう。

すのこの硬さを変えると寝心地が調整できる

すのこベッドの魅力の一つは、その構造を調整して寝心地をカスタマイズできる点です。すのこの硬さや配置を変えることで、自分に合った寝心地を実現できます。硬質な素材のすのこが背骨の自然なカーブをサポートし、適切な姿勢を保ちつつ、体圧を分散させる効果があります。

収納スペースが増える

すのこベッドはベッド下に空間を確保するため、収納スペースが増えるという大きな利点があります。ベッド下の空間を有効活用することで、シンプルな寝室でも収納の悩みを解消できます。

この収納スペースは衣類や季節用品、寝具、書籍などを収納するのに適しており、部屋の整理整頓に役立ちます。特に限られたスペースを有効に使いたい小さな部屋や賃貸住宅などでは、すのこベッドの収納機能は大いに重宝されるでしょう。

また、収納スペースを確保しながらも部屋をすっきりとした印象に保つことができるため、空間を美しく保ちながら機能性を高めることができます。整理整頓された寝室は心地よい環境を提供し、ストレスの軽減にも寄与します。

木の香りが良い

すのこベッドには、木製のすのこが使用されています。この木の香りは、多くの人々に癒しやリラックス効果をもたらします。木製のすのこが寝室空間に自然の風合いをもたらし、心地よい雰囲気を演出します。

木の香りは、ストレスの軽減にも効果的です。自然の香りに触れることで、心身をリフレッシュさせることができます。さらに、木製のすのこは抗菌効果もあるため、衛生的な寝環境を提供してくれます

おすすめのすのこベッド

おすすめのすのこベッドを紹介します。

源ベッド 国産ヒノキすのこベッド

すのこベッド

「源ベッド 国産ヒノキすのこベッド」は、洗練されたデザインと機能性が融合した素晴らしい寝具です。このベッドはウッドデザイン賞を受賞し、その美しい外観が賞賛されています。ベッド全体が高品質なヒノキ材で作られており、その特有の香りが寝室に自然なリラックス感をもたらします。

ヒノキの香りはリラックス効果を促し、穏やかな睡眠をサポートします。さらに、ベッドには便利なコンセントや棚が備えられており、スマートフォンや読書の必需品を手軽に収納できます。高さ調節は4段階で行えるため、自分に最適な寝姿勢を見つけることが可能です。

ヒノキは防ダニ性もあり、清潔な環境を保ちながら健康的な眠りを提供します。源ベッドの国産ヒノキすのこベッドは、美しいデザインと機能性が調和した優れた寝具であり、快適な寝室環境を作り上げるのにぴったりの選択肢です。

買うなら源ベッド公式サイト一択。公式限定特典として3年保証がついてきます。

neruco バノン

ネルコ バノン

「neruco バノン すのこベッド」は、フィンランド産天然木を使用しており、その素材の美しさと耐久性が魅力です。

このベッドは耐荷重350kgにも耐える頑丈な構造を持ち、安心して使用できる点が特徴です。

ヘッドレスのデザインは、シンプルでミニマルな寝室を演出し、空間を広く感じさせます。

エフフォースターを獲得していて、ホルムアルデヒドの影響を最小限に抑えることができます。

また、4段階の高さ調節が可能なため、自分に合った寝姿勢を選ぶことができ、快適な睡眠をサポートします。

ネルコ通販サイトまたは楽天で入手できます。

すのこベッドに合う寝具はベッドマットレス

すのこベッドとベッドマットレス

「すのこベッドにはどんな寝具を合わせたらいいの?」

→折りたたみ式でない通常のすのこベッドなら、ベッドマットレスがベストです。

厚いベッドマットレスを使用することで、すのこの隙間が気にならず、身体全体が均一に支えられるため、体圧分散が良くなります。これにより、疲れや不快感を軽減し、深い眠りを迎えることができます。

一方で、薄いマットレスや敷布団を使用すると、すのこの隙間が気になって快適な寝心地が損なわれることがあります。

ベッドマットレスはその厚みや柔軟性によって、隙間をカバーしつつ体をしっかりとサポートします。

折りたたみタイプに合う寝具は敷布団

ただし、折りたたみタイプのすのこベッドの場合は、敷布団がベストといえます。

その理由は、すのこと一緒に真ん中で折れる必要があるからです。

折りたたみタイプのすのこベッドは、折ってそのまま布団を干せるのがメリットの1つです。

しかし、折れないマットレスを乗せてしまうと、そのメリットが失われてしまいます。

分厚いマットレスを使いたいのであれば、折りたたみタイプのすのこベッドはチョイスしないほうが良いでしょう。

おすすめのマットレスはNELLマットレス

nell

「NELLマットレス」は寝返りに特化した設計で、快適な睡眠をサポートします。

ポケットコイルが体のカーブに沿って適切なサポートを提供し、独立した動きを促進します。

10万回の耐久試験をクリアし、耐久性が高く、長期間の使用にも安心です。

10年の保証が付いており、品質の信頼性を保証します。

13層の構造は抗菌・防ダニ・防臭機能を備え、衛生的な環境を提供します。

5つ星ホテルの寝心地を再現し、快適さと贅沢な眠りを約束します。

ノンホルムアルデヒド素材の使用により、健康面でも安心感を提供します。

120日間の返金保証が付いており、満足度を最優先に考えた信頼性の高いマットレスです。

関連記事:(NELL)ネルマットレスの口コミ(良い&悪い)腰痛への評判は?

関連記事:ネルマットレスのクーポンと割引セール・キャンペーン

すのこベッドに関するQ&A

Q&A

カビ防止対策はどうしたらいい?

すのこベッドのカビ防止対策は、適切なケアと環境の管理が大切です。まず、定期的な掃除や湿度管理が重要です。ベッド下の隙間やすのこの間に埃や湿気が溜まらないように清潔に保ちましょう。また、湿度が高い場合は除湿器で湿度を下げる、扇風機で空気の循環を促すなどの対策が効果的です。

ベッドマットレスや寝具も清潔に保つことがカビ予防につながります。定期的に洗濯したり陰干ししたりすることで湿気を逃がし、カビの繁殖を防ぎます。また、通気性の良い寝具やマットレスカバーを使用することも効果的です。

カビが生えてしまったらどうしたらいい?

カビがすのこベッドに生えてしまった場合、早急に対処することが重要です。まずは感染が広がるのを防ぐために、ベッド周辺を十分に清掃しましょう。掃除時には適切なマスクや手袋を着用することをおすすめします。

その後、カビを取り除くために専用のカビ取り剤や家庭用の酢などを使用して清掃を行います。カビが生えている部分をしっかりと清潔にし、しっかりと乾燥させることが大切です。その後、湿度を管理し、通気性を確保することで再発を防ぐことができます。

ギシギシ軋むときの対策は?

もしすのこベッドがギシギシと軋む音がする場合、原因は2つです。

・ネジが緩んでいる
・反りやゆがみで隙間ができている

ネジが緩んでいる場合は締めるだけでギシギシは解消されます。

反りやゆがみは加工の粗さや木材の経年変化によって起こります。最初は無音だったのに使っているうちに音がしてきた場合はこのパターンです。この場合は、やや面倒ですが桟木を使って補強しましょう。

桟木をギシギシ音のする部分に挿入することで、ベッドの安定性を増し、音の原因を取り除くことができます。

なお、木工ボンドは小物をくっつけるには有効ですが、大きなものを接合するには力不足。ビスで固定することが大事です。

耐荷重の目安は?

すのこベッドの耐荷重は、安全で快適な使用に重要な指標です。具体的には、体重の2倍以上の耐荷重が望ましいです。これは、マットレスや寝具を加味しても十分なサポートを提供するためです。

「体重とマットレスを合わせた重さを上回っていればいいんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、これは誤りです。

理由は静止荷重と動荷重の違いです。

そうっとベッドに入り、じっとした状態で過ごすなら問題ありませんが、ベッドの上で飛び跳ねたり勢いよく座ったりすると、瞬間的に体重以上の圧力がかかります。そのため耐荷重がギリギリでは心もとないのです。

したがって、耐荷重の目安として体重の2倍以上を選ぶことで、長期間にわたり快適で安全な寝環境を確保できます。耐荷重が適切であれば、ベッドの安定性と寝心地を保つことができるでしょう。

折りたたみすのこベッドは上にマットレスを敷いたら折りたためない?

折りたたみタイプのスノコベッドは上にマットレスを敷くと折りたたみづらくなります。

マットレスは真ん中で折れるような設計になっていないため、ベッドを折ってもマットレスが同じように折れるわけではありません。

三つ折りマットレスも同様で、三等分に折れますが真ん中で折れるわけではありません。

マットレスを敷く場合は、収納時はベッドとマットレス別々に収納することを考えましょう。

無塗装のすのこはカビ対策でニスを塗ったほうがいい?

無塗装のすのこベッドに対するカビ対策としてニスを塗るかどうかは、木材の吸湿性や通気性を考慮することが重要です。一般的には、木材の吸湿性があるため、ニスを塗らない方が適しています。

ニスを塗ると木材の表面がシーラーで覆われ、通気性が低下する可能性があります。これにより、湿気がこもりやすくなり、カビの繁殖リスクが高まるかもしれません。一方で、無塗装の木材は湿気を調節しやすく、通気性が保たれるため、カビの発生を抑える一助となる場合があります。

したがって、カビ対策を考える際には、木材の特性を考慮し、ニスを塗るかどうかを検討することが大切です。通気性や湿度管理を意識し、木材の自然な特性を活かすことで、健康的な寝環境を保つことができるでしょう。

すのこのささくれやひび割れはDIYで直せる?

すのこベッドのささくれやひび割れをDIYで修復することは一般的に難しいです。木材の修復には専門的な知識や技術が必要であり、適切な方法を知らないと逆に悪化させる可能性があります。もし素人が修理する場合、不均一な修復が見た目や構造に問題を引き起こすことがあります。

ささくれやひび割れの修理を検討する場合、専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。木工修理のプロが適切な修復方法を提案してくれるでしょう。DIY修理に自信がない場合は、専門家に修復を依頼することで、すのこベッドの美観や安全性を保つことができます。

-ベッド