ベッド

夫婦で使うスライドベッド(大人用二段ベッド)のおすすめとメリット・デメリット

本サイトには広告が含まれています

スライドベッドを夫婦で使う前に知っておきたいデメリット

スライドベッドを夫婦で使う

この記事は、

「スライドベッドを夫婦で使うのってアリ?」
「夫婦でも使えるスライドベッドを知りたい」

という方に向けて書いています。

まず結論としては、スライドベッドを夫婦で使うのは「アリ」です。

ただし、耐荷重やマットレスサイズなどの条件があるため、万人向けというわけではありません。

購入後の失敗を避けるために、本記事を参考にしてください。

さっそく、スライドベッドを夫婦で使うときの具体的なデメリットは以下です。

・耐荷重が低い
・マットレスのサイズに制限がある
・キャスターで床を傷めるリスクあり

以下、順に解説します。

耐荷重が低い

スライドベッドのデメリットとして、耐荷重の制限が挙げられます。

一般的に、スライドベッドは親ベッド、子ベッドともに耐荷重が100~130㎏程度です。

このため、体重が重い人や2人で寝る場合には、耐荷重の制限を超えてしまう可能性があります。

その結果、ベッドの構造やメカニズムに負荷がかかり、安全性に懸念が生じることがあります。

特に、夜の営みの最中にベッドが壊れる可能性も考えられます。体重の移動や動きが激しいと、耐荷重を超える力がかかることがあり、その状況下でベッドが壊れるリスクがあります。

したがって、スライドベッドを選ぶ際には耐荷重の制限に注意を払うことが重要です。

特に体重が重い方や2人で寝る場合は、耐荷重を考慮して適切なベッドを選ぶか、選んだベッドを安全に使用するための工夫をすることが大切です。

マットレスのサイズに制限がある

スライドベッドのデメリットの1つは、子ベッドのマットレスのサイズに制限があることです。

具体的には、幅95㎝、厚さ10~12㎝が望ましいです。

マットレスが付属しているのなら安心ですが、別で必要な場合は必ずチェックしましょう。

マットレスの幅

まず幅。

ふつうのシングルベッドなら何も考えずにシングルサイズのマットレスにすればいいのですが、スライドベッドの子ベッドの幅は90~100㎝とまちまち。

マットレスの幅は95~97㎝で、組み合わせによってははみ出す可能性があります。

はみだすと締まり切らないので不格好です。

子ベッドの幅は必ずチェックしましょう。

厚さ

次に厚さ。

マットレスの厚さは10~12㎝程度が望ましいです。

子ベッドを収納するときの天井の高さは13~16㎝程度。あまりに分厚いベッドマットレスだと収納できません。

かといって薄すぎるマットレスにするのも考え物。

床板はすのこや網状になっているものが多いので、薄いマットレスだと床板の硬い感触がダイレクトに伝わり満足に眠れません。

天井につっかえず、かつ床板から体をしっかり保護する厚さが求められます。

ということで、マットレスの厚さは10~12㎝程度にしましょう。

キャスターで床を傷めるリスクあり

スライドベッドのデメリットとして、キャスターによる床の傷つきのリスクが挙げられます。

スライドベッドの2段目(子ベッド)はキャスターで引き出す方式がスタンダードですが、キャスターが床と接触することで床面が傷つく可能性があります。

特に賃貸物件の場合、床に傷がついたりスレが生じると、敷金から修復費用が引かれる可能性も考えられます。

このデメリットを考慮する際には、スライドベッドの使用時にキャスターが床を傷つけないように注意することが重要です。

床を保護するためにキャスターの付け替えや床に敷くクッション材の利用を検討することも一つの対策です。

また、スライドベッドの移動時には軽く持ち上げて移動するなどの工夫をすることで、床の傷つきを最小限に抑えることができます。

スライドベッドを夫婦で使うメリット

メリット・デメリット

スライドベッドを夫婦で使うメリットを紹介します。

狭いスペースでも有効に使える

スライドベッドを夫婦で使うメリットの一つは、狭いスペースでも効果的に活用できる点です。

特にワンルームなどの限られたスペースでは、ベッドスペースを最大限に活かすことが求められます。

スライドベッドは、昼間はベッドをスライドさせて収納し、そのスペースをリビングやダイニングとして使用できるため、スペースの有効活用が可能です。

狭いスペースでは、ベッドスペースが占有されることで動線が制限されたり圧迫感が生じたりすることがありますが、スライドベッドを使用することで、その問題を解消できます。

夜寝る際にはベッドをスライドさせて使用し、昼間はスライドしてスペースを広げることで、より広々とした空間を確保できます。

また、狭いスペースでもスライドベッドを使うことで、部屋のレイアウトやインテリアデザインを工夫する楽しみも生まれます。

コンパクトな空間でも機能的かつ快適な暮らしを実現できる点が、スライドベッドを夫婦で使う際の魅力です。

将来的に2段目を収納スペースとして使える

スライドベッドを夫婦で使う際のメリットの一つは、将来的に2段目を収納スペースとして有効に活用できる点です。

スライドベッドは通常、上段と下段の2段構造になっており、上段が寝るためのスペース、下段がデイベッドやソファとして利用されます。

将来的に子供が生まれたり、趣味のアイテムを収納したりする必要が出てきた際、2段目のスペースを収納スペースとして活用できるのは大きなメリットです。

子供が生まれると、ベビーグッズやおもちゃなどの収納スペースが必要になりますが、2段目を収納スペースとして使えるスライドベッドは非常に便利です。

また、季節ごとの衣類や小物、書類なども収納できるため、限られたスペースを有効に使いながら整理整頓ができます。

将来的に家族構成やライフスタイルが変わっても、2段目の収納スペースは柔軟に活用できるため、長い期間にわたって価値を保ち続ける点が魅力です。

スライドベッドを夫婦で使うことで、将来のニーズに合わせてスペースを最適に活用することができます。

スライドベッドを夫婦で使うのに向いている人・向かない人

スライドベッドが向いている人:

狭いスペースで生活する人: スライドベッドはスペース節約の特長があり、限られた部屋の中で効果的にスペースを使いたいカップルに向いています。

コンパクトなデザインが好きな人: スライドベッドはシンプルなデザインが多く、モダンなインテリアに適しています。

将来の変化に対応できる人: 一部のスライドベッドは2段目を収納スペースとして使えるデザインがあり、将来の家族構成の変化に柔軟に対応できる点が魅力です。

スライドベッドが向いていない人:

体重が重い人: スライドベッドは耐荷重が限られていることが多いため、体重が重い夫婦には耐えられない可能性があります。

寝具にこだわる人: スライドベッドは子ベッドのマットレスサイズに制約があることがあり、厚みやサイズが制限されるため、寝具選びが限られます。

頻繁に移動する人: スライドベッドは組み立てが難しいことがあり、転居や模様替えが頻繁な人には不便です。

個々のスペースを希望する人: スライドベッドは共同のスペースで寝るため、個々のスペースを重視する人には向いていません。

夫婦で使うスライドベッドのおすすめ

おすすめランキング

夫婦で使うスライドベッドのおすすめを紹介します。

クレイユ親子ベッド

「クレイユ親子ベッド」は、快適な寝具を提供するために設計された優れたベッドです。このベッドはLVLスノコを使用しており、耐久性が高く、快適な寝心地を提供します。防腐効果があり、湿気の影響を受けにくいので、長期間の使用でも安心です。さらに、難燃性と防虫効果も備えているため、安全で清潔な環境で眠ることができます。

親ベッドの耐荷重は300㎏、子ベッドの耐荷重は200㎏と高いため、家族みんなが安心して使用できる特徴があります。親子で一緒に寝ることも、子供が成長して個別に使うこともできます。

クレイユ親子ベッドは、品質と機能性に優れた選択肢として、家族の快適な睡眠をサポートします。耐久性や機能性に加えて、デザインも考慮されているため、寝室の雰囲気にもマッチします。家族の健康と快適さを大切にする方におすすめのベッドです。

楽天市場:メーベル親子ベッド

neruco 親子ベッド(すのこ)

「neruco すのこ親子ベッド」は、快適さと機能性を融合させた優れたベッドです。このベッドにはコンセントやLED照明など、便利な機能が備わっており、夜間の読書やスマートデバイスの充電もスムーズに行えます。さらに、ブックシェルフや棚が付いているので、大切な本やアイテムを手軽に収納できます。

子ベッドの耐荷重は100㎏と、安心してお子様が使える設計となっています。マットレスの厚さは14.5㎝以内という制限もあるため、適切なマットレスを選ぶことが大切です。機能的なデザインと耐久性を兼ね備えたneruco すのこ親子ベッドは、家族の睡眠環境を向上させる一台です。快適な眠りと便利な機能を求める方におすすめのベッドと言えるでしょう。

nerucoすのこスライドベッド

スライドベッドにおすすめのマットレス

スライドベッドの子ベッド(2段目)は天井の高さや収納幅の都合上、マットレスのサイズに制限があります。

具体的には、幅95㎝、厚さ10~12㎝程度のマットレスが適しています。

このサイズだと素材はウレタンまたはファイバーです。

コイルマットレスはどんなに薄いものでも15㎝程度あり、収納するとき天井につっかえてしまいます。

スライドベッドに合うマットレスは、具体的にはたとえば「エアリーマットレス ボリュームタイプ」などがあります。

エアリーマットレスはアイリスオーヤマから販売しているファイバー製の高反発マットレスです。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥27,015 (2024/02/26 00:18:31時点 Amazon調べ-詳細)

-ベッド