モットン カバー

モットン カバー/市販シーツ

モットンのカバー

「モットンのカバー、夏は暑すぎるから市販のカバーに付け替えたい!」

たしかにベロア素材は冬はあったかくて気持ちいいですが、夏は熱がこもって寝苦しいですよね。

そこで専用カバーの代わりになる市販シーツを紹介します。

最初に紹介するニトリのシーツが値段もお手頃で一番おすすめです。

モットンのシーツ候補①ニトリのフラットシーツ

ニトリが安くておすすめです。

フラットシーツ シングル(パレットC BR S) 税込1017円

綿100%

ボックスシーツ シングル(Dオープン IV S)

モットンのシーツ候補②Amazonのボックスシーツ

Amazonだと安いのから高いのまでピンキリでそろってます。

ボックスシーツ 1,400円

フラットシーツ
まよったら東京西川を選べば間違いありません。
安いのだと600円台のがありましたが「業務用」って書いてあったので、さすがにね・・。

東京西川フラットシーツ(Amazon)

モットンのシーツ候補③無印

無印のシーツは値段が高いのであまりおすすめではありません。4,000円近くするんだもの・・・

綿高密度織フラットシーツ・S 3,990円

ボックスシーツはなし
(正確にはありますがサイズが足りないので使えません)

敷きパッド

「モットンのカバーが滑るんだけど・・・」

という人にはシーツの代わりに敷パッドという手があります。

四隅のゴムで固定するだけなので、取付が楽で、ずれる心配がいらないのがメリットですね。

分厚いので洗濯したあとが乾きにくいですが。

mofua 敷きパッド

モットン カバー/専用カバーの購入方法

モットン専用カバーの購入方法を解説します。

ベロア素材の専用カバーを単品で買えるのは、モットン購入者のみです。

モットンを購入すると、別売りカバー買い足しの案内メールがきます。そのメールから購入ページに飛んで追加購入します。

購入してない人はアクセスできないので入手できないんですね。

値段は3,280円。2枚セットは5560円と少し割安になっています。

売り切れ中のこともあります。

モットン カバー/洗濯

モットンのカバーの洗濯について解説します。

家の洗濯機で洗えますが、洗濯表示をよく見ましょう。
取り外す

モットンカバーの洗濯表示の内容:
・塩素系漂白剤は不可
・ドライクリーニング不可
・アイロンは低温で
・手洗い可
・水の温度は40度まで
・弱く絞る
・タンブラー乾燥は避ける

ということで、まとめると、
「家庭用洗濯機で、ネットに入れて、中性洗剤で洗って、自然乾燥させる」

という感じですね。

CMでやってる洗濯洗剤はほとんど中性ですが、デリケートな繊維に優しいおしゃれ着用洗剤をチョイスすると、生地を傷めずふんわり感がキープできてなお良し。アクロンかエマールでOK。

乾燥させるときは以下の干し方をすると早く乾きます。

・M字干し
竿を二本使う、大物用の干し方です。全面外気に当たっているので早く乾きます。

・三角干し
こちらは竿一本で干せます。カバーの対角線を竿にかけるイメージ。外気に触れる面積が大きいので早く乾きます。毛布などの厚みのある大物の干し方です。

白一色なので、色あせを心配する必要はありません。天日干ししましょう。

参考:花王マイカジ

モットン カバー/返品時には専用カバーが必要

モットン 返品

「モットンが届いたけど付属のカバーは使わないから捨てちゃえ」

なんて考えてる人、ちょっと待った!

カバーは捨てないで!

購入後90日は保存しておいてください!

なぜなら、返品時に専用カバーが必要になるからです。

モットンを公式サイトで買うと90日間全額返金保証がついてきます。

このサービスを利用するとき、お金を返してもらう前にまず返品するのですが、そのさいマットレス本体+保証書+カバーの三点セットが必要です。

「マットレス自体は気に入ったから返品する予定はない」という人ならカバーは捨ててもOKです。

→→【全額返金保証はここだけ】モットン公式ページをチェック!

関連記事:モットンの口コミ

タイトルとURLをコピーしました