このこのごはん給餌量は?成長段階別の適正量とコスパ、計算ツールの紹介

このこのごはん ドッグフード

【このこのごはん給餌量】成長段階別

このこのごはん

「このこのごはんってどれくらいの量をあげたらいいの?」

せっかく体にいいフードを見つけたのに、それで太っちゃうのは嫌だし、痩せてしまったら心配になりますよね。

そこで、このこのごはんの給餌量を解説します。

まず、全年齢を網羅した表は以下になります。

体重
1~3kg 4~6kg 7~9kg
~生後4ヶ月 61~140g 173~235g 263~318g
4~9ヶ月 51~116g 144~196g 219~265g
9~12ヶ月 41~93g 115~156g 176~212g
1~2歳 38~86g 107~145g 163~197g
3~6歳 32~73g 91~123g 138~167g
7歳以上 28~63g 78~106g 119~144g

以下、成長段階別で解説します。

このこのごはんの生後6~12週の給餌量

生後6~12週の給餌量

体重
1~3kg 4~6kg 7~9kg
~生後4ヶ月 61~140g 173~235g 263~318g

生後4ヶ月ぐらいまでは最もエネルギーを必要とする時期です。

そのため、体重あたりの給餌量は成犬時と比べて1.5~2倍程度になります。

このこのごはんの生後4~12ヶ月の給餌量

生後4~12ヶ月の給餌量

体重
1~3kg 4~6kg 7~9kg
4~9ヶ月 51~116g 144~196g 219~265g
9~12ヶ月 41~93g 115~156g 176~212g

生後4~12ヶ月は、生後4ヶ月以内に次いでエネルギーを必要とする時期です。

そのため、体重あたりの給餌量は成犬時と比べて1.3~1.6倍程度になります。

このこのごはんの成犬期(1~7歳)の給餌量

成犬期(1~7歳)の給餌量

体重
1~3kg 4~6kg 7~9kg
1~2歳 38~86g 107~145g 163~197g
3~6歳 32~73g 91~123g 138~167g

体重3kgのトイプードルなら、1ヶ月で約2袋消費する計算になりますね。

このこのごはんのシニア期(7歳~)の給餌量

シニア期(7歳~)の給餌量

体重
1~3kg 4~6kg 7~9kg
7歳以上 28~63g 78~106g 119~144g

シニア期は成犬期と比べて1割程度給餌量が落ちます。

もっとも、病気でもない限り、ある日急に食事量が落ちるわけではないので、体重の推移を見守りつつ徐々に調整していきましょう。

このこのごはん公式サイトをみてみる

【このこのごはん給餌量】活動量別

このこのごはんの活動量別の給餌量を紹介します。

結論からいうと、通常の飼い方であれば、すべて推奨給餌量でOKです。

「1日2時間散歩に行く」
「アスリート犬として活躍している」
「だだっ広い敷地(山など)に放し飼いで1日中走り回っている」

など、極端に運動量が多いワンちゃんの場合は、必要な栄養バランスが異なるため、別の高カロリーなフードに切り替えることをおすすめします。

運動量が少ない犬の給餌量

運動量が少ない犬の場合は、このこのごはんの推奨給餌量で問題ありません。

「運動量が少ない」とは、散歩が嫌いで基本的に家から出ない、または共働きで平日は散歩させる時間がなくて休日だけ、というワンちゃんが該当します。

このこのごはんはトイプードルやチワワ、ミニチュアダックスフンドなどの小型犬専用フードですが、小型犬は室内飼いが一般的で、あまり運動量が多くありません。

それを見越して、このこのごはんのカロリーや脂質は通常のドッグフードより控えめに作られています。

そのため、推奨給餌量をそのまま与えましょう。

ただし、それで太ってくるようなら要調整です。

平均的な運動量の犬の給餌量

平均的な運動量(毎日30分程度散歩に出かけるなど)のワンちゃんの場合、このこのごはんの推奨給餌量で問題ありません。

「なんで運動量が少ない犬と同じなの?太っちゃうんじゃないの?」

と疑問に思うかもしれませんね。

実は毎日30分の散歩だと健康増進効果はありますが、体重の増減にはあまり劇的な影響を及ぼしません。

体重3㎏の小型犬の場合だと、消費カロリーは1㎞の散歩で6kcal。

30分の散歩だと、歩く距離は速足で2㎞、通常の速度だと1.5km程度。

ということは、速足で12kcal、通常の速度だと9kcalです。

体重3㎏の成犬にこのこのごはんを食べさせた場合の1日の摂取カロリーは約300kcal。

ということは、30分の散歩だと、消費カロリーは摂取カロリーの約3~4%に相当します。

3~4%を調整しようと思ったら、このこのごはんの量でいうと1日3g程度しか変わりません。たった一円玉3枚分です。

しかもそれを2~3回にわけてあげるので、ほぼ誤差の範囲です。

それよりは、ときどき体重を測って、体重が増減するようなら調整する、というやり方のほうが面倒がありませんね。

運動量が多い犬の給餌量

運動量が多い犬は、そもそもローカロリー・ローファットのこのこのごはんを与えることが適切なのかどうかという問題があります。

小型犬でアスリート犬や災害救助犬、というのはあまりないケースなので、通常の運動の範囲でいうと、「広い庭がある」「ドッグランがある」などいつでも走り回れる運動環境に恵まれた家庭ですね。

運動量が多い犬はより多くのエネルギーを必要とします。

「それなら量を増やしたらいいんでしょ」

と思うかもしれませんね。

このこのごはんの場合、量を増やすとたしかに摂取カロリーも増えますが、その分ほかの栄養素も増えてしまいます。

運動量の多い犬は、より高カロリーかつ高脂質のフードに替えることをおすすめします。

【このこのごはん給餌量】肥満犬の場合

このこのごはんはもともと低カロリーですが、それでも太ってしまう肥満犬の場合は、給餌量を減らす必要があります。

肥満は高血圧や高脂血症などさまざまな病気のリスクファクターになるため、健康をキープする上ではぜひとも適正体重に落としたいですね。

肥満犬へのこのこのごはんの給餌量の目安は「通常より2割減」です。

食いしんぼで食欲が満たされず「もっともっと」とおねだりしてくる場合は、茹でキャベツなどカロリーが少ない野菜でかさ増しするのが有効です。

なお愛犬がどれくらい太っているかはBCS(ボディコンディションスコア)で肥満度を大まかに分類できます。

BCS(ボディコンディションスコア)

BCSは難しい専門知識は不要で、

・横から見たお腹のせり出し具合具合
・上から見た体のラインのふくらみ具合
・お腹を触ったときのあばら骨の触れ具合

などで判断できます。

【このこのごはん給餌量】避妊・去勢後

避妊・去勢手術を受けたあとは、活動量が減るため、消費カロリーが以前より少なくなります。

このこのごはんをこれまでと同じ量与えていると太ってしまう可能性が高いです。

そのため、通常より給餌量を減らす必要があります。

目安としてはこのこのごはんを通常の量より1割減らして始めてみましょう。

体重が維持できるようならそれでよし、増減するようならさらにそれに合わせて量を調整します。

【このこのごはん給餌量】妊娠中・授乳中

妊娠中や授乳中の給餌量はふだんより多くなります。

妊娠中の食事量は、元の体重ベースで計算します。

犬の妊娠期間は約10週間。

このうち、1~4週目はあまり体重・食事量ともに変化がありません。

しかし、5~6週目頃から体重が増え始めるため、徐々に食事量を増やしていきます。

目安としては、5週目以降、前の週より量を15%増やします。これを毎週続けます。

出産直前の週(9週目頃)の給餌量はふだんの6割増し程度になります。

ただし、お腹の子供が大きくなってくると、胃が圧迫されて、一度に食べる量がむしろ減ってしまうことがよくあります。

そのような状態でも必要な栄養をとらせるために、1回の量を減らして食事回数を増やすとよいでしょう。

このこのごはん公式サイトをみてみる


関連記事:このこのごはん口コミ

【このこのごはん給餌量】計算方法・計算ツール

「給与表を見たけど、うちの子にずばり当てはまる体重がない!」

という人のために、このこのごはんの公式サイト「コノコトトモニ」では給餌量計算ツールを用意しています。

コノコトトモニ-給餌量計算

月齢と体重を入力すると計算結果を教えてくれます。

また活動量別の給餌量も計算できます。

日々の活動の強度と体重を入力すると計算結果を教えてくれます。

参考にしてください。

【このこのごはん給餌量】与え方の注意点

量

このこのごはんの与え方の注意点について解説します。

・対象は小型犬がベスト
・1日あたりの回数は3~4回に分ける
・切り替えるときは1週間程度かけて徐々に行う
・開封後は賞味期限が短いので1ヶ月以内で使い切る

以下、詳しく解説します。

注意点①対象は小型犬がベスト

与える対象は小型犬がベストです。

中型犬や大型犬に食べさせてはいけないわけではありませんが、もったいないです。

このこのごはんは安全性の高さはもちろんですが、小型犬特有の悩み「目元(涙やけ)」「ニオイ」「毛並み」のケアにフォーカスして作られています。

また、袋の大きさは1kgの1種類しかなく、5kgや10㎏の大袋がありません。

さらに、公式サイトの給餌量の表でも体重10㎏以上の表がありません。

中~大型犬はターゲット外であることが明白です。

あとはコストの高さ。

このこのごはんはささみ・鹿肉・マグロなどの高級食材を惜しげもなく使っているだけあって、キロ3,000円以上の高級フードです。

小型犬なら食べる量も少ないのでそれほど家計を圧迫しませんが、1ヶ月に10㎏も20㎏も平らげる大きなワンちゃんだと、それだけで月数万円にも。

一般家庭にはかなり痛い出費ではないでしょうか。

(たくさんまとめ買いすると値引きされてオトクにはなりますが・・)

以上の点から、小型犬に与えるのがおすすめです。

1日あたりの回数は3~4回に分ける

1日あたりの回数は3~4回に分けましょう。

また、給餌量の表で示している量は、「1回あたり」ではなく「1日あたり」の量です。

食事回数で割った量が1回あたりの量になります。

特に幼いうちはまだ胃が小さく未発達なので、一度に大量のフードをあげてしまうと消化不良を起こして嘔吐や下痢につながることもあります。

無理なく食べられる量に抑えるというのもワンちゃんの健康管理には大事です。

切り替えるときは1週間程度かけて徐々に行う

他のフードからこのこのごはんに切り替えるときは1週間程度かけて徐々に行いましょう。

このこのごはんは鰹節の香りです。

それまでチキンオイルなどで香りづけした、人間にとって臭いと感じるフードに慣れているワンちゃんは、最初はとまどって食べなくなってしまうことがあります。

和食しか食べていなかった人が、ある日いきなりパクチーどっさりのベトナム料理が出てきても食が進まないのと同じです。

そのため、いきなり切り替えるのではなく、元のフードに少しずつこのこのごはんを混ぜていき、日ごとに割合を増やしていきましょう。

販売前に実施したモニターテストでは98.5%が食べたというほど食いつきのいいこのこのごはんですが、すべてのワンちゃんが最初からがっつくわけではありません。

せっかく体にいいモノばかりを使って仕上げたドッグフードなのだから、食べなかったらもったいないですよね。

開封後は賞味期限が短いので1ヶ月以内で使い切る

このこのごはんの開封後は賞味期限が短いので1ヶ月以内で使い切りましょう。

このこのごはんは保存料や酸化防止剤などの添加物は使っていないため、新鮮なうちに食べきりたいですね。

なお、オイルコーティングはしていないので表面の油が酸化して悪影響を与える心配は少ないです。

もっとも、早く食べさせようと焦る必要はありません。

1袋の内容量は1㎏と少ないため、毎日食べてくれれば、たとえ体重2㎏のチワワでも充分に食べきれる量です。

残してしまうのは、小食で飽きやすいため複数のフードをローテーションしているなどの場合ですね。

【このこのごはん給餌量】1日あたりの価格とコスパ

コスパ

このこのごはんの1日あたりの価格とコスパを調査しました。

・体重3㎏の成犬の場合

1日あたりの価格は単品購入の場合、329円。

ただし、定期便をうまく使うことで270円に下げられます。

(消費量は1日70gとして計算)

・体重5㎏のパピーの場合

1日あたりの価格は単品購入の場合、799円。

ただし、定期便をうまく使うことで654円に下げられます。

(消費量は1日170gとして計算)

高いように見えますし、実際に高いのですが、生産体制のレベルの高さと原材料の値段を考えると法外に高いわけではありません。

むしろ安い混ぜ物フードでアレルギーや涙やけになって動物病院に通うことを考えたら、逆にコスパは良い方といえます

安全と健康を買うと思えば納得のお値段です。

このこのごはん公式サイトをみてみる


関連記事:このこのごはん口コミ

このこのごはんのコスパを他のドッグフードと比較

このこのごはんのコスパを他のドッグフードと比較してみました。

モグワンとコスパを比較

モグワンとコスパを比較してみました。

このこのごはん モグワン
内容量(g) 1000 1800
定価(税込) 3850 4356
kg単価 3,850円 2,420円

単純に価格だけでいうとモグワンの圧勝です。

約1.5倍の開きがありますね。

モグワンはイギリス産、このこのごはんは国産という違いがありますが、国産はやはり高くなりがちです。

国内工場で製造しているという安心感はありますが、いかんせんコスパは海外産のほうが有利です。

ナチュロルとコスパを比較

ナチュロルとコスパを比較してみました。

このこのごはん ナチュロル
内容量(g) 1000 850
定価(税込) 3850 3300
kg単価 3,850円 3,882円

結果はほぼ五分五分。

ともに国産かつワンちゃんの毛並みや涙やけケアをうたっている、かなり近いタイプのドッグフードです。

【このこのごはん給餌量】まとめ

このこのごはんの給餌量はあくまで目安であり、適切な量はワンちゃんによって異なります。

そのため、いったんは給餌量の表をベースにしつつも、ワンちゃんの体重の推移を観察しながら微調整をしていくことになります。

小型犬に特化して妥協なく作り上げたこのこのごはんは、高い安全性はもちろんのこと、「目元のケア」「ニオイ」「毛並み」にも同時にアプローチします。

フードを替えることでワンちゃんの悩みがすっきり解決して、愛犬と笑顔で向き合えるにこやかな毎日を送れるといいですね。

このこのごはん公式サイトをみてみる


関連記事:このこのごはん口コミ

タイトルとURLをコピーしました