ベッド

電動ベッドのデメリットとメリット、後悔しない選び方

本サイトには広告が含まれています

電動ベッドのデメリット

電動ベッドのメリット・デメリット

電動ベッドは、快適な寝姿勢や簡単な位置調整を提供する素晴らしい選択肢ですが、全ての面で完璧ではありません。

この記事では、電動ベッドのデメリットに焦点を当て、購入を検討する際の正直な情報を提供します。

電動ベッドの高価な価格、故障やメンテナンスの問題、設置場所の制約、操作の複雑さなど、デメリットについて詳しく掘り下げてみましょう。

しかし、デメリットだけでなく、電動ベッドの利点や使い勝手の良さも併せて考慮していくことが大切です。

この記事を通じて、デメリットに対する正しい知識を得ることで、後悔せずに電動ベッドを選ぶための情報を手に入れましょう。

値段が高い

電動ベッドの1つ目のデメリットは値段が高いことです。

電動ベッドは従来のベッドに比べて製造や機械部品の追加が必要であり、そのために価格が高くなる傾向があります。

昇降機能と背上げ機能のある介護ベッドだと、どんなに安くても10万円はします。

健常な人が日常使いにする電動ベッドであれば、昇降機能は必要ないのでその分安くなり、3万円程度からあります。

ただし、電動ベッドの価格はその利点と利便性に見合ったものであるとも言えます。

快適な寝姿勢の調整や痛みの軽減など、健康面へのメリットも考慮すると、その価格に見合った価値があると感じるかもしれません。

重くて引越しや模様替えに苦労する

電動ベッドの2つめのデメリットは「重い」ことです。

電動ベッドは機械部品やモーターを含むため、一般的なベッドよりも重くなります。

このため、移動や配置変更が必要な場合には、その重さがハードルとなることがあります。

特に引越しの際には、重たい電動ベッドを運び出したり運び入れたりするのは一苦労です。

また、部屋の模様替えを行う場合にも、その重さのために自由に配置変更が難しい場合があります。

マットレスを交換できない場合がある

一部の電動ベッドは、マットレスと一体型のデザインを採用しています。

これは、ベッドの機能や動作とマットレスが連動しているため、独立してマットレスだけを交換することができません。

一体型のデザインは、ベッドの機能や快適さを最大限に引き出すために採用されていますが、その一方でマットレスを自由に選択や交換することが難しいデメリットも存在します。

マットレスの選択は寝心地や好みに大きな影響を与えるため、長期的な快適さを保つためにはマットレスの交換が必要な場合もあります。

マットレス一体型でない場合は、マットレス交換ができますが、マットレス購入費用が別で必要になることは覚えておきましょう。

サイズバリエーションが少ない

電動ベッドの3つ目のデメリットはサイズバリエーションが少ないことです。

電動ベッドは基本的に1人で使うことを想定しており、その多くが、シングルサイズまたはセミダブルサイズです。

通常のマットレスなら2つ連結してキングサイズ以上の広さにすることも可能ですが、電動ベッドはその機構上、並べてもマットレスがぴったりくっつきません。

そのため、パートナーや家族と一緒に寝たい場合には電動ベッドは適しません。

故障のリスクがある

電動ベッドは快適な寝姿勢調整や機能性を提供する一方で、その複雑な構造には故障のリスクが潜んでいます。

電動ベッドはモーターや電子部品を使用しており、これらの部品が正常に動作しなくなる可能性があります。

故障が発生した場合、修理や交換が必要となることがあり、それには時間と費用がかかることも考えなければなりません。

また、故障のリスクはベッドの使用頻度や保守の状態にも影響を与える要素です。

定期的なメンテナンスや適切な使い方が行われない場合、故障のリスクが高まることもあります。

このため、電動ベッドを選ぶ際には信頼性の高いブランドやメーカーを選び、保証やアフターサービスについても注意深く確認することが重要です。

電動ベッドで後悔した体験談

後悔

電動ベッドで後悔した体験談を紹介します。

傾斜が足りず作業しづらい

90度の背もたれが欲しい人には物足りませんね。

手すりがないベッドを買ってしまった(介護用)

介護用の電動ベッドを買う際は、素人判断をせずケアマネと相談して機種を決めましょう。

コードが増えて引き回すのが大変(介護用)

電動ベッドだけならコード1つ、コンセント1つで済みますが、介護をする場合は吸引機などの機器が増えて床にコードがいくつも這うことになります。

電動ベッドのメリット

メリット・デメリット

ここでは、電動ベッドの魅力的な側面に焦点を当て、そのメリットを探求していきます。

電動ベッドは、寝姿勢のカスタマイズ、痛みの軽減、快適な就寝環境の提供など、さまざまな利点を持っています。

また、特定の健康上の問題に対するアプローチとしても有望です。

この記事を通じて、電動ベッドの利点を深く理解し、購入や利用の際の判断材料となる情報を得ることができるでしょう。

快適で質の高い睡眠環境を手に入れるための鍵として、この記事から得られる知識が役立つことを期待しています。

PC作業や映画鑑賞してそのまま寝られる

電動ベッドは、その多彩なポジション調整機能によって、リラックスや仕事、娯楽の時間をより快適に過ごすことができます。

ソファの代わりとしても活用され、PC作業や映画鑑賞、読書などが、自分好みの寝姿勢で行える魅力があります。

疲れた時には背もたれを少し起こしてリラックスし、仕事や娯楽に没頭することができます。

そのままベッドに横たわって休むこともでき、寝つきが良くなるかもしれません。

電動ベッドは、日常のさまざまなアクティビティをより快適に楽しむための一つの選択肢となるでしょう。

妊娠中など腰痛時の寝起きがラク

電動ベッドは、特に妊娠中や腰痛などの体調不良を抱える人々にとって、寝起きを快適にするための理想的な選択肢です。

背もたれや脚部を微調整することで、自分に最適な寝姿勢を手軽に見つけることができ、腰への負担を軽減します。

妊娠中は特にお腹の負担や寝返りが難しいことがあり、電動ベッドの調節機能は安眠をサポートします。

また、腰痛で悩む人にとっても、適切な姿勢を保ちながら寝ることで痛みの軽減が期待できます。

足がむくんだときにラク

足のむくみは、長時間の立ち仕事や座りっぱなしの時間が原因で起こることがありますが、電動ベッドはこの問題に対しても便益をもたらすことがあります。

足元をわずかに上げることで、血液の循環を促進し、むくみを緩和する効果があります。

電動ベッドの調整機能を使えば、簡単に足を心地よい位置に持ち上げることができます。

特に寝る前や寝起き時に足がむくみやすいと感じる方にとって、電動ベッドは大きな快適さをもたらすでしょう。

足が軽やかになることで、快適な眠りを迎えることができるだけでなく、翌朝の目覚めもスッキリとしたものになるかもしれません。

足の健康と心地よい睡眠を両立させるために、電動ベッドのメリットを活用してみる価値があるでしょう。

通気性が良くカビ対策になる

電動ベッドは、通気性にも配慮された設計がされており、その構造にはスチールフレームが使用されていることが多いです。

スチールフレームは通気性が高く、湿気がこもりにくい特徴があります。

このため、ベッド下の空間やマットレスの裏側に湿気がたまるリスクを低減し、カビの発生を防ぐ役割を果たします。

特に湿度の高い季節や湿気の多い環境で生活する場合、通気性が良いベッドはカビの発生を抑える重要な要素となります。

電動ベッドのスチールフレームがその役割を果たすことで、快適で清潔な睡眠環境を維持する一助となるでしょう。

通気性の高さとカビ対策の観点からも、電動ベッドのメリットを検討してみる価値があります。

電動ベッドの選び方

選び方

電動ベッドは、快適な寝具体験を提供する一方で、その種類や機能の違いによって異なる利点やデメリットが存在します。

自分に最適な電動ベッドを選ぶためには、いくつかの要素を考慮する必要があります。

まず、自分の体の状態や健康上のニーズに合わせてどの機能が重要かを明確にしましょう。

例えば、腰痛やむくみの問題を抱えている場合は、腰や足の位置を調節できる機能が重要です。また、通気性やカビ対策も検討事項です。

次に、予算を考慮して選びましょう。電動ベッドは高機能なものほど価格が高くなることがありますが、必要な機能と予算のバランスを取ることが大切です。

さらに、ブランドや製品の評判を調査しましょう。信頼性のあるメーカーや高評価の製品は、長期間の使用においても安心感を提供します。

最後に、実際に試してみることも大切です。展示会場やショップで寝心地を体験することで、自分に合うベッドを見つける手助けになります。

この記事では、電動ベッドを選ぶ際のポイントや注意点について詳しく解説します。自分のニーズや予算に合った最適な電動ベッドを選ぶために、ぜひご一読ください。

自分用なら1or2モーター

電動ベッドを選ぶ際に重要なポイントの一つは、モーターの数です。

一般的に、電動ベッドには1~3つのモーターがついていて、数が増えるほど動かせる部位が増えます(その分値段も高くなる)。

1モーター:背上げ
2モーター:背上げ+足上げ
3モーター:背上げ+足上げ+昇降

というのが一般的です。中には1モーターで昇降機能のみだったり、背上げと足上げが連動しているものもあります。

健常な人であれば昇降機能は必要ないので、最低限背上げ機能だけついていればOK。

1モーターの電動ベッドは通常、リーズナブルな価格で提供されており、基本的な調整機能を求める方に適しています。

一方、2モーターの電動ベッドは、ヘッド部分と足部分を独立して動かすことができます。背もたれ部分と足部分を個別に調整できるため、より細かな寝姿勢の調整が可能です。寝るときや読書など、多様なシーンでの利用に向いています。

自分の寝る習慣や好みに合わせて、どちらのモーター数が最適か検討してみましょう。必要な機能を選ぶことで、より快適な寝具体験を実現できるでしょう。

折りたたみ機能の有無

折りたたみ機能があるかどうかは、ベッドの収納や移動の利便性に影響を与えます。

折りたたみ機能がある場合、ベッドを真ん中で2つに折ってコンパクトに折りたたむことができます。

折って窓際に移動させれば、そのまま天日干しができます。

また、ベッドを収納するスペースが限られている場合や、定期的に模様替えをする方にとって便利です。

さらに、引っ越しや移動の際にも、折りたたみ機能があればベッドの持ち運びが楽になります。

折りたたむ予定がない、置きっぱなしで使う予定の人なら、折りたたみ機能は必要ありません。

自分の生活スタイルやスペースの状況に合わせて、折りたたみ機能の有無を検討してみましょう。

介護用なら3モーター

介護用の電動ベッドを選ぶ際には、3モーター機能を検討することが重要です。

3モーター機能を備えた電動ベッドは、背上げ、足上げ、高さ調節など、多彩なポジショニングが可能であり、介護の手間を軽減し、寝たきりの方や身体機能が低下している方のケアをサポートします。

背上げや足上げの機能は、患者の快適な姿勢の確保やオムツ交換、清拭などのケアに役立ちます。

高さ調節機能は、ケアの際の効率を向上させるだけでなく、介護者の負担も軽減します。

しかし、介護用の電動ベッドを選ぶ際には、要介護度や身体の状態、介護保険の適用などを考慮することが大切です。

ケアマネージャーや医療専門家と相談し、最適なモデルを選ぶことが必要です。

また、自費レンタルや介護保険の適用など、経済的な面も検討してください。

要介護度や福祉用具の適用基準に応じて、3モーター機能を持つ電動ベッドは、介護の質と患者の快適さを向上させる優れた選択肢となるでしょう。

サイズ

電動ベッドのサイズは限られていて、シングル・セミダブルが主です。

ダブルは少なく、クイーンサイズやキングサイズはありません。

広いサイズのベッドが欲しい人は、電動ベッドはあきらめましょう。

角に丸みのあるものを

角が丸いベッドは、万が一ぶつかった際に怪我のリスクを低減します。

特に寝室に子供や高齢者がいる場合、角の鋭利なベッドは転倒やぶつかりによるけがの危険性があるため、角に丸みのあるベッドを選ぶことがおすすめです。

また、角に丸みのあるベッドは、寝返りをうつときやベッドからの出入りがスムーズに行えるという利点もあります。角が尖っていないため、体が快適に移動しやすく、寝具からの落下リスクも低減します。

デザイン面でも、角に丸みがあるベッドは柔らかい印象を与え、寝室全体の雰囲気をやわらかく演出します。美しさと安全性を両立させたい場合、角に丸みのある電動ベッドを選ぶことで、快適な睡眠環境を確保することができます。

介護用おすすめ電動ベッド

介護

介護用おすすめ電動ベッドを紹介します。

パラマウントベッド レントシリーズ

パラマウントベッドのレントシリーズは、省スペースを考慮した設計と魅力的なカラーデザインが特徴です。

らくらくモーション機能により、快適な姿勢の変更が容易に行えるため、ユーザーの快適な寝起きをサポートします。

さらに、シリーズ全体が「JIS T 9254」の認証を取得しており、品質と安全性が確保されています。

レントシリーズでは、モーターの数に応じて1モーター、2モーター、3モーターのバリエーションが用意されています。

これにより、ユーザーの好みや必要に応じて最適なモデルを選ぶことができます。

レントシリーズ | 介護用ベッドパラマウントベッド株式会社 | PARAMOUNT BED

フランスベッド レステックス

フランスベッドの介護ベッド「レステックス」は、高い安全性と使いやすさを追求した設計が特徴です。

低床設計により、ベッドへの出入りが容易であり、ご利用者の安全性が確保されています。

さらに、センターノンサイドフレーム構造により、ベッドの安定性が高まり、安心してお使いいただけます。

「レステックス」は、介護の現場で求められる機能性を考慮した安全設計がなされています。

快適さや介護者の作業効率を考慮し、使いやすさに配慮したデザインが特徴的です。

このベッドは、高齢者や要介護者のケアを支援するために設計されており、品質と安全性に優れています。

フランスベッドの長年の経験と技術が結集された「レステックス」は、使い勝手の良さと安全性を兼ね備えた優れた介護ベッドとして注目されています。

レステックス( ベッドフレーム)-商品情報-家具・インテリアのフランスベッド

一人暮らし用おすすめ電動ベッド

ベッド

一人暮らし用のおすすめ電動ベッドを紹介します。

ライフインテリア 折りたたみ電動ベッド

ライフインテリアの折りたたみ電動ベッドは、使い勝手と快適性を両立した優れた選択肢です。

折りたたみタイプのため、必要なときにはコンパクトに収納できる便利さがあります。

無段階リクライニング機能を備え、お好みの角度に調整可能なため、くつろぎながら本やテレビを楽しむことができます。

また、ベッド下に収納スペースがあるため、季節物の寝具や日常の雑貨をスマートに収納できます。

さらに、1年間の保証期間が提供されており、安心してご利用いただけます。

「ライフインテリア 折りたたみ電動ベッド」は、都会的な暮らしにもしっかり対応する機能性と、省スペースでの使いやすさを提供します。

快適なリラックスタイムを楽しみながら、効率的な空間活用も実現できる、多くの利点を備えた製品と言えるでしょう。

楽天市場:ライフインテリア 折りたたみ電動ベッド

アテックス 電動折りたたみベッド

アテックスの電動折りたたみベッドは、利便性と快適さを兼ね備えた優れた選択肢です。

このベッドは組み立て不要なため、手間をかけずにすぐに使うことができます。折りたたみタイプであるため、収納や移動も簡単です。

特筆すべきは、マットレスのつなぎ目がないデザイン。これにより、寝るときの快適さが向上し、寝返りがしやすくなります。

無段階リクライニング機能が備わっているため、好みの角度でベッドの姿勢を調整でき、くつろぎのひとときを楽しむことができます。

アテックスの電動折りたたみベッドには1年間の保証も付いており、安心して利用できます。

忙しい現代人にとって、使いやすさや快適さは大切な要素。このベッドはその両方を備えており、快適な寝具を求める方におすすめです。

アテックス 電動折りたたみベッド

フランスベッド ルーパームーブ

フランスベッドのルーパームーブは、革新的なデザインと機能性を備えたユニークなアイテムです。

ベッドではなくマットレスが変形するという類を見ない構造を採用し、その柔軟性によってソファ感覚や座椅子感覚を楽しむことができます。

通常のベッドの上に置いて使えるため、ベッドルームでのくつろぎやリラックスタイムがより快適になります。

さらに、畳の上でも利用可能なため、和室やリビングなど様々な場所で活用できるのが特長です。

ルーパームーブは、一つのアイテムで複数のシチュエーションに対応できるため、空間の有効活用にも貢献します。

「フランスベッド ルーパームーブ」は、その多彩な使い方と快適な機能により、日常のくつろぎを新たな次元に引き上げます。

シンプルで洗練されたデザインも魅力であり、モダンなインテリアにもマッチします。

参考:フランスベッド公式:ルーパームーブ

電動ベッドQ&A

Q&A

保証期間を過ぎて故障したらどうする?

電動ベッドが保証期間を過ぎて故障した場合、まず最初に、メーカーや販売店に問い合わせて修理や部品の交換の可能性を確認することが大切です。

一部のメーカーや販売店は保証期間を過ぎても有償で修理を行ってくれる場合があります。

もしそのようなサポートが受けられない場合、専門の家具修理業者や電気修理業者に相談してみることも考えられます。彼らは専門知識を持っており、故障の診断や修理が可能です。

ただし、修理費用が高額になることもあるため、故障のリスクを減らすために定期的なメンテナンスや正しい使用方法を守ることが重要です。

また、購入時に保証期間やアフターサービスについてよく調査し、できるだけ信頼性の高いメーカーや販売店を選ぶことも大切です。

折りたたみタイプと通常タイプどっちがいい?

「電動ベッドは折りたたみタイプと通常タイプどっちがいい?」という疑問は、個人のニーズや状況によって異なります。

折りたたみタイプは、収納スペースを節約できるため、限られたスペースの中でベッドを使いたい場合に適しています。移動や収納が容易で、一人暮らしや賃貸物件にも向いています。

一方、通常タイプは、シンプルなデザインや安定感が特徴で、長期間の使用を考える方や、寝ることに特化したい方に向いています。

また、通常タイプの電動ベッドは、多くの場合、マットレスやフレームのデザインの選択肢が豊富で、快適な寝心地を重視することができます。

選ぶ際には、自身の生活スタイルや空間の使い方、予算などを考慮し、どちらが自分に合ったベッドかを検討することが大切です。

マットレスは別で選んだものを使ってもいい?

電動ベッドのマットレスは、別で選んだものを使用することが可能です。しかし、注意が必要です。

電動ベッドはリクライニング機能を持っているため、マットレスの選び方が重要です。

リクライニング時にマットレスがしっかりとベッドの動きに対応し、サポートを保つことが求められます。

そのため、別で選ぶマットレスはリクライニング対応のものを選ぶことがおすすめです。

適切なサポートや適度な柔らかさを保ちつつ、ベッドの動きに追従するマットレスを選ぶことで、快適な寝心地と機能性を両立させることができます。

事前にマットレスの仕様や電動ベッドの動きを確認し、適切な選択をすることで、より良い寝具環境を手に入れることができるでしょう。

電動ベッドの処分方法は?

電動ベッドを処分する際は、大きく2つの方法があります。

一つは、ベッドメーカーや家具ショップが提供する有料の引き取りサービスを利用することです。

この方法では、専門の業者がベッドを回収し、適切に処分・リサイクルしてくれます。

もう一つの方法は、自分で分解して処分することです。

ベッドを分解して、粗大ゴミとして自治体の指定場所に持ち込むか、燃えないゴミとして捨てることができます。

ただし、分解や運搬には注意が必要であり、必要な道具や知識が必要かもしれません。

どちらの方法を選ぶにせよ、地域のルールや法律を守りつつ、環境に配慮した適切な処分方法を選ぶことが大切です。

自治体のゴミ収集ルールやリサイクルセンターの情報を確認し、適切に処分するように心掛けましょう。

-ベッド