カナガンの口コミ!ドッグフードの成分と悪い評判

カナガン ドッグフード

カナガンのおすすめポイント

カナガンおすすめ

「ドライフードをなかなか食べてくれない・・」

「この子の栄養、足りてるのかな・・」

とっかえひっかえフードを試してみても、どれも食いつきがいまいち。

トッピングでなんとか食べてくれても、毎回やるのはちょっと面倒。

どうやったらパクパク食べてくれるの? 伝わってないかもしれないけど、あなたのこといつも心配してるんだよ?

そんなフードジプシーのあなたには、一度カナガンを試してみることをおすすめします。

カナガンは50%以上がチキンでできているお肉感満点フード。

袋を開けた瞬間にチキンの香りが広がって、ワンちゃんの食欲をそそります。

「えっ、うちの子、こんなに食べるの?」

とうれしい悲鳴を上げることになります。

安全性もばっちりで、ヒューマングレードの工場で加工されています。

原材料は人間が食べられるほど新鮮で上質なものを厳選しています。原材料トレーサビリティもあり、ごまかしのきかない透明性を確保しています。

最安値は公式サイト。定期購入限定ですが、個数に応じて10~20%の割引があります。ちなみに定期購入でも初回のみで解約可能。

エリザベス女王の表彰歴もあるイギリスのフードメーカー「Symply Pet Foods」の高級グレインフリードッグフード、カナガン!

この機会にぜひ!

カナガン公式サイトをみてみる


カナガン 口コミ 良い評判

カナガンの良い口コミ評判を紹介します。

○食べっぷりに関する口コミ
・「これまで試した餌の中では一番喜んで食べている」
・「あっという間に食べ終わる」
・「ガリガリだったがカナガンにしてからいい感じに肉がついてきた」

子犬で消化器官が未発達だったからか、ほかの餌だと回数や量を工夫しても軟便になってしまい、なかなか太ってこなかったが、カナガンに替えてから食いつきがよくなり便もしっかりして体つきがかわってきたという口コミがありました。

肉の比率が50%以上と非常に多いので、食欲をそそるようです。

フードの形状は1㎝程度の中粒で、真ん中に穴が空いたドーナツ状。歯をひっかけて食べやすい構造になっています。

○うんちに関する口コミ
・「下痢をしなくなった」
・「最初は下痢だったが、2日ほどで黒くてかためのしっかりした便に変わった」
○その他
・「涙やけが改善された」
・「脱毛症が改善された」

ドッグフードは医薬品ではないので、涙やけを治すフードや脱毛症を解消するフードはありません。

注目すべきは原材料です。涙やけならビフォーアフターで食べさせていたフードの原材料を見比べてみて、違いのある成分がアレルゲンの可能性が高いです。

カナガンだと、たとえば小麦を使っていないので、小麦アレルギーの犬にはいいですが、チキンをたっぷり使っているので、チキンアレルギーの犬だとなんらかの症状が出ます。

レビューのあった犬種:
・ミニチュアシュナウザー
・ミニチュアピンシャー
・柴犬
・アメリカンコッカースパニエル
・イングリッシュスプリンガースパニエル
・ボーダーコリー
・トイプードル
・ラブビーグル
・バーニーズ
など。

中~大型犬もけっこういますね。

カナガン公式サイトをみてみる


カナガン 口コミ 悪い評判 怪しい?

カナガンの悪い口コミ評判を紹介します。

○食べなかった口コミ
・「たべなかった」
・「すぐ飽きた」
・「フードが臭い」

合う合わないはどうしてもあります。こればかりはワンちゃんの目の前に置いてみないとわかりませんね。

・「うんちが臭い」

原料に肉が多いとどうしても便は臭くなってしまいますね。人間も同じです。

穀物主体のフードにするとニオイは多少収まりますが、主原料をどれにするかは飼い主のスタンスですね。犬は肉食寄りの雑食なので穀物が悪いということは特にありません。

・「涙やけは治らなかった」
・「涙やけになった」

涙やけ自体は命に係わるようなものではないので、目やにや充血などの症状がない場合、獣医にみてもらっても熱心な人とあっさり流す人とがいます。

ドッグフードで涙やけになる原因は、
1.主要な原材料にアレルゲンが含まれている
2.添加物アレルギー
の2種類が考えられます。

カナガンの場合、主要な原材料でアレルゲンになりやすいものは「チキン」「卵」の2つです。他のエンドウ豆やジャガイモはめったにアレルギー報告がありません。

添加物はビタミンとミネラルぐらいしか見当たりませんね。着色料・人工酸化防止剤は不使用です。

あとは油脂の酸化ですが、今のところ原料の酸化が涙やけに結び付くといった研究結果は見つかっていません。

オイルコーティングははっきり「ノンオイルコーティング」と書かれていない限りはオイルコーティングされていると考えたほうが良いです。ウリになる情報を伏せる理由がありませんから。

カナガンは原材料にチキンオイルとサーモンオイルが含まれているので、オイルコーティングされているとみていいです。

ちなみに「イギリスから船便で送られてきてるだろうから2カ月ぐらいたってて酸化してるはず」というコメントも見かけましたが、賞味期限は常温未開封で製造日より18ヶ月なのでまったく問題ありません。

賞味期限はパッケージ裏面に記載しています。

窒素充填してくれてるとさらに安心なんですが、そのような記載はないので「あと一声!」という感じですね。

心配な場合は販売会社レティシアンのカスタマーセンターに相談してみるのも手です。

ペット栄養管理士・ホリスティックケアカウンセラーの資格を持つスタッフが疑問質問に答えてくれます。

0570-200-012(平日11:00~18:00)

他にはステマ臭くて怪しいなどの口コミもありました。

カナガン公式サイトをみてみる


カナガン 口コミ 成分・原材料・安全性

安全性

カナガンの成分・原材料・安全性について解説します。

カナガンの原材料:
チキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウ豆タンパク、アルファルファ、チキンオイル3.1%、乾燥卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン硫酸、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニス、コロハ、ミネラル類(鉄、亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン)、ビタミン類(A、D3、E)
カナガンの成分:
タンパク質29%以上
脂質15%以上
粗繊維5.25%以下
灰分11.25%以下
水分9%以下
オメガ6脂肪酸2.8%
オメガ3脂肪酸0.9%
カルシウム1.86%
リン1.42%

一見して、「そりゃこれくらいの値段するわな」と思える原材料です。

野菜やハーブが複数使われています。安いフードならビタミンとミネラルの添加物てんこもりでごまかすところですが、カナガンはちゃんと「食べ物を作っている」印象ですね。

○原材料詳細

・オメガ3脂肪酸
皮膚・被毛の健康に欠かせない必須脂肪酸です。犬は体内で合成できないので食品から摂る必要があります。αーリノレン酸がDHAやEPAに変換されて毛づやを維持します。

・フラクトオリゴ糖
難消化性(胃で分解されずに腸まで届く)オリゴ糖です。ビフィズス菌など善玉菌の栄養になります。

・コンドロイチン硫酸
「りゅ、硫酸?」と思うかもしれませんが大丈夫です。コンドロイチンはグルコサミンといっしょに関節のクッション(グルコサミノグリカン)の材料を構成しています。特に小型犬は関節トラブルを起こしがちなので、こうした栄養分の補助添加物があると心強いですね。またカルシウム代謝においても重要な役割を果たしています。

・メチルスルフォニルメタン
硫黄分の補給に使われる添加物です。

・カモミール
ハーブティーとして有名ですね。心を落ち着かせるリフレッシュ効果があるとされています。

・セイヨウハッカ
ペパーミントのことです。カモミールと同じくリフレッシュ効果があるとされています。

・マリーゴールド
花の部分に抗炎症・抗酸化作用を持つルテインを含んでいます。ハーブティとしても有名。

・アニス
セリ科のハーブ。スパイスや薬草として使われています。女性ホルモンのエストロゲン類似作用があります。微量なので心配いらないとは思いますが、念のため妊娠中は避けたほうが無難です。

・コロハ
マメ科の植物で、カレーの香辛料として使われます。漢方では胃を丈夫にする、免疫力を高めるなど滋養強壮の生薬として使われます。

○栄養成分

成分はタンパク質と脂質がパピー用なみに豊富です。エネルギーは100gあたり376kcalとこちらもまあまあ高めです。

チキンオイルとサーモンオイルの2種類が配合されているので、シニアにはちょっと脂っこいかもという印象です。活動的でよく動き回るワンちゃんのほうが向いていますね。

全犬種・全年齢対応ですが、パピー~7歳ぐらいまでがおすすめです。

気を付けたいのが腎臓病の犬には食べさせないほうがいいということです。パピー用並みに高タンパクのため、健康ならなんら問題ありませんが、腎臓病の場合は腎臓に負担をかけてしまいます。

○グレインフリー
とうもろこしや小麦を使わずエンドウ豆を使っています。
グレイン系はアレルゲンになりやすいので、アレルギー持ちのワンコにとってはうれしい配慮ですね。

○ヒューマングレード
イギリスのヒューマングレードの工場で生産されています。

○品質管理

・FEDIAF基準
・原材料のスペクトラム分析
・原材料トラッキング

カナガンは欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の基準をクリアしています。これはヨーロッパで作られたドッグフードの特徴ですね。カナガンはイギリス産です。

AAFCO基準は1993年に作られたもので、栄養に関する基準。これを満たすと「総合栄養食」と名乗れます。フードと水だけでちゃんと栄養バランスが満たせているということですね。

FEDIAF基準は2008年に作られたもので、栄養に関する基準に加え、製造に関する基準も定めています。

AAFCOの基準は栄養のみで、製造環境が良好だろうと不衛生で劣悪だろうと関係ありません。

FEDIAFの基準はそこらへんをカバーしているので、安全面からいうと、FEDIAFをとっているほうが安心できますね。

また、スペクトラム分析でチェックを行ったり、製造番号で原材料までトラッキングを行ったりと、原材料の安全性管理も抜かりなし。

なお、チキンはイギリスのノーフォーク州で放し飼いでのびのび育てられています。

参考:カナガン公式(イギリス)

○獣医の推薦
ブルーム動物病院院長・片山政都獣医師が推薦しています。

カナガン公式サイトをみてみる


カナガン 口コミ 最安値 Amazon・楽天・公式で価格比較

最安値

「カナガンはどこで買うと一番安いの?」

と疑問に思ったので価格を比較しました。

結果、公式サイトの定期コースが最安値です。

価格(税込)
amazon 5,060円
楽天 5,980円
Yahooショッピング 6,380円
単品 4,356円
定期コース1個 3,920円
定期コース2個 3,702円
定期コース6個 3,484円

Amazonは公式出品ですが、楽天・Yahooショッピングは値段が高い上に正規輸入代理店でない出品者が販売しています。

メルカリやヤフオクは基本的にはおすすめしません。理由は個人だとどのような環境で保存されているかがわからず安全性が担保できないからです。日なたに置きっぱなしにしていても買う側は把握しようがありませんからね。もし手を出すなら自己責任であることは理解した上で、せめて賞味期限はしっかりチェックして、なるべく新しいものを買いましょう。

いずれにせよ公式サイトで買うのが最も安全かつオトクです。

カナガン公式サイトをみてみる


カナガン 口コミ 給餌量

給餌量

カナガンの給餌量は以下の表を参考にしてください。

・子犬の給与表

体重(kg)
1日給与量(g)
2-3ヶ月 4-5ヶ月 6-7ヶ月 8-9ヶ月 10-11ヶ月 12-13ヶ月 14-15ヶ月
1-5kg 60-70 80-90 90-100 80-90 60-70 成犬 成犬
5-10kg 140-150 160-170 170-180 160-170 150-160 140-150 成犬
10-15kg 160-170 180-190 200-210 200-210 180-190 170-成犬 成犬
15-20kg 200-210 220-230 240-250 240-250 220-230 210-成犬 成犬
20-25kg 290-300 310-320 330-340 330-340 310-320 300-成犬 成犬
25-30kg 350-360 370-380 390-400 410 390-400 370-380 350-360
30-35kg 400-410 420-430 440-450 460 440-450 420 400-410

・成犬の給与表

体重(kg) 1日給与量(g)
1 25
2 38
3 51
4 65
5 80
6 90
7 101
8 114
9 127
10 140

基本、フードと水だけでOKです。

トッピングをしたい場合は、茹でキャベツやトマトなどの野菜にしましょう。カナガンのタンパク質と脂質は多い方なので、お肉や魚をそれ以上加える必要はありません。

カナガン公式サイトをみてみる


カナガン 口コミ メリット・デメリット

メリット・デメリット

カナガンのメリット:
・お肉たっぷりで食いつきが良い
・FEDIAF基準で品質はばっちり
・ヒューマングレードで安心
・原材料トラッキングで信頼性あり
・定期購入で割引あり
・定期購入は初回のみでも解約できる
カナガンのデメリット:
・脂質が少し多い
・店舗で買えない(ネット販売のみ)
・値段が高い(キロ2000円超え)
・容量が1種類しかない
・小分けされていない

カナガン 口コミ おすすめする人・しない人

カナガンをおすすめする人:
・グレインフリーがいい人
・痩せ気味
・毛づやが悪い
・小型犬
・子犬
カナガンをおすすめしない人:
・大型犬
・シニア
・チキンアレルギー
・卵アレルギー
・腎臓病

カナガン公式サイトをみてみる


カナガン 口コミ モグワンと比較

比較

「カナガンとモグワンってどこが違うの?」

ということで比較してみました。

カナガン モグワン
原材料 チキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウ豆タンパク、アルファルファ、チキンオイル3.1%、乾燥卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン硫酸、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニス、コロハ、ミネラル類(鉄、亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン)、ビタミン類(A、D3、E)
チキン&サーモン56% (チキン生肉21%、生サーモン12%、 乾燥チキン12%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%) 、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル類 (硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、 ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、ク ランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイ ヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、 グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌
成分 タンパク質29%以上
脂質15%以上
粗繊維5.25%以下
灰分11.25%以下
水分9%以下
オメガ6脂肪酸2.8%
オメガ3脂肪酸0.9%
カルシウム1.86%
リン1.42%
タンパク質28%
脂質12%
繊維3%
灰分8%
水分8%
オメガ6 1.63%
オメガ3 1.29%
カロリー100gあたり 376 363
内容量 2kg 1.8kg
定価 4,356円 3,960円
kg単価(定価) 2,178円 2,200円
保存料・酸化防止剤 ビタミンE ビタミンE
その他安全性 ・無着色・無香料
・グレインフリー
・ヒューマングレード
・FEDIAF基準
・原材料トラッキング可
・無着色・無香料
・グレインフリー
・ヒューマングレード
・FEDIAF基準
・原材料トラッキング可
生産国 イギリス イギリス
犬種・ライフステージ 全犬種・全ライフステージ対応
全犬種・全ライフステージ対応

すごく似てますね。

栄養成分も価格も安全性も互角。

しいていえばカナガンのほうが脂肪の含有割合とカロリーが多いので、シニアにはモグワンのほうがいいかなという程度ですね。

大きな違いは、主原料です。

カナガンは動物性たんぱく質をチキンのみで構成しているのに対し、モグワンはチキンとサーモンの2本立てです。

これはもう飼い主の好みですね。

モグワンを詳しく見る

関連記事:モグワンの口コミ

カナガン 口コミ 100円お試し

「カナガンってお試しパックはあるの?」

→あります。100円でお試しできるモニターキャンペーンをやっています。

ただし、ランダムに出現するWeb広告からしか入れません。

ネットサーフィンしていて以下のような広告を見つけたらチャンスです。

Web広告例:(クリックできません)

カナガン100円2

カナガン100円

真っ黒いやつはちょっと怪しいですね(笑)袋にcanaganと書いているのが目印です。

このような広告を確実に出現させる方法はありませんが、出現確率を高める方法はあります。

それは公式サイトを訪れて訪問歴を残すこと。

Web広告は、あなたがどのようなサイトを閲覧したかをもとにして、興味がありそうな広告を自動で出現させます。

そこで、カナガン公式サイトを訪れて、「私はカナガンに興味があります」とアピールすることで、カナガンの100円モニター広告が出現しやすくなります。

カナガン公式サイト


カナガン 口コミ 特徴・種類はチキンのみ

カナガンの特徴と種類について解説します。

カナガンはイギリス産の高級グレインフリードッグフードです。

もともとは40年以上前に開業した町のペット用品店「PINNER PET&GARDEN」が発祥。

そのころスーパーマーケットが誕生し、それまであった町の個人店は顧客を一気に奪われます。そこで「スーパーにはない商品を」と差別化をはかった結果、カナガンが生まれました。

イギリスの歴史で初のグレインフリードッグフードです。

種類はドライフードとウェットフードの2種類。

ちなみにカナガンの製造会社「Symply Pet Foods」は環境保護に力を入れている企業でもあります。

カーボンニュートラルを目指して、社用車の80%はEV(電気自動車)。

カンボジアのサザンカーダモム熱帯雨林を保護するプロジェクトにも参加しています。

受賞歴
2014年 DOG PRODUCT OF THE YEAR
RETAILER RECOMMENDED AWARDS 2014
SUPPLIER OF THE YEAR
2015 SUPPLIER OF THE YEAR
2016 GIMA AWARD
2017 The Queen’s Award for Enterprise : International Trade 2017

最後のはエリザベス女王から表彰されています。すごいですね。

参考:カナガン公式(イギリス)

カナガン公式サイトをみてみる


タイトルとURLをコピーしました